海外でのsimの購入・設定は面倒!日本のデータ定額サービスが便利

海外でのsimの購入・設定

海外旅行の際、現地でsimを購入して・設定するのって面倒ですよね?

サブのスマホなら問題ないですが、日常的に使用しているスマホのsimと交換するので、

旅行中に失くしてしまったら大変です。

そこで、グローバルwifiなどのサービスもありますが、旅行中の荷物が増えるし、現地の電話番号もありません。

そこで、海外で使えるドコモやauのデータ定額サービスを調べてみたら、以前より利用料が安くなっていたので紹介します。

※長期滞在の場合は、現地のsimを利用した方が安くなりそうです。

ドコモの海外パケット定額サービス

パケットパック海外オプション

 

出典:パケットパック海外オプション | サービス・機能 | NTTドコモ

ドコモの料金を見ると、3日間以下の滞在ならありだと思います。

さすがに5日間は高いですね。

ドコモを利用するメリット

・申し込みが必要ですが、現地に到着してからすぐに使えるのは便利です。

・使い始めるまで通信料もかかりません。

・利用開始後、各プランの利用時間が経過すると、パケット通信が自動で止まります。

・国をまたいでも、追加料金なしで使える。

ドコモを利用するデメリット

日本で契約しているデータ量を超過した場合、当月末までの通信速度が低下し、送受信時最大128kbpsに。

auの世界データ定額

世界データ定額980円/24時間

出典世界データ定額 | 海外で使う(au世界サービス

auを利用するメリット

・渡航先で「利用開始」ボタンを押せば利用できる

・au STAR会員の場合、毎月1回分24時間が自動で無料適用 

auデメリット

ドコモと同じで、契約しているデータ容量の範囲内

世界データ定額でご利用の通信量は、「auピタットプラン」「auフラットプラン20/30」「データ定額1~30」「データ定額1(ケータイ)~5(ケータイ)」や「LTEフラット」などの国内のデータ定額サービス/料金プランの月間容量やデータチャージのデータ容量購入分から消費します

海外パケット時の共通の特徴

ドコモもauも、日本で契約しているデータ容量の範囲内で利用できます。

※来年は5Gになる予定なので、容量が増える可能性があります。

データ量を超過して速度が制限された場合、データチャージで購入する必要があります。

その場合は、現地simを利用した方が安くなりそうです。

アマゾンで現地simを購入するのもあり

simカードの挿入

上記の海外ローミングサービスは、あくまでドコモ、auの利用者が対象です。

そこで、現地でsimを購入するのが面倒な人は、日本にいるときに、アマゾン等で旅行先のsimを購入しておくのもいいでしょう。

海外sim+国名」等で検索してみてください。

後はアマゾンの口コミをよく読んで、使い勝手を調べておきましょう。

まとめ

私も20ヵ国くらい旅行していますが、以前と比べると、現地simの価格が上がっていると感じます。

ただし私の場合は、滞在期間が1日~3日というケースが多いので、高いのかもしれません。

1週間以上の滞在なら、妥当な金額だと思います。

価格もそうですが、旅行中に日本で利用しているsimカードを紛失するリスクもあります。

私のような短期滞在なら、今回のドコモやauの海外ローミングサービスは便利でしょう。

関連記事

  1. アンドロイドでモバイルsuicaを使ってみた

    Androidでモバイルsuicaを使った結果がヤバすぎw

  2. LINE通話とLINE電話

    LINE通話は無料?LINE電話との違いと利用料金はいくら?

  3. ワイモバイルから楽天モバイル

    ワイモバイルから楽天モバイルへの変更は失敗?正解?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA