[anaプレミアムエコノミー搭乗記]エコノミークラスにプラス10万円払う価値があるのか!?

anaプレミアムエコノミー搭乗記

どうも、anaプレミアムポイントを稼いでるマネタヌですw

anaのプレミアムエコノミーに搭乗したことがなかったので、成田⇔シンガポール間で利用してみました。

羽田シドニー間羽田マニラ間も追記

そこで、エコノミークラスとの違いから、プレミアムエコノミーの料金は高いのか、利用する価値があるのか等、私なりの感想をまとめていきます。

anaプレミアムエコノミーの料金

例として、成田⇔シンガポール間のエコノミーとプレミアムエコノミーの料金を比べてみます。

成田ーシンガポール間の料金

まず、エコノミークラスのValue料金が安い!と思いましたw

プレミアムエコノミーの料金と比べると、片道でだいたい5万円ほどの違いがあります。

往復だと10万円ですね。

もちろん時期や距離によっては、エコノミークラスよりも10~20万円ほど高くなるケースもあります。

そこで、プラスで10~20万円払ってまで、プレミアムエコノミーを利用する価値があるのか気になりますよね?

ANAラウンジが使える

プレミアムエコノミーを利用すると、ANAラウンジが利用できます。

ANAラウンジ成田国際空港

ANAラウンジで軽食

出発まで2時間以上あると暇ですよね?

そういう時にラウンジを利用できると助かります。

搭乗時はあくまでエコノミークラス

これが一番残念だと思った瞬間でしたw

搭乗の順番は、

⇒ファーストクラス利用者・ダイヤモンドメンバー

⇒ビジネスクラス利用者・スターアライアンスメンバー

⇒エコノミークラス利用者

となっています。

個人的に、エコノミークラスの前に優先搭乗があることを期待してました。

しかし!、スターアライアンスメンバーでない限り、普通にエコノミークラス利用者と一緒に列に並びますw

プレミアムエコノミークラスは列に並ぶ

プレミアムエコノミーの座席は広い

これまで、多くのブログでプレミアムエコノミーの写真を見ても、本当に座席が広いのかよく分かりませんでした。

しかし!国際線に乗る前に、福岡⇒成田間で国内線の普通席に座っていたのですが、

福岡⇔成田間のana普通席

 

その後に、プレミアムエコノミーの座席に座ると、確かに広い!と感じましたw

anaプレミアムエコノミー搭乗記

前後・左右の距離は少し狭くなりますが、国内線のプレミアムクラスの座席に近いような印象を受けました。

スリッパも付いています。

また、プレミアムエコノミーの座席を選ぶ際、前列か後列か迷いますよね?

プレミアムエコノミー前列の座席

行きは後列の通路側、帰りは前列の通路側に座りましたが、どちらがおすすめなのか断定できませんでした。

前列は、足が伸ばせるのがよかったです。

後列は、前の座席の後ろ側に小物を置ける、リクライニングを思いっきり倒せるというメリットがあります。

ただし他の路線で、前列でモニターが壁についてなく、椅子から取り出すタイプの場合がありました。

プレミアムエコノミーモニター

離発着時にモニターを収納する必要があるので、その間モニターを利用できない状態になるので、この場合は後列がおすすめです。

ビジネスクラスのトイレは使えない

路線によって異なりますが、後方にあるエコノミークラスにあるトイレを利用しなくてはいけません。

ビジネスクラスとの区切り

前方にもトイレがありますが、カーテンを閉められ、ここから先はビジネスクラス専用というカードがぶらさがっていますw

デザートやアイマスクなどがもらえる

プレミアムエコノミーは、ビジネスクラスで余ったデザートがもらえます。

プレミアムエコノミーデザート

そばやコーンスープも注文できます。

アイマスク、耳栓、マスクなども、もらえます。

機内食が早めに配られる

エコノミークラスの中でも、早めに機内食が配られるので、食べたいメニューが完売!ということはありません。

anaプレミアムエコノミー機内食

エコノミークラスよりも少し早く降りられる

優先搭乗は残念でしたが、エコノミークラスよりも前に座席があるので、エコノミークラスよりも少しだけ早めに飛行機から降りることができます。

anaプレミアムエコノミーまとめ

確かに座席に関しては、エコノミークラスよりも断然快適に過ごすことができました。

優先搭乗に関しては残念でしたが、スターアライアンスメンバーになっていれば、早めに搭乗できます。

今回利用した機体では、プレミアムエコノミー利用者の8割が、スターアライアンスメンバーでした。

後は、距離や金額によっては、ビジネスクラスにしたり、エコノミーを選択するのがいいでしょう。

個人的に、2~3時間ほどの距離であればエコノミークラス、6時間以上であれば、プレミアムエコノミーかな~という結論です。

追記:羽田ーシドニー間のプレミアムエコノミー

2017年11月に、羽田ーシドニー間でプレミアムエコノミーを利用したので、所感を追記します。

2列しかない!

プレミアムエコノミーが2列

通常のプレミアムエコノミーというと、3列あるというイメージがありませんか?

しかし羽田ーシドニー間のプレミアムエコノミーは2列しかありませんでした。

SFCメンバーであれば、エコノミークラスを予約していれば、無料でプレエコへアップグレードする特典があります。

しかし!2列しかないので、通常のプレエコの予約だけで席が満席になってしまいます(悲)

私も普通にプレミアムエコノミーで予約しましたがw

ビジネスクラスで余ったデザートなし

プレエコと言えば、ビジネスクラスで余ったデザートがまわってきますよね?

しかし!羽田ーシドニー間ではまわってきませんでしたw

ただ、「どんべえやサンドイッチの軽食はいかがですか?」と言われたので、軽食は食べれるようです。

その他、前列の画面は、壁に埋まってるタイプではなく、取り出すタイプでした。

追記:羽田ーマニラ間のプレミアムエコノミー

2018年9月に、羽田ーマニラ間でプレミアムエコノミーを利用しました。

羽田⇒マニラ

羽田⇒マニラ

今回の便は、NH869便です。座席は2-3-2の2列でした。

しかも、事前にプレミアムエコノミー席は販売されてなかったので、SFCメンバー、ANAプラチナ・ダイヤのアップグレード用で、用意されていたものと考えられます。

私は24時間前にエコノミーからプレエコに座席を変更できましたが、1席だけ空席があったので、直前でもアップグレードできたかもしれません。

マニラ⇒羽田

マニラ⇒羽田プレエコ

NH870便、こちらはプレエコを販売していたようで、24時間前に座席をアップグレードする予定でしたが、すべて満席の状態でした。

しかし空港カウンターで、1席だけ空いていたようで、プレエコへアップグレードしてくれました。

去年ダイヤにしておいてよかったと思いましたw

結論!プレミアムエコノミーですが、路線によって若干使用が異なるので、予約する前に確認しておいた方がよさそうです。

※ANA関連記事

2017年にANAプラチナ会員に到達!プレミアムポイント獲得を振り返る

ANAマイルの裏ワザ|お得な貯め方と使い方!失効を防ぐには?

ANAビジネスクラス搭乗記2017年[羽田⇔クアラルンプール]

関連記事

  1. ANAマイル何に使う

    ANAマイルは何に使う?国内・国際線特典航空券が一番お得な使い道!

  2. ANAのプラチナ会員を獲得

    2017年にANAプラチナ会員に到達!プレミアムポイント獲得を振り返る

  3. ANAが台風で欠航!

    ANAが台風で欠航?予約変更できる?返金になる?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事