1. TOP
  2. ホームレス中学生の印税2億円の使い道!麒麟田村先生の失敗哲学とは

ホームレス中学生の印税2億円の使い道!麒麟田村先生の失敗哲学とは

2015/03/27 更新日:2017/07/06 失敗談
 
ホームレス中学生の印税が2億円

麒麟の田村さんと言えば、「ホームレス中学生」という本が当たり、225万部も売れたようです。

その金額はなんと2億円!、人生何が起こるか分からない!って感じですよね?

しかしそんな田村さんですが、なんとこの2億円をたったの8ヵ月で使い切ってしまったようです。

その使い道をしくじり先生という番組で赤裸々に語っていましたので、私の感想を踏まえて紹介していきます。

 

印税2億円の使い道

 

税金に1億1千万円払う

「えー!」ですよね?w 2億円の収入のうち、1億1千万も払わないといけないんですね!単純に税率は55%ということになります。

そこで国税庁のホームページをチェックすると、所得税の税率は以下のようになっています。

 

・195万以下⇒税率5%
・195万を超え330万以下⇒税率10%
・900万を超え1,800万以下⇒税率33%
・1,800万を超え4,000万以下⇒税率40%
・4,000万超え⇒税率45%

 

今回のしくじり先生で登場した田村先生ですが、税率が55%と言ってました。所得税の税率が45%で、残りの10%は住民税等で取られたのだと思います。

 

所得税の税率

 

このような税率だと、野球やサッカーなどのスポーツ選手でよく1億円・2億円の契約と聞くとすごい!と思いますが、半分以上は税金でもっていかれるということですね。。。

 

6000万円の一軒家

2億円のうち1億1千万円は税金でとられたので、残りは9,000万円となります。次に6,000万円で15年ぶりに会った父親に一軒家をプレゼントしたそうです。

関連ページ⇒マンション購入で騙されない!確認すべき6つのポイント!

間取りは新築の2階建てで4LDKという広さになるようです。

本当はもっと安い金額の一軒家にする予定だったようですが、「床暖房を入れて欲しい!」、「システムキッチンが欲しい!」、「高級家具が欲しい!」という要望を叶えた結果、総額で6,000万円という金額になったそうです。

 

6,000万円の一軒家

 

家の広さにもよりますが、固定資産税もかかりますし、光熱費等のランニング費用ばかにならないと思うので、収入が下がった時にはたいへんな状況になると思います。

その時は家を売るんですかね・・・

 

残り3,000万円の行方

田村先生は、残りの3,000万円はいつの間にか消えたと言っていましたw 端的に言うと、食事をおごってあげたり・物を買ってあげたりする内に、無くなってしまったそうです。

①ファンにおごる

なんのこっちゃ?と思いますよね? 実は漫才に来てくれたお客さんにジュース等の差し入れをしたようです。

②同級生を高級キャバクラへ

同級生をキャバクラに連れて行ったようです。私も高級キャバクラに行ったことはありませんが、1日に数100万円使ってしまうんでしょうか?

ちなみに、この高級キャバクラでチャーハンを頼んだそうですが、8,000円もしたそうですw

③後輩におごる!

芸能人と言うと、後輩にご飯をおごるのが常識というイメージがありますよね?

今再ブレイク中の有吉さんも、売れなくなった時に、ダチョウ倶楽部の人にかわいがってもらっていたようです。

 

焼肉をおごる

 

ちなみに田村先生は、ご飯をおごるだけでなく・服を一式買い与えていたそうですw

 

麒麟の田村先生が学んだこと

 

これだけの経験をしたのだから、「一体どんなことを学んだのだろう?」と思いましたが、案外ふつうのことでしたw

 

財布の中身を把握

抜き打ちで財布の中身をチェックして、いくら財布に入っているのか答えられるかどうかが大切と言ってました。5,000円以上違えばヤバイそうですw

 

収支の計算ができない

「収入以上のお金は使ってはダメ!」ということですね? ただしクレジットカードと言う魔法のカードがあるので、収入以上にお金を使っている人もいるかもしれません。

収入と支出の計算も大切ですが、毎日の終わりにいくら使ったのかという家計簿をつけることをおすすめします。

 

宝くじで1億円当たったら?

 

宝くじ売り場に買いに行くと、この売り場からいくら当たりました!という貼り紙を見る度、宝くじに当たった人はどんな使い方をしているのだろう?と感じる人も少なくないでしょう。

 

宝くじ売り場

 

案外、田村先生のように、1億円当たっても1年で使い切ってしまう人が多いのかもしれません。

 

 

ちなみに田村先生は、「お金の使い方が分からなかった」と言っていました。やはり、予想以上のお金が入ってくると、使い方が分からないので散財してしまう人が多いんだと思います。

 

 

まとめ

 

麒麟の田村さんが印税で2億円稼いだというニュースを見てから、一体どんな使い方をしたのか?、それとも貯金したのか?、投資に使っているのかとても気になっていました。

結果、家という資産に使ったのはいいとして、残りの3,000万円は浪費してしまうという結果に。

まず1つ言えるのが、大きなお金が入ってきた場合は、周りの人に話してはいけないということです。ただし今回のケースは、本が225万部売れたことをマスコミが計算して発表したのでしょうか?

小さい金額であれ、大きな金額であれ、お金は大切に使っていきたいですね。

失敗談

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

ホームレス中学生の印税が2億円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • 元木大介ラーメン

    元木大介さんのラーメン店(元福)が閉店!その3つの理由とは?

  • 辺見まり洗脳

    辺見まりが13年間もの洗脳体験を告白!総額5億円の被害に!

  • IVANホームレス生活

    IVANがホームレス生活に?所持金の50万円が底を尽いた結果!

  • エジソン失敗

    エジソンの失敗は子育てだった?失敗は成功のもとにならなかった例

  • 株でどん底

    1本の電話から株の空売りで600万も大損して学んだこと

  • アドセンス

    1日5万稼げる!?アドセンスで自己クリックした結果!