有給が取れない!残業代が出ない!派遣先でのトラブル相談・解決法とは?

派遣元でのトラブル

あさイチと言う番組で、派遣先で起きたトラブル事例が紹介されていました。

特に最近では、有給と残業問題がひどいようです。

そこで、一般的な事例から、派遣先で起こったトラブルの相談先や解決法を紹介していきます。

派遣先の職場環境が悪化した事例

長年、派遣社員と正社員が協力し合って、働きやすい職場環境だったところに

正社員2名が人事異動でやってきます。

悪巧み

その正社員が、派遣社員がミスをする度、人格まで否定するような暴言を吐くので、次のような手段で解決していました。

1:現場の責任者に相談

スーパーであれば店長、コールセンターであればSVや管理職者というように、まずは直属の上司、責任者に相談します。

2:記録の作成

ただ内容を伝えるだけでは、異動してきた正社員が、本当に悪いのか責任者は判断できません。

暴言を言われた日時・内容・状況をその都度書き留めておき、証拠として残しておきます。

3:署名を集める

派遣社員の同僚が複数人いれば、署名を集めるのも有効です。

ただし、署名したくない人もいるので、無理強いをしないことが大切です。

会社の本部に相談

このように慌てず・ゆっくり準備をしてから、本部に相談した結果、新しくやってきた正社員2名は、他の職場へ人事異動になったそうです。

派遣先でのトラブル相談窓口はどこ?

相手がフレンドリー

あっせん制度があり、各都道府県に窓口があります。

例えば、「埼玉県(お住まいの都道府県) あっせん」と検索すると、以下の様なサイトが見つかります。

労働争議のあっせんの流れ – 埼玉県

下の方に問い合わせ先の電話番号もあります。

あっせん3つの特徴

1:相談者と相手が顔を合わせることがない

2:無料で利用できる

3:証拠がなくても相談できる

※相談先によっては、最初と最後だけ顔を合わせることになったり、仲直りと言う意味も込めて、最後の話し合いで顔を合わせるケースもあるようです。

残業代が支払われない事例

残業代ゼロ

介護職で働いており、毎日1時間以上の残業。

しかし!給料明細を見ると、残業代が1円も記載されてない状態でした。

そこで

派遣元に相談

話が進展せず

※私も派遣経験がありますが、給料は派遣元から支払われるので、相談すればかけあってくれると思うのですが・・・

現場の責任者に相談

派遣社員に残業代を支払うと、責任者の給料がなくなると言われたそうです。

労働基準監督署に相談

証拠がないと対応できないと言われ、証拠がないので残業代を諦めてしまったそうです。

労働基準監督署の状況

労働基準監督署ですが、今回も埼玉で探す場合

「労働基準監督署 埼玉(お住まいの都道府県)」と検索します。

労働基準監督署一覧 | 埼玉労働局

こちらを見ると、賃金・労働条件などの問い合わせ先が記載されています。

ちなみに上記の介護の残業代の件ですが、

実は労働基準監督署も人手不足で、過労死問題など重要度が高い案件を優先的に対応しており、証拠もない残業代案件に対応する余力がないようでした。

有給休暇が取れない事例

有給取れない

14年間パートで働いてるのに、1度も有給休暇をとっていない人も多いようです。

同僚や上司に相談するも、「パートの私たちなんか有給とれないよね?」と冗談半分で終わってしまうそうです。

そこで、有給休暇の条件と対策を見ていきます。

有給休暇の条件

6ヵ月以上連続で勤務している

8割以上出勤している

こちらの条件を満たせば、有給休暇はとれるようです。

最近では、私の周りでも6ヵ月以上バイトで働いて、有給休暇をとっている人もいるので、徐々に敷居は低くなっていると感じます。

有給休暇が取れない時の対策

こちらも、証拠を残しておくことが重要です。

タイムカードや出勤表のコピーや写メ、給料明細に出勤日数が記載されてれば証拠になります。

ただしコピーや持ち出すのが不可能な場合は、 手帳に記録するのがいいようです。

エクセルやワードで作ると、第三者から見た場合、一気に作った感があり、文字から感情を読み取れないので避けた方がいいそうです。

派遣トラブルの相談先が分からない場合

総合労働センターに問い合わせると教えてくれるようです。

こちらも「総合労働センター 埼玉(お住まいの都道府県)」と入力すると

総合労働相談コーナー | 埼玉労働局

問い合わせ先が分かります。

こちらで、

・今回の派遣トラブルはどこに相談すればいいのか?

・何を準備すればいいのか

教えてくれるそうです。

まとめ

どうしても今の職場を続けたかったら、上記の窓口に相談してください。

早めに相談しないと、あなたが不幸になるだけです。

私だったら、相談しながら、別な職場も探しますw

一方で、今の職場を辞めたいけど、どうしても辞められない人もいると思います。

最近では退職代行というサービスもあります。

退職代行とは?

一番いいのは、きちんと残業代が出て、有給休暇も取れることです。

そのためには、焦らず・慌てず、証拠を集めましょう。同僚がいれば協力し合ってトラブル解決に努めてください。

関連記事

  1. 小規模企業共済

    小規模企業共済に個人事業主が加入するメリットは経費以外に何がある?

  2. 個人年金保険とは

    個人年金保険は必要?いらない?外貨預金・NISAでも代替え可能?

  3. 格差社会を感じる瞬間

    90%の人が実感する格差社会の現状と原因とは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事