会社退職後の国民年金・健康保険への切り替えの手続きまとめ

会社退職後の国民年金・健康保険への切り替えの手続き

2度、会社を退職した経験のあるマネタヌですw

会社の業績が悪化し、リストラされることも珍しくなくなりました。最近では早期退職制度を取り入れてる会社も増えています。

一方で会社を退職して、個人事業主としてデビューする人も少なくありません。

基本的に会社を退職したら、健康保険の被保険者資格を喪失するので、区役所等で国民年金・国民健康保険へ加入します。

しかし年金は定額ですが、退職後の健康保険に関しては、選択肢が3つあります。

適当に選んでしまうと損をするので、会社を退職する前に、どの健康保険に加入するかよく検討する必要があります。

会社退職後の年金・保険の手続き

年金の手続きは市区町村で行うだけですが、健康保険に関しては3つ選択肢があります。

介護費用の支給手続き

会社で加入していた健康保険にそのまま加入

健康保険組合または協会けんぽに、退職時から20日以内に手続きすることで、退職時に加入していた健康保険に2年間加入することができます。

国民健康保険に加入する

退職日から2週間以内に、市区町村で手続きを行います。

配偶者(親族)の被扶養者になる

会社員や公務員の配偶者が、第3被保険者(20歳~60歳未満)になることができます。

この場合、配偶者または親族が「被扶養者(異動)届」を所属している会社へ提出します。

どの健康保険への加入ががおすすめ?

一番お得なのは、配偶者の扶養に入ることです。

配偶者が加入する年金制度が負担してくれるので、年金・健康保険を払う必要がなくなるからです。

※条件:扶養に入る人の年収が130万円未満

共働きなら妻の年収が130万、103万(106万)を超えてはダメ!

次に、会社の健康保険を継続するのか、国民健康保険に入るのかという点です。

これはお近くの市区町村に相談されて、どちらが安く済むのか確認した方がよさそうです。

※会社の健康保険に加入する場合、他の会社に就職して・別の健康保険に加入した場合以外は、途中で脱退することはできないようです。

雇用保険(失業保険)の手続きをする場合

国民年金保険料免除・納付猶予申請書

失業したり、収入の減少などで国民年金・健康保険料の納付が難しい場合は、「国民年金保険料免除・納付猶予制度」を活用しましょう。

認可されると、支払う金額が1/2になったり、全額免除されます。

会社を辞めて・雇用保険をもらっている間は、国民年金・国民健康保険に加入する時に、市区町村で減額・免除申請を行いましょう。

参照:国民年金保険料の免除制度・納付猶予制度|日本年金機構

月の途中で会社を退職した場合

すぐに会社を退職

例えば4月15日に会社を退職した場合、4月16日から国民年金第一号となります。

※4月末以降も第1号被保険者である場合、4月分から納付義務が発生します。

国民年金から社会保険へ切り替える場合

これまでは社会保険から、国民年金・健康保険へ切り替える手続きを見てきました。その逆はどうでしょうか?

基本的に、会社が社会保険の加入手続きをしてくれます

ただし、現在の国民年金・国民健康保険の脱退は、ご自身でするケースが多いようです。

ここで注意点ですが、

国民年金から社保へ切り替えた時期と、医療機関を利用した時期がズレている場合です。

国民健康保険から社会保険への切り替え時の返金・病院での手続きは?

ほとんどの医療機関では、時期が1ヵ月ほどズレていても電話だけで済みました。

しかし!健康診断費用だけは対象外となってしまいました。

社保対象外の医療機関を利用したため

このように保険の対象外となるケースもありますので、社保への加入時期は大切です。

まとめ

会社を辞めたら、働いていた時の収入を元に、多額の国民年金・国民健康保険、住民税などが押し寄せてきます。

支払いが難しければ、「国民年金保険料免除・納付猶予制度」を活用しましょう。

多くの方は、失業・退職後は失業保険を受給することになると思うので、その際に申請するといいでしょう。

健康保険に関しては選択肢が3つありますので、収入や家族状況を元に一番お得になるものを選んでください。

※関連記事

国民健康保険料が高い!払えない人も続出中の仕組みとは?

毎月ギリギリの生活(一人暮らし)から抜け出すには固定費を見直し!

関連記事

  1. 小規模企業共済

    小規模企業共済に個人事業主が加入するメリットは経費以外に何がある?

  2. 民間の介護保険の必要性

    民間の介護保険は必要か?公的介護保険だけでは不十分?

  3. 国民年金だけは不安

    遺族年金は妻より夫死亡時の方が手厚い制度!支給される金額の違いとは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA