台湾桃園国際空港からmrt(電車)で移動するならEasyCard!買い方・使い方は?

台湾桃園国際空港からmrt(電車)で移動

台湾桃園国際空港から市内への移動手段ですが、電車が安くて便利です。

そこで、空港でのmrt(電車)の乗り場・乗り方をはじめ、easycardの買い方・使い方を紹介していきます。

台湾でEasyCardを利用するメリットとは?

EasyCardとは日本の電車で利用するSuicaのようなもので、お金をチャージしておけば、

その都度切符を買わなくてもmrt(電車)に乗ることができます。

しかもmrtだけでなく、バスやロープウェイ、コンビニでの会計まで幅広く使えます。

もちろん、EasyCardを使わなくなったら返金も可能です。

ただし、カード料金の100TWDは戻ってきません

利用回数・期間によって、20TWDの手数料もかかるので覚えておきましょう。

桃園国際空港のEasyCard売り場

mrt(電車)乗り場の窓口や機械でも購入できますが、台湾桃園国際空港では、

入国後にこのようなブースで購入できます。

台湾エアポートmrtサービス

 

「Taoyuan Airport MRT service」と表示されています。

「EasyCard」と言うだけで伝わりますが、いくらチャージするのかも伝える必要があります。

 

Easycardの買い方

日本語のメニューもありましたw

足りなくなったらチャージできますが、少し多めに入金しておくといいでしょう。

桃園国際空港 MRT乗り場

桃園国際空港mrt乗り場へ

このように、「捷運(MRT)」という表示がありますので、MRT乗り場まで迷わずに行けます。

 

今回私は台湾桃園国際空港の第2ターミナルからmrtに乗ったので、②の乗り場へ向かいます。

※第二ターミナル⇒第一ターミナル⇒台北方面

空港から乗る路線は「桃園機場捷運」と呼ばれるもので、台北駅が終点です。

 

台北mrt路線図

急行と普通車があります。

急行が停まる駅は、赤く塗りつぶされた駅です。乗る前に、降りる駅を確認しておきましょう。

ちなみに、第二ターミナルから台北まで、だいたい40分以内といったところです。

台北MRT路線図をコピーしておくと便利

もちろんスマホ画面でも確認できますが、いつ電池が切れるとも限りません。

そこで、日本で路線図をコピーしておくと便利です。

こちらのページから印刷して持って行きましたw

路線図及各駅情報 – 台北捷運(MRT)公司モバイルサイト

EasyCardのチャージの仕方

簡単なのが、駅の窓口でEasyCardとチャージしたい金額を渡して「チャージプリーズ!」と言うだけです。

自販機のやり方は、カードを指定の位置に置いて、金額を入金するだけです。

 

この3台の中では、一番右の台でチャージできます。

 

easycardにお金をチャージ

日本語表記もあります。紙幣とコインをチャージすることができます。

EasyCardの返金方法

空港の駅で、改札のすぐ横にある窓口で返金手続きを行いました。

easycard返金

 

カード料金の100TWDと手数料の20TWDが引かれて、残っている金額が戻ってきます。

EasyCardも戻ってきたので、次回台湾に来た際は、カード料金の100TWDは必要ないということですよね?w

※戻ってきたカードは使えませんでしたw

なので半年以内にまた台北に行く予定があれば、換金せずに持って帰った方がよさそうです。

まとめ

電車以外にもバスという安い移動手段があります。

ただし台湾が初めてという人には、MRTで移動した方が簡単かもしれません。

台湾に何度か行く予定であれば、EasyCardを作っておいた方が便利です。

今回初めての台北でしたが、EasyCardのおかげで、MRTだけでなく、コンビニの利用も便利でした。

関連記事

  1. エクスペディア・アゴダで旅行

    エクスペディアやagodaを比較!航空券とホテルの予約を格安に

  2. 西面のソミョンにある占い屋

    釜山の西面(ソミョン)にある日本語対応の占い屋を発見!

  3. ANAダイヤモンド修行2017

    2017年ANAダイヤモンド修行が完了!ルートや費用を公開!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事