引っ越しの繁忙期でも安い料金で済ます方法!単身者向け

引っ越しの繁忙期でも安い

引っ越し料金を安くする方法はいくつかありますが、繁忙期ってまったく安くならないですよね?

私も引越し一括見積りを行い、その後に業者さんと交渉しましたが、まったく値段は下がらずw

[surfing_other_article id=14318]

 

ファミリー向けの引っ越しであれば、少し高くても納得できますが、

繁忙期の単身引っ越しになると、2 倍以上に跳ね上がります

※単身者の引っ越しは荷物が少ないですが、ファミリー向けの引っ越しと同じサイズのトラックを使うので、

単身者の引越し料金は高くなる傾向にあるようです。

 

そのため繁忙期では、引越しをしたくてもできない、引っ越し難民が増えてるそうです。

※引っ越しに高い料金を払えないため

そこで、私が実践した方法をはじめ、引っ越し料金を安くする方法を紹介していきます。

 

繁忙期の単身引っ越し料金がヤバイ!

 

ライフスタイルを考える

 

私が福岡から関東に・3月下旬に引っ越しをする際、引っ越し業者に見積もりを依頼したところ、

 

なんと18万円という金額に!

 

もちろん距離はあると思いますが、荷物も数点しかないのに高すぎ!と思いました。

 

元々家電はレンタルでしたので返却、大きい荷物も椅子やベッドくらいでした。

その他、数点のダンボールだけです。

 

そこで私は、リサイクルショップの利用と、粗大ごみ処分を行いました。

椅子が2000円で売れ、ベッドも600円ほど?で処分できたと思います。

その他8点のダンボールはゆうパックで送ることに。

 

ゆうぱっくに関しては、2万円かからなかったと思います。

[surfing_other_article id=22630]

 

もちろん引っ越し先で、新たに家具家電を購入したり、レンタルする必要はありますが、

引っ越し料金自体、大幅に安く済ますことができました。

これまで使っていた家具家電が古ければ、買い替えるのもよさそうです。

 

引っ越し先が近ければ、車をレンタルして、2、3名の知り合いに協力してもらって

引っ越しするのもありだと思います。

 

 

引越しのシェアサービス

 

引っ越しの繁忙期でも安い

 

引越しのシェアって何?と思いますが、

 

1台のトラックに、複数の引っ越し依頼者の荷物を運ぶサービスです。

 

ファミリーであれば荷物は多くなりますが、単身者の場合って、そこまで多くないですよね?

 

なので、トラックの空いているスペースと時間を使って、引っ越し希望者を募集することができるそうです。

※引っ越し荷物を積み込む時間と降ろす時間にずれがある利用者もいるので、

その間のスペースと時間を使って、シェアサービスを利用するそうです。

 

この引っ越し業者と引っ越し希望者をマッチングさせているのが、グライドという会社です。

スマホアプリから利用することができます。

※ただし空き時間を利用するため、時間指定はできないようです。通常料金より、3~4割安くなるようです。

 

 

くらしのマーケット

 

はじめての方へ - くらしのマーケット

出典⇒くらしのマーケットHP

 

利用したことがないサービスですが、ネットで調べてみると、格安で引っ越しできるようです。

HPを見るとわかりますが、

 

・エアコンのクリーニング

・お風呂のクリーニング

・ハウスクリーニングなどがあります。

 

この中に格安引越しサービスがあります。

個人で請け負っているので安くできるそうです。

口コミ等も掲載されているので、よさそうな方を探しましょう。

こちらもあわせて金額を確認しておくことで、一番安く引っ越しできる方法が分かります。

 

 

引っ越し見積もりの罠

 

即日お金を借りれるの?

 

引っ越しの一括見積もりや、業者に依頼した場合の見積もり金額って高くないですか?

このように、最初は高値でふっかけてくる業者は多いようです。

特に繁忙期に関しては、予約でいっぱいなので、これ以上引っ越しを請け負う必要がないのです。

そのため、「高い金額なら請け負ってもいいかな・・・」と考えている可能性もあります。

つまり、繁忙期に急に金額が上がるということは、引っ越し料金に相場がないということです。

業者次第ということですね。

ということで、繁忙期にぼったくられない方法としては、上記で紹介した方法を検討してみて下さい。

 

 

まとめ

 

本来であれば、引っ越しの繁忙期は避けたいところですが、家探しに時間がかかったり、

急な事情で引っ越すことってありますよね?

ファミリーであれば1.5倍くらいですが、単身者の場合は2倍以上に跳ね上がるケースも珍しくありません。

そこで、大きな家具を処分して・ゆうパックで発送したり、

引越しのシェアサービスを検討するのもいいでしょう。

くらしのマーケットを利用するのもよさそうです。

まずは、引っ越しの一括見積りで、どの位の金額になるか相場を把握することから始めましょう。

※引っ越しの一括見積りを利用すると、業者から電話がかかってきます。

[surfing_other_article id=14318]

関連記事

  1. 見返りを求めない

    成功者は見返りを求めない?世の中の仕組みはギブアンドテイク!

  2. 電力自由化

    電力自由化で電気料金が下がる!家族なら電力会社を変更しないと損

  3. 絶対に損をしない1人暮らし

    一人暮らし費用の内訳は?敷金・礼金・仲介手数料・生活費を確認!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事