げんかつぎ

各業界のげんかつぎゲン担ぎ)!これで仕事・人生がうまくいきます!

大事な試合や発表会、大学受験など、大切な局面でげんをかつぐ人も多いことでしょう。

正月に初詣があるように、神社にお参りする習慣がありますよね?

その他、運気を上げるためにパワースポットへ行く人もいれば、パワーストーンブレスを身に着けている人も見かけます。

そんな中「月曜から夜ふかし」という番組で、げんかつぎの特集が放送されていたので、気になった内容を紹介します。

マエケンのげんかつぎ

広島カープの前田健太さんのげんかつぎが紹介されていましたw 1つ1つ見ていくと・・・

・豚肉と野菜のあんかけ丼を夕食で食べる

・寝る前にいつも同じ曲を聴く

・同じパジャマを着て眠る

・試合開始の7時間前に起床する

・ブルペンでは真ん中のマウンド

・35球を投げ込む

・体を塩で清める

・左足からグラウンドへ入り・右足からグラウンドを出る

マエケンのげんかつぎ

細かいものを含めると、あと10個くらいあるそうですw

スポーツ選手は、いろんなげんをかついでる人が多そうですね。

タクシー運転手のげんかつぎ

タクシーの運転手といえば、お客がとれることも重要ですが、どれだけ遠距離の客を獲得できるのかが売り上げに大きく関わってきます。

そうは言っても、長距離の客と出会えるのかどうかは運的な要素が大きいですよね?

そのため、タクシー業界ではさまざまなげんかつぎがあるそうです。

タクシーのジンクス

・1日の終わりに、水道の出が悪い場所で洗車する⇒次の日の売り上げがいい

・売り上げ上位の方をハグをする

・不味いカレー屋さんのカレーを食べる⇒ガラッと流れが変わる

この中で、売上上位の方とハグするのは理に適ってるかもしれませんね。

私も経験があるのですが、運のいい人と一緒にいると、いろいろとうまくいく傾向にあります。逆に運の悪い人と一緒にいると、なんか物事がつまづいたりしますw

関連記事⇒金運を上げてくれるあげまんの星をもつ女性の10の特徴とは?

不動産屋のげんかつぎ

業界によっては、休日が異なるケースも見られます。

以前から私も、不動産屋はなんで水曜日に定休日が多いのか気になっていました。

不動産屋の定休日

・契約が水に流れるから

ということでしたw

そこでインタビューを受けていた不動産屋の人が、契約の為に頑張って水曜日に出勤したら、契約を流れたというエピソードを話していました。

契約が流れるということであれば、特に不動産屋に限ったことではないような気がしますがw

どんな業界でも仕事で契約する機会は多いと思いますので、できるだけ水曜日を外してみるのもありかもしれません。

水曜日に不要なものを捨てるのもよさそうですね。

たぬきの置物

お店の前や、店内にたぬきの置物が置いてあるお店を結構見かけることがあるのではないでしょうか?

そういう私も、七福神やヘビなどの置物なら分かりますが、なぜたぬきなんだろう・・・と前々から思っていました。

たぬきの置物

・たぬき⇒他を抜く

つまり同じ商売をしているライバル店を抜くという意味があるそうです。

商売繁盛の意味もありました。

勝俣州和のげんかつぎ

勝俣さんと言えば、元気いっぱいの芸能人というイメージがあります。勝俣さんによると、

・1万円札を折って1億円札にする

というものでしたw うまく折って0が8個になるようにします。

実は私も1億円札を作っていたこともありますが、効果はなかったですw

1億円札

ちなみに1億円札を財布に入れる時、向きを逆にするのがいいそうです。

ふつうの向きで入れると、出て行ってしまうんだとか。

勝俣さんは1億円札を作って財布に入れたことで、CMの話が来たりと効果は抜群だったそうですw

西川家のげんかつぎ

西川きよしさんは、芸能界ではげんをかつぐことで有名な人のようです。

・おからを大入りと呼ぶ(※おからと呼ぶと、劇場がカラになるという意味になるので)

・子供たちは夜に爪を切らない

・毎月の1日と15日は、敷地内の表鬼門と裏鬼門にお榊とお水とお塩、台所には三宝さんとお伊勢さんにお塩とお米

西川家のげんかつぎ

風水にこだわる人は、家を作る前に専門家に方位を確認して設計したいところですね。

賃貸物件に住むときでも、方角をはじめ、その土地の雰囲気や歴史を確認することをおすすめします。

※関連記事

風水で金運がアップ?今すぐ実践した方がいい7つの項目

私がやっているげんかつぎ

余談ですが、私も運気をよくするために行っていることがあります。

・自分にあったパワーストーンブレスをつける

関連ページ⇒沖縄で作ったお金が増えるパワーストーン

・月1回は氏神様にお参りに行く

・金運のありそうな金色の置物を置く

有名なパワースポットに行く人もいますが、まずは氏神様にお参りした方がいいようです。

氏神様

特に会社の社長さんや年間で数億円ほど稼いでる人は、氏神様をはじめ、お気に入りの神社を1つもっている人が多いようです。

・占い等でいい時期を調べる。占いを絶対的に信じているわけではありませんが、運がいい時に物事を始めたり・進めるようにしています。

以前運が悪かった時期があり、占いを見ると、事業を拡大しない方がいい時期とのことでした。

特に事業や仕事でなくても、引越しや結婚、旅行など、運のいい時期にするのがいいようですね。

まとめ

人によって、1つくらいはげんをかついで生活をしている人も多いでしょう。

ネットで調べてみると、検索結果に出てきませんでしたが、

運気の調子が良くない時は、いつもの逆の行動をするのもいいようです。

たとえば、いつも左足から靴下を履くのであれば、右足から履いてみるとか。

あと何名かの占い師の方によると、私は第6感(直観)をもっているようです。

旅行先で収穫あり!

たとえば、今の時期に旅行をすると収穫が多い、今住んでいる場所はなんとなく悪い印象を感じるなど、なんとなく感じてしまいますw

1つくらい、物事がうまくいくようにげんをかついでみると、人生が好転するかもしれませんね。

※関連記事

運を引き寄せる9つの方法とは?岐路に立ったら困難な方を選べ

お金持ちになる人の7つの考え方・行動パターンとは?

パワースポットで人生が変わる!おすすめの金運神社7選!