月4万円の定額で複数の場所に住めるコリビングサービスがヤバイ!

地方移住

2019年4月から、月額4万円で全国の指定された場所に住めるコリビング(co-living)サービスが始まります。

※コリビング:週・月単位で好きな場所に住む・暮らすという考え

段階的に拠点は増えるようですが、色んな場所で生活してみたい人にとって、魅力的なサービスですよね?

数年前からエアビーが普及してますが、こちらのサービスも普及しそうなので紹介します。

 

ベンチャー企業のアドレス

 

会社と従業員

 

家を貸したいオーナーさんと、色んな場所に住みたい人をつなぐサービスを提供するのが、アドレスというベンチャー企業です。

2019年4月からサービスを開始するようです。

 

現時点で利用できる地区

 

・東京都渋谷区、品川区

・千葉県南房総市、一宮市

・神奈川県鎌倉市

・静岡県南伊豆町

・群馬県吾妻郡

・福井県美浜町

・徳島県美馬市、三好市

・鳥取県鳥取市

 

今後も利用できる拠点は増えていくようです。

 

利用料金は?

月会員5万円という項目もありますので、

月額4万円定額の場合、年会費で48万円支払う必要がありそうです。

※利用する物件によっては、別途で光熱費がかかるそうです

 

利用条件は?

 

・1施設の個室の連続使用は1週間まで

・上限日数は14日間の予約まで

 

とありますので、

長期間用の拠点として住むというよりは、セカンドハウス的な利用になりそうです。

1ヵ月単位で同じ場所に住めるのであれば、本拠点として利用したいですよね?

 

利用する設備は?

基本的に、バッグ1つで生活できるようです。

住居以外には、WIFI、家具、アメニティーなどの設備が揃ってるそうです。

 

物件を貸すオーナーのメリットは?

空き家など、使用していない物件を貸し出すようです。

見返りとして、毎月の家賃収入が10万円入ります。

利用しない家はどんどん廃れていくので、大きなデメリットはなさそうです。

 

 

空き家問題を解消できる?

 

空き家売れない

 

数年前から空き家問題が深刻化しています。

地域の治安の悪化だけでなく、地価が高騰した場所では、最近逮捕されたカミンスカス容疑者のような詐欺事件も発生しています。

一方で更地にすると固定資産税が6倍になるので、対応に困っている持ち主も多いでしょう。

[surfing_other_article id=9104]

 

なので、持ち主だけでなく、各自治体も今回のサービスに期待が高まっているようです。

 

 

個人のライフスタイルの変化

 

夫婦生活

 

昔であれば、地元で家族と一緒に住むのが当たり前でしたが、最近では海外に移住する人もいれば、デュアル生活を送る人も増えています。

[surfing_other_article id=32488]

 

この背景には、個人で仕事をするフリーランスというスタイルが普及したことが挙げられます。

例えばユーチューバー、家で撮影してる人が多いので、パソコンやカメラ、ネット環境があれば、どこでも生活できそうですよね?

 

一方で会社員でも、会社に行かずに仕事ができる仕組みも増えてるそうです。

そのため、場所を選ばずに仕事・生活ができるので、色んな場所に住んでみたいという人も増えています。

 

例えば車でメロンパンを販売している人なら、色んな場所を周ってみて、売れ行きの良い場所を定期的に周りたいですよね?

うまく活用できれば、仕事面でもチャンスが広がるかもしれません。

 

 

まとめ

 

こちらのコリビングサービスですが、30名の募集に対して、約1100名の応募があったそうです。

やはり今後は、2拠点生活というライフスタイルが普及していきそうです。

もちろん段階的に普及していくので、現時点では利用できる物件数は少ないですが、各都道府県の自治体との連携で、拡大する可能性があります。

利用できる拠点が拡大したら、面白い人生が送れそうですねw

 

関連記事

  1. 2018年バブルの再来

    2018年はバブルの再来なのか?崩壊する可能性は?

  2. 90%の人が実感する格差社会の現状と原因とは?

  3. マイナンバー海外

    マイナンバーを導入した海外の事例がヤバイ!トラブルが続出?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事