1. TOP
  2. 僕たちの人生がうまくいかない原因はリミティングビリーフだった

僕たちの人生がうまくいかない原因はリミティングビリーフだった

2018/05/27 更新日:2018/05/27 お金の考え方
 
人生うまくいかない

人生うまくいってる人を見ると羨ましいですよね?

しかし現在、人生がうまくいってなくても、今回紹介する方法で変わることができます。

「なぜあいつはトントン拍子に出世していくのか?」

「同じセミナーに出たのに、なんであの人は成功できたのか?」

気になる答えを探した結果、ようやく1つの結論にたどり着いたので紹介します。

アンソニーロビンスの考えを参考にしています。

僕たちはプログラミングされてる?

30代貧困格差

現在のあなたは、幼少期に家庭で育てられたプログラムを元に、多くの人たちと関わりながら、社会で生活しています。

つまり、幼少期にプログラミングされた考え方でほとんどの人は生きています。

このプログラミングには、正しい・正しくないというものはありませんが、世間であなたが成功したり、あなたの願望を叶えるのに大きく関わっています

各家庭でプログラミングされること

例えば、

「身だしなみをきちんとしなさい」と言われ続けた子供は、だらしない恰好をしなくなります。

「あなたはダメな子」と言われ続ければ、拗ねて、自分に自信がもてなくなるでしょう。

「家の家業を継ぐことが当たり前!」と言われ続ければ、高校を出たら家を継ぐ人も多いはず。

感情面でのプログラミング

怒りっぽく・怒鳴る人もいれば、内気で大声を出したり・相手を怒れない人もいる。

自分の意見をズバズバ言える人もいれば、無口な人もいる。

例を挙げればきりがないですが、感情・行動は各家庭でプログラミングされます。

例えば、家庭内ですぐ怒るのは子供っぽく、怒らずに堪えるのが正しいと言われてきたら、怒ってはダメ!とプログラミングされます。

「殴られたら、殴り返せ!甘くみられるな!」と言われてきたら、喧嘩っぱやい人になるでしょう。

このように、幼少期に親から言われたことで違いが出てきます。

学校でいじめが起こる理由

子供が学校へ行くようになると、各家庭でプログラミングされた子供が1ヵ所に集まります。

もちろん各家庭のルールは異なるので、考え方や意見が違うのは当たり前です。

例えば、話すのが好きな子供が、静かな子供に話しかけ、「ゴニョゴニョ」と何を言ってるのか分からない・期待していた反応が返ってこなかったとします。

その時、「なんだこいつは!」という感情がわき、敵意さえ感じます。

もちろん、価値観に正しい・不正解というものはありませんが、ある人にとっては、それが気に入らないので、いじめにつながるのでしょう。

類は友を呼ぶ

類は友を呼ぶという格言のように、同じような考えの人達でグループを作ります。

ちなみに、嫁と姑の関係がうまくいってる場合は、幼少期にプログラミングされた家庭のルールが近いという特徴が挙げられます。

 

僕たちの行動の源は親の愛情獲得戦略だった

家族連れ

赤ちゃん、子どもの頃って、親にかまってもらいたいですよね?

自分の後に兄弟が生まれると、かまってもらえる機会が減り、拗ねた人もいるでしょう。

もちろん大人になってからも、親に仕送りをしたり、温泉へ連れて行ったり、孫を見せに行ったりと、何かしら親孝行してるはずです。

つまり、年齢に関係なく、僕たちは親に愛されるための行動を自然としているのです。

独眼竜政宗のケース

政宗の母親は、弟の方をかわいがり、政宗を嫌っていました。政宗は、小さいころからずっと母親に愛されたいという気持ちがあったようです。

関ヶ原の戦いでは、自身の領土を広げるチャンスでしたが、嫌われていても・母に対する愛情は変わらず、母親の窮地を助けに行きます。

よく男性に、「彼女と母親の2人が溺れた場合、どちらを助ける?」という質問をした場合、「母親」と答える人が多いんだとか。

リミティングビリーフは危険!

〇〇しないとおかしい!」、「〇〇しなければだめだ!」という考え。

一見、いい方向に進めば、うまくいきそうな考え方ですが、リミティングビリーフになってしまいます。

リミティングビリーフとは、「こうあるべき」、「こうすべき」という制限された考え方です。

例えば、今ではライターで火をつけれまずが、「俺はこの木をこすって火をつけてやる!」というようなものです。

愛情獲得戦略がうまくいくことも

例えば、「金持ち父さん貧乏父さん」の物語の様に、小さい頃からお金の稼ぎ方を学んでいれば、雇われなくても、お金を稼いで金持ちになれるかもしれません。

一方で、「大学を出て・良い会社に入ることがすべてだ」と教え込まれた人の中には、実際に良い会社に入っても、「自分のやりたいことではなかった」と思って辞める人もいれば、最悪リストラされるケースもあります。

高度経済成長期で、大量消費・大量生産の時代では、確かに良い会社に入れば、一生安泰かもしれませんが、今の時代は違います。

よく学校の授業をさぼったりした人の中で、起業して成功した人も少なくありません。

それは、みんな同じ様な勉強をして・同じような考え方を身に着けよう!という枠組みから外れたのが良かったのかもしれません。

 

変わりたいけど変われない?

お金持ちと貧乏人の違い

よく、今の自分から「変わりたいけど変われない」って言う人が多いと思います。

なぜなら、各家庭でプログラミングされた「リミティングビリーフ」が、邪魔をしてしまうから。

せっかく変われるチャンスがあっても、自分には「ダメだ、無理だ」と思って諦めてしまうのです。

ただし、今の価値観のままで生きていたら、これからも同じ現実が続くだけです。

 

素直な人が成功する理由とは?

お金が貯まる

同じセミナーを受けたり、同じ塾に入っても、成功する人っていますよね?

会社でも、うまく立ち回って、順調に出世していく人もいます。結局、この違いは何なのでしょうか?

戦略をうまく取り入れてるだけ

端的に言えば、これまでの考え方にこだわらず、新しい考え方を取り入れられるということだけです。

例えば、現在年収が1000万円で、年収3000万にするためにセミナーへ参加してると仮定します。

せっかくセミナーに参加しても、「なんだ、これだったら今のやり方の方が自分にあってるな。今回の内容は不要だ!」

というように、せっかく新しいものと出会っても、拒否反応を起こしてしまうのです。

一方で素直な人は、「このやり方面白いんじゃないかな?やってみよう♪」というように、得たい結果を見据えて取り組んでいます

得たい結果にフォーカスする

もちろん、今の人生のまま生活したいのであれば、今の価値観のままでいいでしょう。

しかし、「もっとお金が欲しい!」、「もっと自分の才能を活かせる場で働きたい」というように、現状を変えたいという様々な願望がありますよね?

そのためには、得たい結果にフォーカスし、気軽にやってみましょう。

たとえば、お金を稼ぎたいのなら、自分よりも稼いでる人のやり方に触れてやってみる。

自分の才能を活かしたいなら、自分の興味のある分野で働いている人と接触したりと、何かしらの行動を起こす必要があります。

学校の教育が役に立たない理由とは?

よく学校で勉強したことが無駄だったという意見が多いですよね?

その理由は、学んだ知識を使わないから。英語を学んでも、実際に海外に行ったり・外国人と話さないと使わない。

数学でオメガの様な公式を知っても、使わない。

このように実際に使わないので(必要ない)、忘れてしまうのです。もちろん、学校の先生や塾の講師になるのであれば必要ですよね?

まずは実際にやってみる

会社やセミナーでも、新しく学んだことは試してみるのがいいでしょう。ここで試さないと、結局知識として蓄積されるだけ。

学校の勉強も、学びの場と言うよりは、ほとんど暗記です。そして実際に活用しないので、意味がないということです。

そして、会社やセミナーで学んだことを実践してみた結果、自分にあわないのであれば、辞めるのもありでしょう。やらなければ何も始まりません。

これが、素直な人が成功すると言われている理由です。

 

リミティングビリーフを取り外せ!

辺見まり洗脳

家庭内でプログラミングされたことは、家庭内で機能します。そして学校を出るまでは、親がサポートしてくれるので、そこまで違和感を感じないでしょう。

しかし社会に出ると、そのルールが通用しなくなるケースが多いです。

そのため、家に引きこもったり、人生はつまらないと感じたり、「いいことないな~」と思う人も少なくない様です。

そこで、これまで親から言われた価値観だけでなく、「どういう自分になりたいのか?」、「どういう人生を送りたいのか?」ということを考え、その結果にフォーカスして・新しい価値観を取り入れる必要があります

この新しい価値観を受け入れるために、両親から言われたことが、「すべて自分に正しかったわけではない」ことに気づく必要があります。

例えば、小さいころから「公務員になりなさい!」と両親から言われてたとします。

しかし本当は、プロの料理人になりたかった場合、毎日がつまらなく・不幸な状態になっていまいます。もちろん公務員になれば両親は喜びますが、それは、もはや自分の人生ではないのです。

 

道に迷った時は感情が教えてくれる

ゆとり教育とゆとりローンの弊害

私も、感情に従って、人生が良い方向に向かった経験は何度もしています。

例えば派遣の仕事。最初の1年間は楽しく仕事をしてましたが、このまま続けていては何か自分がダメになるような感じがして、別な仕事にチャレンジしました。

その時、感情が「今の仕事を長くやっていてはダメだ!」と教えてくれたんだと思いますw

楽しく・ワクワクする感情

自分の好きな仕事をしている人は、お金を稼ぐことはもちろん、寝食を忘れて仕事をしていますよね?

ヒカキンもその1人だと思います。

ただし、初めから自分のしたいこと・好きな事が分からない人もいるでしょうし、初めから好きな仕事で生活するのは難しいかもしれません。

そういう場合は、視野を広げて趣味を増やしてみるのもいいですし、セミナー等に参加するのもいいでしょう。

その内、自分の才能が発揮できる職場・仕事が見つかるかもしれません。

サラリーマンはイライラしている?

もちろん、楽しく仕事をしているサラリーマンの方もいますが、「早く辞めて別な仕事がしたい!」、「早く引退してのんびり暮らしたい」という人が多いようです。

私のサラリーマン時代もそうでしたw

もしも感情がイライラしている場合、あなたの才能が活かせない職場にいる可能性があります。

だからと言ってすぐに辞めてしまうと、生活ができなくなるので、サラリーマンを続けながら視野を広げて・才能を活かせる分野を見つけましょう。

 

あなたの価値観は間違っていない

キャッシング安心

もちろん、幼少期からプログラミングされた考え方は、正解でも間違っているわけではありません。

現在、あなたの感情が「楽しい!ワクワクしている♪」のであれば、正解だと言えるかもしれません。

しかし!現状がつまらなく、変わりたいのであれば、新しい価値観を取り入れる必要があります。

その新しい価値観を取り入れる際に邪魔をするのが、幼少期からプログラミングされたリミティングビリーフ。

このリミティングビリーフですが、親から愛されるという執着を捨てることで、解放されるようです。

もちろん、あなたの為を思ってアドバイスをしてくれますが、その両親の考えも、両親から伝授されています。

同じような時代が繰り返せば、その考えは通用するかもしれませんが、時代は変わっていくものです。

あわせて、「〇〇しないといけない」というようなリミティングビリーフからも解放される必要があります。

 

自分の才能を発揮するために

離婚後も楽しい生活を送れ

本当はプロの料理人になりたいのに、親から言われるがまま公務員をやっていたら、才能が発揮されずに終わるでしょう。

こういう場合は、両親から嫌われても、きちんと「俺は料理人になりたい!」と伝えるべきです。

よくドラマでは、「勘当だ!」というシーンがありますがw、自分の願望や欲望を制限してはいけません。

すぐに理解してもらえなくても、理解される日はきっと来るはずです。

その他、「長男だからしっかりしないと」という考えもありますが、これもリミティングビリーフになるそうです。

 

まとめ

私も最初、この考え方に触れた時、「本当?」と思いましたが、最近では腑に落ちてきました。

1つ言えることは、新しい価値観を取り入れなければ現状が続くだけです。

視野を広げるとともに、「今の生活が楽しいのか?」、「ワクワクしているのか?」、感情を抑圧せずに・素直な気持ちで聞いてみましょう。

※関連する記事

お金持ちと貧乏人の決定的な考え方の違いとは?

年収を上げるには運動と栄養の摂取が必須!【健康とお金の関係】

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

人生うまくいかない

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • 儲け話・自慢

    他人に儲け話はするな!心理学のゼロサムゲームから分かること

  • 見返りを求めない

    成功者は見返りを求めない?世の中の仕組みはギブアンドテイク!

  • お金の不安から解放される

    お金の不安から自由になるために今すぐできる4つのステップ!

  • お金の本

    人生を変えたい!絶対に読んでおきたいお金の本5選!

  • 生きたお金の使い方5選!決してネガティブな感情は抱かないで!

  • 医療費控除対象外

    医療費控除で対象になるもの|対象外になるもの一覧