与沢翼のタイ・バンコクでの生活がヤバイ!〇〇を2つも所有

与沢翼がタイのバンコクに

与沢翼のタイ・バンコクでの生活がヤバイ!〇〇を2つも所有という内容を紹介します。

2019年半ば、与沢翼さんはタイのバンコクに滞在していました。

現在はドバイに戻っており、タイにいる間に、マレーシアやフィリピンのマンションを買っていたようです。

そこで、タイ・バンコクにいる間の与沢翼さんの生活を、かみひとえという番組を参考に紹介します。

与沢翼がタイのバンコクで購入したマンションは2つ

与沢翼さんがバンコクで購入したマンションと言えば、

リッツカールトンレジデンスが有名です。

実は、もう1つ購入していたので、あわせて紹介していきます。

リッツカールトンレジデンス バンコク

リッツカールトンレジデンスバンコク

出典:ザ リッツ カールトン レジデンス バンコク – 海外の不動産・賃貸情報

出典サイトを参考にすると、

・完成:2017年

・総戸数:200戸

・階数:77階建て(高さ207m)

※バンコクで一番高い建物

・最寄り駅:BTSチョンノンシーから徒歩1分

とあります。

賃貸で貸してるところもあるようです。

ちなみに与沢さんが購入した部屋は

・66階

・購入価格:2億6000万円

・広さ:195㎡

・間取り:2LDK

※57階以上はプレミアム住戸で仕様がハイクラス

タイのバンコクではスカイレジデンスが希少なようで、与沢さんが購入した部屋は

なんと!5億円まで跳ね上がっているようです。

リッツカールトンレジデンス バンコクですが、完成してから人気になったようで、

富裕層が欲しがっているんだとか・・・

バンヤンツリーレジデンス バンコク

バンヤンツリーレジデンスバンコク

出典:Banyan Tree Residences Bangkok Riverside バンヤンツリー

出典サイトを参考にすると

・完成:2018年第4四半期

・総邸数:133邸

・階数:45階

・広さ:69.4~838.7㎡

チャオプラヤ川沿いにできた建物です。

与沢さんがバンコク滞在中に書斎として使っていたマンションです。

・25階

・購入価格:2億1,000万円

・広さ:178平米

・間取り:2LDK

※プライベートエレベーター付き

タイのバンコク以外にも、パタヤの別荘を1億4000万円で購入しています。

与沢翼は日本の不動産も購入していた

与沢翼が日本で購入したマンション

出典:パークコート赤坂檜町ザタワー|高級賃貸のプロパティバンク

赤坂にあるパークコート赤坂町ザタワーを約4億円で購入していました。

出典サイトを見ると、36階部分なら70万円/月で借りれるみたいですねw

与沢翼が「かみひとえ」で語っていた内容

現在の仕事は個人投資家

株・社債・保険・仮想通貨・投資ファンドに投資しているようです。

5億円以上預けると利用できるプライベートバンクを所持。

11億円ほど入っていましたw

与沢翼のプライベート口座に入っている金額がヤバイ

世界6ヵ国で30口座ほど所持しており、それぞれに5,000万円~1億円以上あるそうです。

タイでもカシコンバンクに1829万バーツ入金していました。

シンガポールでは国賓扱い?

シンガポールのカジノで5億円勝って、4億2000万円負けたんだとかw

チャンギ空港では、大統領が使用する特別イミグレーションを利用できる国賓クラスの扱いを受けていたそうです。

与沢翼がおすすめの投資先は?

社債をすすめていました。

年利6.375%の社債を買っており、何もしなくても、年間約9700万円はいってくるそうです。

与沢翼さんがもっている不動産をすべて売却し、社債にした場合、リスクはありますが

何もしなくても年間4億円近く入ってくるそうです。

ただし、一般的には株に投資をした方がいいと話していました。

まとめ

与沢翼さんが購入した不動産ですが、40戸で合計約45億円になるそうです。

今後も価値が上昇すれば、資産はどんどん膨れ上がりそうですね。

結局のところ、お金を稼いで投資する!という定番の流れが最強かもしれません。

人気記事⇒[1億円の作り方]年代別!お金を増やす資産運用術とは?

人気記事⇒空き家は解体しないと売れない?築年数が古い戸建てでも売却できる?

関連記事

  1. 与沢翼不動産リッツカールトン

    【労働奴隷からの解放】与沢翼の仕事・収入に対する考え方まとめ!

  2. 与沢翼のFX手法とは?

    与沢翼のFX手法は稼げる?結局〇〇に慣れることが重要だった件

  3. 与沢翼がドバイに移住

    与沢翼がドバイに移住して総資産が〇〇億円!何で稼いだの?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA