毎月ギリギリの生活(一人暮らし)から抜け出すには固定費を見直し

毎月ギリギリの生活

どうも!、過去に生活費がギリギリの状態だったマネタヌですw

現在は給料も上がりにくい時代なので、毎月ギリギリの生活をしている一人暮らしの人も多いようです。

しかし今の生活が、この先もずっと続くと思うと不安ですよね?

このように生活がギリギリの状態だと、精神的にもよくありません。

そこで、支出の大きい・毎月の固定費を見直す必要があります。

もちろん無駄遣いは控えるべきですが、この固定費を減らすことが一番の生活改善につながります

見直すべき5つの固定費

現在、毎月ギリギリの生活(一人暮らし)を送っている人は、次の5つの固定費を見直しましょう

該当する項目だけ読んでください。

毎月の家賃の見直し

家賃をいくらに

賃貸物件に住んでいる場合、毎月の出費の中で一番割合が大きいのが家賃です。

 

今後引っ越す予定があったり、収入に見合ってない家賃を払っている場合は、もっと安い部屋を借りましょう。

ただし引越しをする場合は、初期費用や引っ越し関連の費用がかかるので、次回物件を探す際に心に留めておいて下さい。

※手取りの給料と家賃の関係

家賃は収入の3分の1というのは嘘!正しい数字の割合は?

保険の見直し

家賃・電気代を経費に

ここでいう保険とは、国民健康保険のことではなく、民間の保険です。

月に2、3万円支払っているご家庭もあれば、一人暮らしの方でも、そのくらい払っている人も少なくありません。

社会人になると、周りが保険に入ってるからと、毎月1~3万円もする保険に入る人も多いようです。

 

そもそも保険と言うのは、万が一の事態に備えるものです。

この万が一の事態と言うのは、人生の内で1、2回あるかないかという確率です。

もちろん生活に余裕があれば、払っても問題ないでしょう。

しかし、保険料を支払うために・毎月の生活がギリギリの状態になっているのであれば、本末転倒です。

 

特に、毎月1、2万円の保険を積み立てている場合は、解約を検討してみるのもありです。

なぜなら積み立ては、20年の積み立てで130%になると提示されても、元本が保証されてなかったり・高い手数料を払っているケースがほとんどです。

しかも、20年という期間はとても長く・途中で解約するとメリットもありません

増やすなら、投資にお金をまわすのが一番です。

※1つの事例を元に保険は必要なのか解説しています

いつまで高い保険料を払っているの?ムダな保険は見直すべし!

スマホ代の見直し

これまでは、ドコモ、au、ソフトバンクのキャリアを使うのが当たり前でしたが、3年くらい前から格安スマホ・格安simが登場しています。

現在のスマホ料金が、月額1万円近くかかっているなら、すぐに見直すべきです。

なぜなら月額で5000円以上節約になるケースが多いからです。

もちろん、

・速度は遅くなるの?

・電話する時間が長いと損するでしょ

・違約金がかかるよ~

など、色んな疑問点があるでしょう。

 

駅など混みあっている場所では、確かに速度が遅いと感じることもありますが、許容範囲だと思います。

1回の通話時間が10分以内であれば、毎月かけ放題と言うオプションもあります。

違約金と残りのスマホ代の支払いに関しては、格安simに変えた場合、「毎月いくら節約できるのか?」計算して・比較する必要があります。

長時間電話する場合は、LINEで無料で話すのがいいでしょう。

 

現在のキャリアを解約した場合、残りのスマホの機種代金を一括での支払いとなりますが、simフリー対応の機種であった場合、格安simを契約するだけです。

※キャリアから格安simへ切り替え

キャリアから格安simへの乗り換えで年間5万円の節約ができる!

車の所有を見直し

ハイブリッド車

最近では、1人暮らしの人でも、家賃を抑えて・車を所有してる人もいます。

車を所有すると

・車の保険

・ガソリン代

・駐車場代

・自動車税など

など様々な費用がかかります。

田舎であれば車が毎日必要ですが、都心部であれば、電車移動で事足ります。

そこで、そもそも生活がギリギリの状態で、車は必要なのか考えてみてください。

最近では、カーシェアも普及しているので、必要な時だけ車に乗るという選択肢もあります。

とにかく維持費がかかるので、車を節約できると大きいでしょう。

車を一括で購入しているならまだいいですが、ローンを組んでいる人は、金利が上乗せされます。

逆にこのローンの支払い分を投資にまわせていれば、お金を増やすことができます。

所有してる車の価格を確認しておく

電気代を下げる

電気料金をクレジットカード払いに変更

数年前から電力自由化が始まっています。

ご家族の多い家庭では、電力会社を変えることで、年に1~2万円の節約になると言われています。

特に夏や冬の電気代って、かなり高いですよね?

 

この電気代を見直さないと損ですよね?

ただし1人暮らしの場合は、賃貸物件からいつ出るとも分からないですし、部屋の広さにもよります。

あまり変わらないかもしれませんが、シュミレーションしてもいいでしょう。

ただし電力会社はたくさんあるので、あなたの生活に密着した電気会社を選びましょう。

電気料金がいくら安くなるかシュミレーションしてみる

小さな節約はストレスがたまるだけ

ストレスが限界

いくつ該当するか分かりませんが、上記の固定費を見直すことで、月に1万円以上の節約になると思います。

ここで、「水道代とか日常の節約はどうなの?」って思いますよね?

月1000円節約できても、ファミレスとか行けばなくなりますよね?

 

つまり、小さな金額を節約しても、ギリギリの生活から抜け出すことは難しいでしょう。

たとえば、スーパーのセールで、卵が30円安かったので隣町のスーパーまで行くとかですね。

気持ち的には「節約できた」という充実感はありますが、あまり効果はありません。

 

逆にカップ麺などで食費を節約しても、体を壊したり・病気になる可能性もあります。

その結果、逆に薬代や病院代がかかってくるケースもあります。

毎月かかる大きな固定費を見直すことが重要です。

副業などで収入を増やす

ブログの収入・売上アップ

支出の見直しをしたら、次は収入を増やしましょう。

ふだん会社で働いて、週末にアルバイトをする人もいます。

身体が丈夫な人なら問題ないですが、休まずに働いていると、体を壊してしまう可能性もあります。

しかも一時的な収入です。

 

そこでおすすめなのが、家にいながらできる副業です。

すぐに収入にはなりませんが、続けていれば月に1~3万円くらい稼ぐのはそこまで難しくありません。

軌道に乗れば、さらに収入を伸ばすこともできます。

まずはどのような副業があるのか調べてみましょう。

もうお金に困らない!ネットで月に3~5万稼げる副業ランキング17選

まとめ

毎月ギリギリの生活(一人暮らし)から早く抜け出したい!と思っても、毎月の給料は一定なので、現状のままでは難しいはずです。

そこで、毎月の大きな支出の割合を占める固定費を削減しましょう。

何もしないと変わらないので、勇気をもって決断するしかありません。

毎月の固定費を削減するのも大切ですが、そのあとは副業で収入を増やしたり・給料アップを目指すなど、収入面を充実させていきましょう

関連記事

  1. 沖縄から県外へ引っ越し

    沖縄から県外(内地)に引っ越すならゆうパックが安い?

  2. 大東建託

    大東建託の物件に住んでいるなら引っ越し先も大東建託がお得?

  3. 500円玉貯金

    500円玉貯金を半年間続けた結果!換金はどうする?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事