1. TOP
  2. キャッシュレス決済の種類と利用するメリット!選ぶ基準は?

キャッシュレス決済の種類と利用するメリット!選ぶ基準は?

2019/01/13 更新日:2019/01/13 マネ得情報
 
キャッシュレス決済の種類と利用するメリット

2019年になり、ようやく日本でもキャッシュレス決済が普及しそうです。

そのきっかけとなったのが、消費税10%時のポイント還元や、papayの20%還元キャンペーンなどです。

 

最近ではキャッシュレスと聞くと、paypayのようなスマホ決済をイメージする人が多いですが、クレジットカード払いや電子マネーも該当します。

そこで、キャッシュレス決済の種類と利用するメリット、一体どんな使い方をすればいいのか紹介していきます。

キャッシュレス決済の方法

 

大きく分けると3種類あります。

 

クレジットカードのような接触系

 

リボ払いと分割払い

 

端末にクレジットカードを差し込み、暗証番号を入力して・決済が完了する仕組みです。

 

 

電子マネーのような非接触系

 

電子マネー決済

 

楽天edyやidのように、端末にかざすだけで決済が完了する仕組みです。

 

駅の改札で利用しているsuica(スイカ)が分かりやすいでしょう。

 

 

コード型

 

PayPayの支払いで20%還元キャンペーン

 

2019年に急速に拡大しそうなキャッシュレス決済です。

スマホでアプリを立ち上げて、QRコードを読み込んで決済する仕組みです。

paypay、楽天ペイ、LINE Payなどがあります。

 

 

キャッシュレス決済の種類

 

こちらも大きく分けて3種類あります。

 

前払い方式

楽天edyやSUICAのように、事前にチャージ(入金)してから、支払う方法です。

 

・PayPay、LINE Pay

※paypayは後払いもできます。

・電子マネー(suica、ナナコカード)など

 

お金を使い過ぎる人は、月の初めにチャージ(入金)して、その範囲内で生活するのもいいでしょう。

 

即時払い

デビットカードのように、銀行残高の範囲内で決済できる仕組みです。

 

後払い方式

クレジットカードのような仕組みが後払い方式です。

その場でお金を払う必要はありませんが、後日クレジットカード会社から請求され、指定の口座から使った金額分、引き落としされます。

 

・クレジットカード

・電子マネー(id、Quicpar)

・楽天ペイ、ドコモのd払いなど

 

 

キャッシュレス決済のメリット

 

クレジットカードの使い方

 

一番のメリットは、ポイントが貯まることです。

 

すべて現金でお支払いしている人は、毎年10万円以上も損をしていると言われる時代です。

例えば

クレジットカードを使うと、100円で1ポイントもらえるとします。

10万円で1000ポイント。

この1000ポイントで1000円分の買い物ができるなら、ポイントをゲットしたいですよね?

利用する金額や、もっとポイントがもらえるサービスを利用していれば、年間10万円以上お得になります。

 

クレジットカードの場合は、良い方で2~3%のポイント還元ですが、今年人気のスマホ決済であれば、5%以上のキャンペーンを実施する可能性はあります。

 

 

2番目のメリットは、何と言ってもお支払いが楽ということです。

 

荷物が多い時に、わざわざ財布を出すのって面倒ですよね?

しかも小銭でお支払いしようとして、お金を落としてしまうケースもよく見かけます。

最悪、手が入らない隙間に入ってしまったり・・・

 

 

一方で外国の場合、財布を出して・盗まれるケースもあります。

このようなリスクを考えると、キャッシュレス決済は便利でしょう。

最悪、クレジットカードを不正に利用されても、カード会社が保障してくれるので安心です。

 

 

おすすめのキャッシュレス決済とは?

 

キャッシュレス決済の種類と利用するメリット

 

毎月かかる光熱費や家賃などはクレジットカード払いにして、日常的な買い物を、スマホ決済や電子マネーで済ますのがおすすめです。

 

まず、毎月かかる固定費をクレジットカード払いにすることで、ポイントが貯まり・毎月の固定費をご利用明細一覧で確認できます。

 

一方で、コンビニやスーパーなど、スマホ決済や電子マネーが使えるところでは、スマホ決済か電子マネーのどちらかを利用しましょう。

ポイントがより多くもらえるサービスが理想的です。

スマホ決済に関しては、まだ対応していない店舗も多いため、生活圏内で利用できるお店の多いサービスを探しましょう。

 

 

消費税10%時のポイント還元

 

税金面での優遇制度

 

まだ確定ではないと思いますが、消費税が10%になった時に以下の様なキャッシュレス還元があります。

 

・中小小売店:5%

・大手系列チェーン(外食・ガソリンスタンドなど):2%

※2019年10月~2020年6月

※医療機関、金券、住宅、自動車などは対象外

 

何にせよ、現在現金払いが主な人は、徐々にキャッシュレスに移行した方が得策でしょう。

 

余談:楽天がスタジアムをキャッシュレス化

 

スポーツ観戦

 

最近では楽天が、野球場・楽天生命パーク宮城とサッカー競技場・ノエビアスタジアム神戸の試合で、開幕からキャッシュレス化すると発表。

お支払方法は電子マネーとクレカになるようです。

スタジアムでのチケット、グッズ、飲食物に関しては、楽天ペイ、edy、クレカ、デビットカードでの決済になるようです。

 

 

まとめ

 

嫌でもキャッシュレス決済が広がっていきそうです。

徐々に、現金が使えないお店も増えていくでしょう。

その結果、コンビニの現金強盗とか無くなりそうですね。

おすすめのキャッシュレス決済ですが、固定費をクレジットカード、日常的なお支払いをスマホ決済か電子マネーにすると、分かりやすいです。

サービスに関しては、ご自身の生活圏内で利用できるお店が多い決済手段を利用しましょう。

ヨドバシなどの家電量販店では、paypayが人気ですね。

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

キャッシュレス決済の種類と利用するメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • 沖縄から県外へ引っ越し

    沖縄から県外(内地)に引っ越すならゆうパックが安い?

  • ふるさと納税佐賀県

    ふるさと納税はお得!特産品がもらえて住民税から控除される仕組み!

  • ローソンをお得に利用

    ローソンをお得に利用する4つの裏ワザ!ロッピーとクーポンが鍵に

  • ゴーゴーカレー

    ゴーゴーカレーを安くお得に食べる方法3選!

  • ふるさと納税でamazonギフト券など

    ふるさと納税でamazonギフト券を発見!期間限定のチャンス!

  • ヒューロムスロージューサーH-AA

    ヒューロムスロージューサーH-AAは人参ジュースに最適!価格と使い方は?