ワイモバイル・ポケットwifiの解約を早めにすべきだった体験談

ワイモバイルのポケットWi-Fi

ワイモバイル・ポケットwifiの解約を早めにすべきだった体験談を紹介します。

光回線の工事予定が1カ月先で、その間、ポケットワイファイを利用することに。

ネットの仕事がメインなので、光回線導入後も・外でwifiを使うと思い、3年縛りのワイモバイルのポケットwifiを契約しました。

結果!ほとんど使いませんでした

そこで、申し込みの状況から、ワイモバイル・ポケットwifiを早く解約すべきだった理由・体験談を紹介します。

ワイモバイルキャンペーンの罠

ヤマダ電機でワイモバイル

wifi契約のために、色んな家電量販店を周りました。

その中で、ヤマダ電機で、ワイモバイルキャンペーンを発見!

3年縛りがあるけど、ヤマダ電機内で5万円分の買い物ができるという特典です。

毎月の利用料は経費になるし、外でも使うだろう!ということで契約。

特典でプレステ4とソフトを購入しましたw

ワイモバイル・ポケットwifiの契約から1ヵ月後

ネットビジネス

光回線がマンションに導入されてからというもの、まったくワイモバイルのポケットwifiを使わなくなりました。

たった1ヵ月で・・・

やっぱり光は快適ですねw

気分転換にスターバックス等で仕事をしてもいいのですが、近隣のスタバは常に混んでいたので、結局家で仕事をすることに。

共同で事務所も借りており、そこにも光回線設備があるので、光を使いました。

定期的に海外旅行へ

光を使う生活をしつつも、定期的にタイや韓国に旅行に行ってました。

そして、5週間のセブ島留学をきっかけに、月の約半分は海外で過ごす生活に。

同時に日本でも2度引っ越しをして、いつの間にか3年が経過してました。

時の流れは早いものです。。。

ワイモバイル・ポケットwifiの解約の電話

ワイモバイルポケットWi-Fiの解約

 

ワイモバイルの取り扱い店でサクッと解約できると思いきや!、

届いたハガキを読むと、ワイモバイルショップでは解約できません!との記載がありました。

仕方なく、カスタマーセンター(0570-039-151)に電話。 

電話ですぐに解約できるかと思いきや!、

郵送での手続きが必要とのことで、1~2週間かかりそうです。

 

しかも!、この郵送の手続きがなければ、今月1日に解約できたのです。

※解約に関してメールにて問い合わせてみると

同封の書類に必要事項をご記入・ご捺印いただき、ご契約者様の本人確認書類を同封のうえ、ご返送くださいますようお願い申し上げます。

※USIMカードは、お客さまご自身で破棄してください。
※端末は返却不要のため、ご返却されないようご注意願います。

解約申込書が弊社に到着次第、お手続きさせていただき、到着した日が解約日となります。

1日付けにて解約手続きが完了した場合、解約月のご利用料金はかかりませんが、月途中に解約された場合、基本使用料は日割り計算とはならず、満額での請求となります。

という回答が。

 

つまり、電話ですぐ解約されると、当月分を請求できないので、郵送にしているのかなと・・・

本当は店舗でサクッと解約できれば、それで終わりなのですが・・・

今回はスマホではなく、ポケットワイファイだったので、店舗での解約を受け付けてなかったのかもしれません。

すぐワイモバイルを解約すればよかった理由

ワイモバイルのポケットWi-Fi

結局、契約した後に必要なくても、「使う使う」、「必要必要」と思って、

解約できないものってありませんか?

今回のワイモバイルのポケットWi-Fiがそれに当たりますw

経費になるので問題はないのですが、最近、固定費を見直す機会がありました。

その経験から、固定費を減らす大切さを学び、もったいなかったなと反省しています。

毎月ギリギリの生活(一人暮らし)から抜け出すには固定費を見直し

 

その他、例を挙げるとたくさんあります。

その1つが保険です。

色んな保険に入っていても、利用する機会がない人もたくさんいます。

積み立てであれば後日戻ってきますが、資金が20年近く束縛されるものが多いでしょう。

なので、どこかで思い切って辞める勇気も必要だと思います。

人気記事⇒保険の相談でプレゼントがもらえるキャンペーン3選

ワイモバイルのポケットWi-Fiを途中で辞めていたら

オンライン料金案内|ワイモバイル

 

3年間の利用料ですが、ざっくり21万円でした。

そこで、ポケットWi-Fiを途中で解約した場合の料金を見ていきます。

7か月で解約した場合

違約金29,800円+Wi-Fi本体代34,500円=64,300

2年目で解約した場合

違約金20,200円+Wi-Fi本体代27,600円=47,800

3年目で解約した場合

違約金20,200円+Wi-Fi本体代12,600円=32,800

 

1年使ってみて、まったく使わない状態であれば、1年経ってすぐ解約すればよかったと思います。

47,800円の金額がかかりますが、そもそも5万円分の買い物をしているので、実質・毎月のWi-Fi利用料のみとなるからです。

 

その場合、

210,000円-50,000円(キャンペーン分の買い物)ー47,800円=112,200円

この分、節約することができたのです。

固定費に甘い人が多い

この前、自宅に光回線を引いている状況で、別の賃貸物件で暮らしてる人がいました。

しかも!自宅で光を使ってないのに、8年間、フレッツ光の契約をした状態のまま。。。

計算してみると、50万円くらいの無駄遣いです。。。

このように、結構固定費に対する考え方が甘い人が多いと思います。

※現在キャリアを使ってる人は、格安SIMに変えることで大幅に安くすることができます。

キャリアから格安simへの乗り換えで年間5万円の節約ができる

まとめ

今回は、そもそもキャンペーンの誘惑で3年縛りの契約をしましたが、

違約金を払えば簡単に解約できる状況でした。

3年縛りという固定観念で洗脳されてしまいました!

結構、こういう洗脳といいますか、固定観念って世の中ではたくさんあると思います。

例えば、大学を出ないと良い会社へ入れないとか。

今回はワイモバイルのポケットワイファイの失敗談でしたが、常に物事を疑ったり、疑問をもったりする、

大切さを改めて認識できる出来事でした。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA