1. TOP
  2. ファーストクラスの値段と特徴!利用する5つのメリットとは?

ファーストクラスの値段と特徴!利用する5つのメリットとは?

2016/06/11 更新日:2018/08/04 旅行・航空券
 
ファーストクラスの値段

飛行機のファーストクラス価格は高いので、お金持ちの人が乗るイメージがありませんか?

ファーストクラスと言っても国内線国際線がありますが、国内線は数万円で乗ることができます。

しかも国内線のファーストクラスに関しては前割がありますので、余裕をもって航空券をとっておくと、かなり安い金額で乗ることができます。

JALであればファーストクラスANAであればプレミアムクラスですね。

では国際線のファーストクラスの値段はいくらで、どのような特徴があるのでしょうか?あわせて利用する人のメリットも紹介していきます。

ファーストクラスの値段はいくら?

 

各社のHPを見ると分かりますが、ざっくり言えば、運行距離にもよりますが100万円~200万円くらいと言っても過言ではありません。

参考までにANAのファーストクラス料金(往復)を掲載しておきます。

 

ANAファーストクラス座席

出典:FIRST CLASS シート一覧|Service & Info[国際線]|ANA

 

・東京ーバンコク(タイ):85万~90万くらい

・東京ーシンガポール:85万~95万くらい

・東京ーロサンゼルス(アメリカ):160万~170万くらい

・東京ーパリ(フランス):250万~260万くらい

・東京ーカイロ(エジプト):280万くらい

・東京ードバイ(アラブ首長国連邦):300万くらい

時期によって金額は異なります

 

せっかくなのでJALの国際線も掲載しておきます。

 

JALファーストクラス

出典:JAL国際線 – JAL SUITE(シート)

 

・東京ードバイ(アラブ首長国連邦):130万くらい

・東京ーロサンゼルス(アメリカ):150万~160万くらい

・東京ーカイロ(エジプト):190万くらい

・東京ーパリ(フランス):250万くらい

時期によって金額は異なります

距離によっては100万円を切る航空会社もありますし、区間によってはファーストクラスがないところもあります。

※ただし、正規料金で乗る人よりも、ビジネスクラスからアップグレードしたり、貯まったマイルを特典航空券に変えて乗る人が多いかもしれませんね。

 

ファーストクラスの価格を検索

こちらのサイトで、複数の航空会社の金額を調べることができます。

海外航空券を選択し、座席クラスの箇所でファーストクラスを選んでください。

⇒海外航空券のファーストクラスの価格をチェック!

 

ファーストクラスより上のスイートクラス

最近ではスイートクラスと呼ばれる、ファーストクラスよりもランクの高いクラスがあります。

 

シンガポール航空スイートクラス

 

シンガポール航空のスイートクラスや、エディハト航空のスイートクラスですね。

特にエディハト航空のスイートクラスに関しては、バスルームとベッドルームを完備!専用のバトラーもつき、ほとんどプライベートジェットのような感覚を味わえるようです。

 

エディハト航空

 

ファーストクラスは値引きできない?

 

国内線に関しては前割などの値引きがありますが、国際線のファーストクラスには、基本値引きはありません。

ただし最近では、ファーストクラスでも期間限定でお得なキャンペーンを実施している航空会社や旅行会社を見かけます。

ちなみに、初めからファーストクラスを予約する人もいますが、マイルを貯めたりして・ビジネスクラスからアップグレードする人も多いようです。

ファーストクラスへグレードアップ

 

また、ビジネスクラスを予約していたけれど、たまたま空いてるからという理由で、ファーストクラスにアップグレードした知り合いも2名ほどいますw

基本的に国際線でファーストクラスを値引きしない理由ですが、値引きしてしまうと価値が落ちてしまうんだと思います。

そうなると、いつもファーストクラスに乗っている人が、予約がいっぱいで乗れなくなるという事態も想定できます。

 

ファーストクラスに乗るメリットは?

 

もちろん、エコノミーやビジネスよりも座席が広く・快適に過ごせるというのもあると思います。それ以外にどういうメリットがあるのでしょうか?

 

プライバシーが守られる

 

機内のプライベート

 

やはりこれに尽きるのではないでしょうか。たとえば、エコノミークラスにビートたけしさんのような有名人が座っていたら、話しかけてサインをもらいたくなりますよね?

つまり、飛行機に乗っている間は自分の時間がなくなるだけでなく・目的地に着くまでとても疲れてしまうでしょう。

しかしファーストクラスの場合はプライバシーが守られているので、ゆっくりくつろぐことができますし、目的地についても元気に過ごせると思います。

 

空間が広い

 

空間が広い

 

つい最近、知り合いが福岡ーバンコク間をジェットスターというLCCを利用しており、「すごく座席が狭くて・とても疲れた・・・」と言っていました。

当たり前ですが、狭い空間に長時間乗っていると、とても疲れてしまいます。私は沖縄ー成田間でLCCを利用しましたが、一番前の席にしたので足が伸ばせたので快適でしたw

エコノミーと比べるとゆったり座れ・両隣に誰もいませんので、空間は広いと感じます。

ちなみにジェットスターに乗った知り合いですが、以前はファーストクラスやビジネスクラスに乗っていましたが、なぜか最近はコストパフォーマンスにこだわっていますw

またファーストクラスには、シートの様々な部分が動くようになっているので、体制を変えるのに便利です。

 

寝心地がいい

 

ファーストクラス寝心地

 

国際線の場合、基本は長時間の飛行機の旅になります。飛行機に乗っているときはほとんど眠ってるという人もいるでしょう。しかしエコノミーではよく眠れないですよね?

気にせずグッスリ眠れる人もいると思いますが、なんか疲れてしまう感じがします。

しかし、ファーストクラスであれば結構快適に熟睡することができます。航空会社から提供されるパジャマのようなものもありますのでより快適です。

CAさんが布団を敷いてくれる航空会社もあります。

また航空会社によっては、アロマテラピーサービスもあるそうです。

 

食事にこだわる

 

ファーストクラスの食事

 

各航空会社のHPを見ると分かりますが、食事にこだわっていることが分かります。事前に航空会社から電話があって、好きな食事のメニューなんかも聞かれます。

しかも食事を提供する側は、その食材1つ1つ、ベストなタイミングでお客様に提供することに配慮しています。

 

名前で呼ばれる

 

名前で呼ばれる

 

ファーストクラスの常連であれば名前を覚えられてるかもしれませんが、一般的に名前で呼ばれます。名前で呼ばれれると、なんか嬉しいですよね?w

 

その他のメリット

・空港のチェックイン時に専用のカウンターがあるので並ぶ必要がない
・飛行機に乗るときは最初に乗れて、最初に降りれる
専用のラウンジ(空港によりますが、プライオリティーパスでは入れないラウンジ)が利用できる
—-無料で飲食ができたり、マッサージサービスのあるラウンジもあります。
・マイルがたくさん溜まる
そこそこいいワインが飲み放題(ボトル1本7万円するシャンパーニュ「サロン」など)

 

まとめ

 

一般的にファーストクラスの金額は100万~200万円かかるので、気軽に乗れないと思います。

もちろん1回でも利用すると、また「乗ってみたい!」と思うのは間違いないでしょう。一番効率がいいのは、マイルを貯めてアップグレードすることです。

個人的には、スイートクラスが気になりました。

そこでシンガポール航空の「成田ーシンガポール」を調べると、6月下旬でこのような金額が表示されました。

シンガポール航空のスイートクラス

2018年7月の価格では、100万円近くしますが・・・

人生で1回くらい、ファーストクラスの旅を味わいたいですよね? その場合は、マイルを貯めて・利用するのがよさそうです。

※関連情報

ANAマイルの裏ワザ|お得な貯め方と使い方!失効を防ぐには?

JALとANAを比較(国内線)!どっちがおすすめ?

2017年ANAダイヤモンド修行が完了!ルートや費用を公開!

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

ファーストクラスの値段

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • 豪華カプセルホテル・安心お宿プレミア荻窪店

    安心お宿・荻窪店のカプセルホテルに宿泊した感想・口コミ

  • ユニバーサルスタジオジャパン

    ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを貸し切るといくらかかる?

  • ハワイにプチ移住

    ハワイでプチ移住を楽しむ日本人が増加!住むなら空港の西側?

  • 佳園のサムゲタン

    私が釜山で食べた食事・グルメをランキング!一番おいしいのは?

  • [TG]バンコクでの乗り継ぎに1時間20分しかない!間に合うのか?

  • 海外の空港ラウンジ

    楽天プレミアムカードで国内だけでなく海外ラウンジが使える理由