2017年ANAダイヤモンド修行が完了!ルートや費用を公開!

ANAダイヤモンド修行2017

2017年9月にANAプラチナを達成しましたが、50,000PP近辺ではなく、約1万オーバーの62,677PPという結果に。

しかも、これまで734,224円かかっています。

※プラチナになるまでの過程はこちら

2017年にANAプラチナ会員に到達!プレミアムポイント獲得を振り返る

 

ちなみに羽田国際空港を利用する人はご存知かと思いますが、スターアライアンスゴールド、ANAプラチナメンバーがすごく多いですよね?w

羽田や成田国際航空のANAラウンジに行っても、いつも人だかりでいっぱい・・・

そこで、ANAスイートラウンジを利用する目的と、残り4万PPでダイヤになれるので、10万PPのダイヤモンド会員を目指すことに決めました。

2017年10月にはエアチャイナでクアラルンプールへ

SFC修行で度々名前が上がるのがエアチャイナのビジネスクラス

しかし!、遅延情報が多く、敬遠される航空会社です。

それでも安い費用でPPを貯めることができるので予約!

 

「福岡⇔クアラルンプール」の路線で予約しようと思いましたが、値段が数千円しか変わらないので、「福岡⇔羽田(ANA国内線)+羽田⇔クアラルンプール(エアチャイナ)」というセットで取りました。

・詳細はこちら⇒[往路遅延]エアチャイナのビジネスクラス搭乗記(2017年羽田⇔クアラルンプール)

 

エアチャイナビジネスクラスでPPを稼ぐ

 

 

・福岡⇒羽田:828マイル(850PP)
・羽田⇒北京:1641マイル(2014PP)
・北京⇒クアラルンプール:3416マイル(3816PP)
・クアラルンプール⇒北京:3416マイル(3816PP)
・北京⇒羽田:1641マイル(2014PP)
・羽田⇒福岡:828マイル(850PP)

費用:117,120円

2017年11月にゴールドコーストとホーチミンへ

ANAマイルが貯まるのはシドニーまでですが、シドニーから国内線でゴールドコーストへ行ってきましたw

シドニー空港の乗り継ぎ|国際線[ANA]⇔国内線[ヴァージンオーストラリア]を解説

 

メインの獲得PPですが、羽田⇒シドニー間はプレミアムエコノミーに搭乗しています。

 

haneda-sidoni-kanPP

 

・羽田⇒福岡:1105マイル(1134PP)
・シドニー⇒羽田:9482マイル(7694PP)
・福岡⇒羽田:1105マイル(1134PP)
・羽田⇒シドニー:9482マイル(7694PP)

費用:128,230円(8万円分のスカイコイン使用済の価格)

オセアニアもアジアと同じく、路線倍率が1.5倍になるのでおすすめです。

 

この時点で、93,747PPになりました!

 

残り6,253PPになったので、ホーチミンまでエコノミークラスで往復することに。

 

・成田⇒福岡:1105マイル(1134PP)
・ホーチミンシティ⇒成田:2638マイル(2029PP)
・成田⇒ホーチミンシティ:2638マイル(2029PP)
・福岡⇒成田:1105マイル(1134PP)

費用:78,180円

 

一番安いエコノミークラスチケットでしたが、復路の「ホーチミン⇒成田間」で、ビジネスクラスへ無料アップグレードされました!

搭乗する直前でチケットを機械にかざす際に、「ブーッ」という音が鳴り、ビジネスクラスのチケットに交換されました♪

 

無料でビジネスクラスへアップグレード

 

ただ、朝食も食べず、ずっと爆睡してましたがw

ANAダイヤモンド会員に到達!

ANAを利用した翌日に、マイルとプレミアムポイントが加算されました。

 

 

ただし、ステータスはプラチナのままです。

 

ANAダイヤモンド会員

 

さらに翌日の12月1日に、ダイヤモンド会員へステータスが更新されました。

今回は丁度ダイヤモンド会員になった感じですね!

トータルで使った費用は、1,057,754円です。

翌年度のANAダイヤ特典

以下の特典から選ぶことができます。

ANA SKYコインコースが一番お得だと思いますw

2018年度 ANA「ダイヤモンドサービス」メンバー特典 選択式特典

余談:ANAマイル修行に関係ない旅行

上記以外にも、実はマイルに関係ない旅行を行っていたので紹介します。

2017年9月下旬に中国の昆明と香港に

香港エクスプレスと中国東方航空を利用して、昆明と香港に行ってきましたw

2017年10月にシンガポール航空でバリ島へ

シンガポール航空はスターアライアンスメンバーなので、通常はANAマイルが付きますが、ANAマイルが付かないセール価格のプランでバリ島まで行ってきましたw

当時もアグン山の噴火が危惧されていましたが、結局噴火しませんでした。

2017年11月:インド旅行をキャンセル

本当はホーチミンシティではなく、ANAでインドのムンバイに行く予定でした。

しかし!、ビザの手続きが面倒だったのと、安いと思っていた物価がそうでもなかったのでキャンセルしました。

一番安いチケットのキャンセルだった為、手数料が2万円かかりましたw

ANAダイヤモンド会員が利用できるラウンジ

羽田空港国内線・国際線にあるスイートラウンジを撮影してきました。

羽田空港国内線スイートラウンジ

 

羽田空港国際線スイートラウンジ:110番付近

 

まとめ

計画的にANAダイヤモンド会員を目指したわけではありませんが、12月1日に無事に到達しました。

メンバーのメリットですが、ANAスイートラウンジの利用権以外に、プラチナメンバーよりも早く機内に搭乗できることくらいでしょうか?

もちろん特典航空券の獲得もプラチナよりも優遇されますが、人気路線の特典航空券の獲得は難しいようです。

ANAステータスは、正式には4月1日から始まり、翌年の3月末日で終了します。

事前サービス期間を入れると、1年+3ヵ月ダイヤモンド会員になれるので、目指してみるのもいいでしょう。

※2019年10月に、エコノミーからプレミアムエコノミーへの無償アップグレードが廃止されるのは痛いですがw

関連記事

  1. anaプレミアムエコノミー搭乗記

    [anaプレミアムエコノミー搭乗記]エコノミークラスにプラス10万円払う価値があるのか!?

  2. Q1リゾート&スパ ゴールドコーストは立地・部屋が最高!サービスも良かった!

  3. シンガポール航空の機内食

    シンガポール航空の機内食はおいしい?エコノミー編(福岡発)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事