日本人は借金が嫌い!国が借金をアピールする衝撃の理由がヤバイ!

日本人は借金が嫌い

日本人は借金が嫌いという性格を利用して、国が借金をアピールする衝撃の理由を紹介していきます。

中には「借金をしてでもギャンブルがしたい!」という人もいますが、

一般的に借金は悪!というイメージがありますよね?

例を挙げれば、

・住宅ローン、

・車ローン、

・学費ローン

 など、様々なローンがあります。

本当に借金は悪いものなのでしょうか?

一方で、国の借金は1000兆円を超えています

この国の借金ですが、本当に私たちが返す必要があるのでしょうか?

国が借金をアピールする本当の理由とは何なのでしょうか?

日本人は借金が嫌いな理由

日本人だけでなく、多くの人は借金が嫌いだと思います。

普通に返済できる金額であれば問題ありませんが、

ドラマでも放送されてるように

借金が返済できなくなって、いかつい人が取り立てに来たり家のモノが差し押さえられるシーンをよく見かけます。

このようなイメージもあって、借金は悪だという根強いイメージがあるのでしょう。

借金自体は悪いものではない

ただし考えてみて下さい。

住宅ローンで2億円の家を建てている人もいれば、融資を受けて・多額の利益を上げている会社も多数見つかります。

このようにお金に余裕のある人や、ビジネスでも借金が活用されています。

つまり、借金自体悪いものではありません。

家賃収入も借金(ローン)を組むことで、手元にお金が少ない状態でも、うまく利益を回すことができます。

日本国は本当に借金で大変な状況なの?

世界でも日本は、借金が大きい国だと言われています。

日本の借金時計なんてものもあるほどですw

関連記事⇒日本の借金はいくら?1000兆円を超えた原因と今後考えられる危険性

 

そして意味不明なのが、国民1人当たり数100万円以上の借金を背負っているという文言です。

なぜなら!

日本に借金があるのは分かるのですが、その反対の資産について語られていないのですw

実は日本という国は、世界一の対外資産の保有国なのです。

最近ではアフリカだと思いますが、色んな資金援助をしていますよね?

その結果、数10年後には援助した分の莫大な利益を 得られる可能性もあります。

つまり、借金だけアピールして、得られる国益についてはまったくアピールされてません

そう考えると、

国民1人辺りにいくら借金がある!と言われても、納得できないですよね?

日本国が借金をアピールする理由とは?

歴史を振り返ってみると、

1997年に、故小渕恵三首相は「世界一の借金王」と発言しています。

なぜこのようにアピールしたのでしょうか?

端的に言うと、

日本と言う国が増税しやすくするためです。

消費税法案も、初めは国民の反対で取り消しになっていました。

しかし!いつの間にか成立し、徐々に税率も上がっています。

今回の消費税10%も、軽減税率と言う仕組みを利用して、国民の反対意見を押し切った感があります。

サラリーマンの方も、毎月の社会保障費負担が年々上がっていることを感じているはずです。

しかし!、国の借金が膨大なので!と説明されると、「しょうがないな~」と思いますよね?

ただし、借金があるなら、資産もあるはず・・・

まとめ

調べたところ、日本の借金の45%は、日銀から借りているようです。

この45%の借金は、国の借金には計上されません。

そう考えると、1000兆円の約半分は借金ではないとも言えます。

残りの約半分は、国民が銀行に預けているお金を借りていたのです!

つまり、国民が債権者なのに、借金を返さないといけない!というように洗脳されているのです。

こちらの動画でも分かりやすく解説されてます。

納税は国民の義務だから!という点で、何も疑問に感じずに、払っている人も多いと思います。

しかし、何も疑問に思わずにただ払うだけの状態のままだと、豊かな生活を送れません。

関連記事⇒【労働奴隷からの解放】与沢翼の仕事・収入に対する考え方まとめ!

関連記事

  1. エストニア電子政府

    ブロックチェーン技術を使ったエストニアの電子政府がすごい!マイナンバーの未来型?

  2. 国外財産調書

    【国外財産調書】海外で5,000万円以上の資産をもったら狙われる

  3. 自動車税が走行距離で課税に

    2020年に自動車税が走行距離課税になる?その理由と原因とは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事