タイミングベルト交換費用はいくらかかる?交換しないと廃車になる!?

タイミングベルトの交換

どうも!中古のミラジーノを買って、すぐにタイミングベルトがダメになって落ち込んだマネタヌですw

タイミングベルトの交換と聞くと、いくらかかるか不安ですよね?

つい先日、交換する機会があったので、その費用の内訳を紹介します。

平成11年のミラジーノという軽自動車です。

タイミングベルトを交換する時期は?

一般的に8万キロ10万キロとも言われています。

ただし、車を運転していて、異常を感じなければ交換しない人も多いそうです。

そんな私も、走行中に「キュルキュル」という音がするようになったので、ようやくタイミングベルトの交換を決意しましたw

さっそく車屋さんへゴー!

始めは、キュルキュルという音は、何か油が切れてるのかな~程度だと思っていましたが、車屋さんに見てもらうと、タイミングベルトが少し切れてる部分が見つかりました。

タイミングベルトの交換費用は?

だいたいの金額ですが

タイミングベルトの交換約15000円

作業工賃約15000円

とのことでした。

これらの金額に消費税がかかります。

平成11年のミラジーノの場合

私の場合はかなり昔の中古車でしたので、外に出ているタイミングベルト以外に、内部の部品も交換する必要があるので、トータルで約5万円くらいかかるようでした。

タイミングベルトの交換費用

最近の車であれば、外部と内部の状況を別々に見れるようですが、平成11年のミラジーノの場合は、内部の状況を確認するのに、かなり分解する必要がありました。

費用は余分にかかりますが、今後のためにあわせて交換してもらうことにしました。

タイミングベルト以外に交換する部品

タイミングベルトを交換しないと

タイミングベルトの交換をしぶって、走行中に切れてしまった場合は、最悪エンジンが壊れて走行不能になるようです。

もちろん、廃車になるのは嫌ですし、道路でエンジンが壊れてしまったら大事故につながる可能性があります。

ですので、費用をしぶらずに交換するのがいいでしょう。

一方で、車の買い替えを検討している方にとっては、いいタイミングかもしれませんね。

・今の車の価格はいくら?⇒車の査定サイト

タイミングベルトを交換した感想

タイミングベルトを交換した結果、キュルキュル音がしなくなり、快適に走れるようになりましたw

土日を挟んだため、作業が2・3日必要とのことで、代車を借りたのですが、かなり快適でした。

普段はかなりの中古車に乗っているため、少しでも新しい車に乗ると、新しい方がいいな~と思ってしまうこの頃ですw

まとめ

あまり安い中古車を購入すると、買った後に不具合が出る可能性も高いので、逆に費用を圧迫してしまうケースもあります。

私も何台か車を乗り換えていますが、タイヤの価格が1つにつき3万円かかったこともあり、少し後悔したこともありますw

車選びは、価格だけではないですね。

今回はタイミングベルトを交換して快適に走れるようになったので、まだまだ今の車に乗りたいと思います。

※車に関連する記事

平成12年式のダイハツ ミラジーノはいくらで売れる?

自動車保険をできるだけ安い金額にする裏ワザ4選

関連記事

  1. ミニ保険

    意外と使えるミニ保険!どのような種類があるの?

  2. 下流老人

    下流老人に転落するきっかけ!老後に待ち受ける現実とは?

  3. 厚生年金保険の見直し

    国民健康保険から社会保険への切り替え時の返金・病院での手続きは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事