EdyとIDはややこしい!使い分け方法はどうする?違いは?

一括払いと分割払い

どうも、edyとidをよく使うマネタヌですw

最近では、EdyとIDの一体型クレジットカードが増えています。

私も一体型のカードを使ってますが、ややこしくありませんか?

店員:「お支払い方法はどうされますか?」

私:「Edyで」

と答えても、「テンテン」という音が鳴り、ID決済されることがよくありますw

そこでEdyとIDの違いから使い分け方法まで紹介していきます。

EdyでID決済されないために

コンビニ店員

Edy(エディー)」と言って、ID決済されることはありますが、

ID(アイディー)」と言って、Edy決済されることはありませんよね?

そこでedyを利用する際に、

わざわざ「楽天edy」と言っても、コンビニの外国人店員さんはid決済をしましたw

そこで、間違えそうな店員さんには、あらかじめ「楽天」のみを伝えるとよさそうです。

EdyとIDの違い

edy・idの違い・使い分け

Edy:事前にedyにお金を入れて、その金額の範囲内でお支払いをする先払い方式(プリペイド)です。

ID:クレカのように使える後払い方式(ポストペイ)です。

簡単に言うと、

・edyはsuica(スイカ)のように事前にチャージする必要があります。

・IDは、クレカのように使えるということです。

edyを利用するメリット

そもそも事前に入金する手間が必要なら、「現金で払えば・・・」と思いますよね?

それでも、レジでお釣りをもらわずに決済できるのは便利です。

何より使っているカードによってポイントが貯まるのもメリットです。

ANA SKY WEBedyでポイント

私はANAマイルを貯める目的で、スーパーフライヤーズカードを使用しています。

関連記事⇒ANAカードからスーパーフライヤーズカードへ切り替え

微々たるものですが、セブンイレブンやローソン、ミニストップなどでもedy決済でマイルが貯まっています。

※オリックスレンタカーはクレカ払いです。

その他のedyのメリットですが、クレジットカードを使い過ぎないという点です。

クレカは手元に現金がなくても気軽に使えるので、その行為を制止する役割にもなります。

edyにチャージした金額の残高が少なければ、その分使ったことが分かるからです。

IDを使うメリット

クレジットカード決済をすると、サインが必要だったりと手間がかかることもあります。

しかしidの場合、専用の端末に置くだけで、簡単に決済できます。

この違いですw

ただし、id決済でも1万円を超えた場合、サインを求められたことがありました。

この場合のみ、クレカと変わらないと思いましたw

edyとidが併用するメリット

まだまだid決済は可能ですが、edy決済が利用できないお店もあります。

一方でお会計の時、edyの残高がなかった場合、id決済に切り替えることもできます

発音次第でよく間違われることもありますが、併用するメリットはあると思います。

スマホ決済アプリPAYPAY

SIMフリー対応のスマホ

ようやくedyやidが当たり前に使われるようになってきたところで、スマホ決済アプリが登場してきました。

最近ではpaypayで100億円キャッシュバックキャンペーンが行われていました。

PayPayキャンペーン第2弾が決定!ファミマやミニストップでも使える!

現在、edyやidをはじめ、スイカなど、様々な決済手段があります。

ただし、わざわざ対応したカードを持ち歩くは面倒ですよね?

結局、最終的にはスマホ1台で集約される時代になると思っています。

edyやidも、その準備段階だったのかもしれません。

まとめ

時代は変化してスマホ決済の時代になると思いますが、まだまだedyとidは使われると思います。

どちらの支払い方法が良いのかと聞かれると、所持しているクレカでポイントが貯まる方という結論になります。

もちろんお支払いの際に、edyと言ってもid決済されてしまうのはややこしいですが、併用しているメリットもあるのは確かです。

edyでお支払いする際は「楽天で!」と伝えましょう

※関連記事

楽天edyをスーパーやコンビニで使わない人は損をする?

私が作った三井住友ANAワイドゴールドの審査期間や状況を解説

関連記事

  1. 貯蓄の大切さ

    お金の大切さが分かる5つのストーリー、困窮しない為に!

  2. 神様はバリにいる

    成功したお金持ちの考え方を学べ!【神様はバリにいる】映画の感想

  3. 世界のお金持ち

    世界のお金持ち3人の仕事・職業は何?考え方と行動力を学べ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事