シンガポール移住の裏ワザ!わずか10万円で?【マネースクープ】

シンガポールへ移住する裏技

私の周りでもシンガポール移住している人がいるので、以前放送された【マネースクープ】を食い入るように見ましたw

放送された時と物価は異なりますが、かなり参考になる内容でした。

果たして、シンガポールへ移住する裏技とは、どういったものなのでしょうか?

海外移住する目的

数年前から、税金対策で海外に移住している人も少なくありません。

もちろんお気に入りの場所が見つかって住む人もいます。

一般的にはワーキングホリデーを利用したり、退職した後に余生を海外で楽しむ人が多いようです。

外務省のデータを見ると、2013年で125万人の人が海外移住をしています。

海外移住が人気

しかしここ数年で、1ドル80円台から一気に120円前後まで円安が進んでいるので、年金等を当てにして暮らしてる方は、生活が苦しくなりそうです。

現在は100円台で落ち着いています。

また、海外に住んで会社を立ち上げたり、ビジネスを始める人もいるでしょう。

今後円安の方向に動くのであれば、外貨を稼ぐと言う目的で、移住するという選択もあると思います。

移住するための条件・費用

どこの国に行くのかによって、条件や費用は変わってきますが、一般的には以下の2つの手続きを行います。

1:領事館・大使館に申請:約10万~180万円かかります(アエルワールド調べ)。

2:国外転出届:0円

移住の条件は、年齢・家族構成・収入・資産・語学力・犯罪歴等が関係してきます。

永住権を取得する費用は?

国によって異なりますが、ハワイでは50万ドル以上、スペインやポルトガルは50万セント、オーストラリアは500万オーストラリアドル、ニュージーランドは1,000万ニュージーランドドル必要です。

この金額を日本円に換算すると、数1,000万円から数億円必要なことが分かります。

国によっては、一定額の財産のほかに、ビジネスをしたり・投資をすることが条件があります。

シンガポールの3つの特徴

専門家によると、シンガポールへの移住を推奨していました。

もちろんシンガポールに住むとかなりのお金が必要になるので、裏ワザを使いましょう!とのことです。

ちなみにシンガポールに知り合いが1人住んでいるのですが、当時はたしか1億円以上のお金があって・ビジネスをすることが条件でした。

番組が放送された時点では2億2000万円以上必要でしたので、今後も条件は変わっていくと思います。

それでもかなり稼いでる人にとっては、税金が安いのは魅力的なんだと思います。

交通の便がいい

交通の便がいい

日本から距離の離れた外国に行く際、シンガポールで飛行機の乗り換えをした人も多いと思います。

このように急成長を遂げた国へのアクセスも抜群です!

ドバイ・インド・タイ・ベトナム・香港・インドネシアなど

チャンギ空港内にはホテルまであります。

有名な観光スポット

最近話題となっている屋上にプールがあるマリーナ・ベイ・サンズが人気です。

マリーナ・ベイ・サンズ

 

有名なリゾートアイランド、セントーサ島も人気です。治安がいいのも特徴です。

物価が高い

番組を見て思いましたが、とにかく物価が高い!

・ミネラルウォーター(750ml):3.8S$=約330円

・タマゴ10個:4.35S$=約380円

・オレンジ4個:8.9S$=約780円

・ニンジン4本:6.95S$=約610円

・家賃:1DKの間取りで30万円/月

 

シンガポールは人気の移住先ですが、年収が最低でも2,000万円以上ないと楽しく住めないような印象を受けました。

しかし日本のように多額の税金をとられないので、年収1,000万あれば、充分生活できそうです。

シンガポールを10万円で楽しむ裏ワザとは

ここまで見てくると、初めの10万円で楽しむ裏ワザは本当なのか疑問を感じると思います。

私もそうでしたw

しかしご安心ください!その方法とは隣国のマレーシアに住むという裏技だったのです!

マレーシアに住む

なぜマレーシアに住むのか?

一言で言ってしまえば、月に10万円あれば、マレーシアに住むことも夢ではないのです。

具体的には、マレーシアの第2の大きな都市、ジョホールバルという場所です。

なぜジョホールバルに住むのかというと、シンガポールの中心地まで、車で30分程度で行ける距離にあるからです。

国境も、パスポートと素顔を見せれば、車に乗ったまま出入国手続きができます。

マレーシアの移住権を取得する条件

50歳以上⇒35万RM=約1146万円以上の財産が必要

50歳未満⇒50万RM=約1640万円以上の財産が必要

 

シンガポールでは2億2,000万以上の財産が必要ですので、マレーシアはかなり安いことが分かります。

マレーシア政府が、海外移住しやすいようにお得なビザを発行しているんだとか。

※一部の財産をマレーシアの銀行に預ける必要があります。

マレーシアの特徴

マレーシアにも1人知り合いがいますが、税金対策だけでなく・外貨を稼ぐ目的で移住したようです。

ご飯は日本の方がおいしいと言ってましたが、住みやすいようです。

そしてもちろん暑いです。

物価が安い

物価は安い!

・CDアルバム3枚:95RM=約3,110円

・ガソリン:2.1RM/1L=約69円/1L

・オレンジ4個:8RM=約262円

・タマゴ10個:5RM=約164円

・ニンジン4本:2.8RM=約92円

 

マレーシアの物価を見ると、シンガポールの3分の1、もしくはそれ以下の価格帯になっていることが分かります。

これは、マレーシアは国土が広大で、自国で農作物の生産が盛んという点が挙げられます。

クアラルンプールの電車料金は安い!乗り方も簡単!

こちらの記事のように、電車代もかなり安いです。

一方のシンガポールは国土が狭いうえに、ほとんどを輸入に頼らないといけない状態なので、物価がかなり高騰しています。

気になる家賃と広さは?

家賃が安い!

シンガポールでは1DKで家賃が30万円でしたが、マレーシアではどうでしょうか?

なんと!

3LDK(3ベットルーム)・120㎡の広さで2,800RM=約92,000円でした。

そのほかにも2階建ての一軒家(5LDK)が紹介されており、家賃は約12万円でした。

 

つまりもう少し広さを抑えれば、家賃5~6万円で住めるということになります。

ホテルに関しても、1泊7000円ほどで結構キレイなホテルに泊まることができます。

気になる医療費は?

外国に住む費用はもちろん気になりますが、その中でも医療費は特に気になりますよね?

なぜなら、外国で医療を受けるとかなりの金額がかかってきますので。

レントゲン・採決・薬を処方してもらって、200RM=約6,500円だったそうです。

同じ治療をシンガポールで受けると、500S$=約44,000円かかってしまいます。

まとめ

確かにマネースクープで紹介された、マレーシアに住みながらシンガポールを楽しむという方法であれば、月に10万円ほどで楽しめると思いました。

日本で1R・家賃10万円の賃貸物件に住んでいる人は、マレーシアでは一戸建てに住むことができます。

また、一時期大きく円安になった時期もありましたが、その時も、マレーシアのリンギット(RM)はあまり変わりませんでした。

永住までいかなくても、短期間だけ住んでみるのもおもしろいかもしれません。

※あの与沢さんも一時期住んでいました。

与沢翼がどん底から復活?現在はシンガポールで秒速1億稼ぐ?

※年金だけでマレーシアに住んでる人もいます

年金だけでシニア向けマンション生活や海外移住はできるのか?

※ハワイはどうなの?

ハワイ移住費用と待ち受ける厳しい現実とは?【カスペ!】

関連記事

  1. アマゾン買取の本

    Amazonで本の買取サービスを体験!ゲオ(GEO)買取との違いは?

  2. グノシークーポン

    グノシークーポン、ローソンで使えない?実際に使ってみた感想

  3. ウエルシアアプリでTポイントをためる

    ウエルシアアプリでTポイントを貯めるならモバイルTカードが便利!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事