プライベートジェットの価格と維持費は?チャーターするといくら?

プライベートジェット

どうも、プライベートジェットをチャーターしてみたいマネタヌですw

プライベートジェットの価格ですが、安くても数億円かかります。

もちろん、個人で使用するのであれば丸々数億円払う必要がありますが、数名でお金を出し合って利用するという方法もあります。

その他、必要な時にプライベートジェットをチャーターしている方もいます。

さすがにプライベートジェットを所有している知り合いはいませんので、もう少し詳しく、価格維持費がどれくらいかかるのか調べていきます。

プライベートジェットの価格

まず気になるのが、いくらで購入できるのかということですよね?

もちろん、機体や種類によって、数億円から数10億円という金額が必要です。

ガルフストリームG650

ガルフストリームの価格ですが、G150からG650まであり、日本円にするとだいたい20億円30億円~65億円ほどするようです。

ここ最近の円安で、どんどん円の価値が下がっていますので困ったものですね・・・w

またガルフストリームのHPを見ると、中古の機体も販売しているようです。維持費は年間で2~3億円と言われています。

ガルフストリーム

※ガルフストリームG650の性能

・座席数:11-18席
・最大航続距離:12,964km(7,000nm)
・運用限界速度:マッハ0.925
・最大巡航高度:51,000ft
・エンジン:ロールス・ロイス社製BR725エンジン

セスナ・サイテーション680

セスナ・サイテーション

セスナ・サイテーション680の価格ですが、だいたい15億円~25億円くらいだと思います。

年間の維持費は1.5億~2億円くらいと言われています。

中古機体の共同購入で必要な費用

プライベートジェットと言うと、大富豪やセレブがプライベートで使っていると思いきや、何人かでお金を出し合って購入・利用してる人達もいます

具体的には、大企業や会社の社長など、資金が豊富な組織が利用しています。

特に海外の会社が支払っている税金は膨大ですので、数10億円という金額は大したことないのかもしれませんね。次に具体的な費用を紹介します。

プライベートジェット共同購入

・機体購入費
・整備管理作業
・定期点検費用
・整備士人件費
・部品・材料費
・無線検査費
・機体保険料
・搭乗者保険料
・駐機費用

プライベートジェットを購入する場合、このような費用がかかってきます。

機体購入費の次に高いのが機体保険料になるそうです。

成田空港にビジネスジェット専用ターミナル

ジェット専用ターミナル

以前であれば、海外から日本へプライベートジェットを乗り付けても、一般人と同様の入国手続きが必要でした。

しかし成田空港に「Business Aviation Terminal – Premier Gate -」ができてから、利便性は高まったようです。

成田国際空港株式会社のHPを見ると

専用のルート・CIQ施設を整備。
短時間かつストレスフリーな出入国のお手続きが可能に。Speedy着陸から短時間で送迎車にお乗換え。
出発時も、お車でご到着後すぐに飛び立てます。

と記載されています。

このターミナルの利用料ですが、1回25万円かかるようです。

プライベートジェットのチャーター費用

去年の8月に、朝日航洋がセスナ680のプライベートジェット機の運航を開始へというニュースが流れていました。

つまり、購入しなくても・プライベートジェットを利用することができます。

プライベートジェットの維持費

またジャパンプライベートジェットという国内専用のプライベートジェットを運用している会社があります。

こちらのHPによると、いくつかのモデルコースプランが記載されていますので紹介します。

プライベートジェットをチャーター

ジャパンプライベートジェット

出典:プライベートジェットを利用した日本国内旅行モデルコース

こちらのプランを参照すると、総額200~300万円で利用できそうです。

数名で参加する場合は、人数分で分割すればいいので、その場合は1人数10万円の負担で済みそうです。

アメリカのSurf Airという定額制サービス

アメリカのプライベートジェット定額制

Surf Airという、アメリカやヨーロッパで展開しているプライベートジェットの定額制サービスもあります。

月額1,950ドルから飛行機に乗り放題のようです。

※乗り放題と言っても数は限られており、相乗りになるようです。

ホンダジェット・エリート

ホンダジェット・エリート

2018年12月、ビジネスジェット機の最新型「ホンダジェットエリート」が、日本で初めて納入されました。

・定員:7名

・航続距離:2,661キロメートル

※東京から北京や台北まで給油なしで飛べる量

・価格:5憶9000万円

今年の6月から国内受注を受け付けており、現時点で10機を超える注文が入っているようです。

まとめ

TVでもプライベートジェットのおおよその価格が紹介されていまましたが、やはり価格に圧倒されますよね?

まあでも、安いプライベートジェットですと2~3億円で買えるそうです。

ただし利用しなくても、維持費や人件費がかかってきますので、よほど余裕のある人しか利用できないでしょう。

最近ではシェアリングサービスも流行っていますので、共同で利用する人も増えそうです。

5年、10年後には、日本でもアメリカの様に、もう少しプライベートジェットを気軽に乗れるような時代になるかもしれませんね。

※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

ファーストクラスの値段と特徴!利用する5つのメリット!

2017年ANAダイヤモンド修行が完了!ルートは?

ANAマイルの裏ワザ!お得な貯め方と交換失効を防ぐには

関連記事

  1. ネットの誹謗中傷

    ネットの誹謗中傷を3,000円で削除できる?ニッチ弁護士に相談!

  2. 自転車事故でとんでもない金額が

    自転車事故の事例!小学生・高校生が起こした事故の賠償金がヤバイ

  3. マンション購入

    マンション購入で失敗しない買い方!確認すべき6つのポイント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事