引越し見積もりを安い金額にする手順・方法を3つ紹介します

引越し見積もりを安い金額で引越し

引越し見積もりを安い金額にする手順・方法を3つ紹介します

引越しですが、思ったより大変だし、お金もかかりますよね?

・家具や家電を購入したり

・不要なものを処分したり

・役所の手続きが必要だし

・電気・水道・ガスなどの手続きなど

その他、やることはたくさんあります。

このように手間とお金が結構かかるので、引越し見積もり金額をできるだけ安くしたいですよね?

そこで30回以上引越し経験のある私が、いつも引越しを安く済ましている手順・方法を紹介します。

まずは引越し見積もりをネットで行います

街を散歩していると、引越しの現場をよく見かけますが、大手の引越し業者を利用している人がほとんどです。

しかし個人的には、

大手よりも地域に根付いた引越し業者の方が安い印象を受けています。

そこで役立つのがネットの引越し見積もりサイトです。

どのサイトでも良いですが、私は毎回「引越し侍」というサイトを利用しています。

関連記事⇒引越しで安い業者を見つける裏技!一括見積もり後に交渉すべきポイント

 

ちなみに今回、以下のような見積もり結果になりました。

まつり引越しサービス38,500円

maturihikkosisa-bisu-mitumori

ハートフル引越しセンター23,000円

ha-tohikkosisenta--mitumori

アリさんマークの引越し16,500円

arisanma-kunohikkosi-mitumori

人力引越社15,900円

jinrikihikkosisha-mitumori

今回は荷物が少ないので全般的に安い見積もり金額になっていますが、

引越し業者間を比較するだけでも結構な価格差があります。

この金額に納得できたら、メールに記載の見積金額が安い業者に依頼するのもいいでしょう。

※ただし実際に訪問して見積もってもらわないと正確な金額が分からないので注意が必要です。

格安の引っ越しサービス「くらしのマーケット」

格安引越しを料金と口コミで比較! - くらしのマーケット

くらしのマーケットHP

実は今回、くらしのマーケットの格安引越しサービスを利用する予定でしたが、荷物をほとんど処分したので、ゆうパックや宅急便で送るだけで済みそうです。

利用する場合は、左メニュー欄から「格安引越し」を選択します。

くらしのマーケット - くらべておトク、プロのお仕事

引越し元と引越し先を入力すると、対応してくれる個人業者がずらっと表示されます。

価格だけを見ると安いですが、オプションや条件などもあるので、念入りに確認して下さい。

その他、利用者の口コミもあるので、選ぶ判断材料になります。

さらに引越し見積もりを安くするには?

荷物量を減らすしかありません。

・家具家電⇒リサイクルショップに売る

・売れるものはメルカリなどで販売

この2つの手順を踏めば、荷物の量を減らせると思います。

その結果、ダンボールだけで送れるケースもあるでしょう。

関連記事⇒引っ越しの繁忙期でも安い料金で済ます方法!単身者向け

引越し先ではレンタル家電の検討も

レンタル家電の検討

引越し前に家具家電を処分して、引越し後に買いなおす場合、逆に費用がかかるケースもあります。

そんなときはレンタル家電もありです。

1年間の縛りがあるところが多いですが、トータルで購入する費用より安くなればOKです。

品物を選ばなければ、アマゾンとかで安い家具家電が揃います。

まとめ

以上が、30回以上の引越しをしてきた私がいつも行っている手順・方法です。

まとめると

・「引越し侍」で引越しの見積もり

・「くらしのマーケット」で価格をチェック

・引越し料金が高い場合、家具家電の処分の検討

※荷物がダンボールのみになることも

・引越し先ではレンタル家電という選択も

繁忙期でなければそこまで引越し金額は高くないので、引越し見積もりサイトの中から安い業者を選ぶことになりそうです。

繁忙期などで金額が高い場合は、くらしのマーケットを利用したり、家具家電を処分して料金を安くするのもいいでしょう。

関連記事

  1. 引越しや物件選びで失敗しない

    一人暮らしで初めての引越し!部屋探しで失敗しない5つのポイント

  2. 引越し出張買取

    引越し前に家具家電の出張買取を依頼したらヤバイ金額になった件

  3. 沖縄から県外へ引っ越し

    沖縄から県外(内地)に引っ越すならゆうパックが安い?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA