ローソンの深夜無人店舗化は流行る?今後のコンビニの未来図に

ローソンの深夜店舗無人化実験

実験的に一部の店舗で、ローソンの深夜無人店舗化が行われています。

その様子をガイアの夜明けと言う番組で放送していました。

コンビニの無人店舗化が進む背景には、コンビニの人手不足+お客の少ない夜間は人件費が売り上げを上回ることが上げられます。

まだローソンの深夜無人店舗化が始まって間もないですが、その仕組みや利用者の反応はどうなのでしょうか?

コンビニの無人化は当たり前になっていくのでしょうか?

ローソンの無人店舗化の仕組み

まずローソンの無人店舗化への改装費用ですが、本部が出してくれるようです。

実験中は、完全に無人化するわけではなく、バックヤードにローソンの店員さんが1名控えていました

無人店舗に入るには?

店舗が無人化しているので、誰でも入店出来たらセキュリティが甘くなります。

そのため、以下のいづれかの操作をしないと、入り口が開かない仕組みになっています。

無人のローソンに入るための3つの操作

・アプリでの操作

・常連客カードの使用

・入り口での顔認証(写真撮影)

アプリでの操作が簡単そうですが、誰でも入店できる顔認証もあるので、スマホ操作が苦手な人でも安心です。

防犯カメラの数がヤバイ

店内入口の側にはモニターが設置されていて、お客さんも、そのモニターを見ることができます。

さらに防犯カメラも29台設置されており、

ローソンの店員さんがバックヤードから店内の様子をくまなく見ることができます。

ホットスナック類・コーヒーは利用不可

基本的に、レジの側に置いてある焼き鳥類やホットドッグなどは利用できません。

ローソンコーヒー等の機械も使えないようです。

お酒・タバコ類の販売は中止

飲酒運転

無人店舗化の時間帯は、年齢確認できる仕組みが整っていないので、お酒・タバコは販売中止になっています。

お会計は無人のセルフレジで

当たり前ですが、会計時は無人のセルフレジを使用します。

スーパーでも無人レジは増えているので、珍しくないですよね?

トイレは使えるの?

トイレの使用をどうするか迷ったそうですが、トイレは使えます。

ローソンの無人店舗化の利用者の反応

まずは入り口で戸惑う人が多いようですw

深夜はローソンに入れない?

最初は顔認証で入る人が多いようです。

無人店舗の時間帯は利用者が減る?

常連のお客からしたら、セルフレジで自分で会計をするのが面倒という人も多いようです。

しかし!それでも別の店舗へは行かず、セルフレジの利用が当たり前になっていくようですw

一方で、お酒やタバコをメインで買いに来るお客さんの場合、何も買わずに出ていく人も少なくありません。

欲しい商品が買えないのですから・・・

人がいない方が良いという声も

確かにお酒やタバコをはじめ、レジ近くにある温め商品は購入できませんが、その他のものは買えるので、

特に不便は感じていないようです。

最近では、コンビニのレジ対応に不満を感じるお客さんも少なくありません。

あのヒカキンも、レジでの対応に怒っている動画がありましたw

一方で、人見知りなので、人がいない方が良いという意見もありました。

無人店舗化で売り上げは落ちるけど

そもそも深夜の時間帯はお客が減るので、売り上げが少なくなります。

その結果、人件費が売り上げを上回る店舗がほとんどの様です。

なのでコンビニオーナー目線では、無人店舗化はある意味成功だと考えてるいるようです。

まとめ

ローソンの深夜無人店舗化ですが、まだ実験段階なので、今後普及するか分かりませんが

アメリカでもコンビニの無人化は増えているので、日本でも当たり前になっていきそうです。

そもそも、深夜無人化するより、深夜は閉店した方が良いという意見もあります。

ただしその場合は、コンビニオーナー目線では、他のコンビニや店舗にお客を奪われるという不安があるそうです。

個人的には、コンビニの商品単価が高いので、遅くまで開いているスーパーを利用していますがw

関連記事⇒24時間営業は必要か?やめるべき?日本が抱える問題がヤバイ件

関連記事

  1. 日本のバブル期はウハウハ

    札束が飛び交った日本経済のバブル期とは?

  2. 地方移住

    月4万円の定額で複数の場所に住めるコリビングサービスがヤバイ!

  3. 学費費用

    子供が高校卒業までにかかる学費と学校外費用で1770万!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事