楽天プレミアムカードで国内だけでなく海外ラウンジが使える理由

海外の空港ラウンジ

海外旅行をする際に、乗り継ぎがあって・時間を持て余してしまった経験はないでしょうか?

そんな時に、空港ラウンジを利用できると便利です。

比較的大きな空港になってくると、数え切れないくらいのラウンジがありますので、ご自身が利用できるラウンジを事前にピックアップしておくといいでしょう。

そこで今回は、海外空港ラウンジを利用するための条件と、私も使っている楽天プレミアムカードの特徴を紹介していきます。

主にラウンジを利用できる条件

国内空港でラウンジを使っている方はご存じかと思いますが、所有しているカードによって利用できる・利用できない条件が決まっています。

ただし、国内空港にあるラウンジの数はそこまで多くないので、迷う人はいないでしょう。

しかし海外の空港は、どこに利用できるラウンジがあるのか探すのが大変です。

海外の空港

①ファーストクラス、ビジネスクラス

ファーストクラス、ビジネスクラス専用ラウンジがある場合も多いです。

②マイレージの上級会員

他社、他アライアンス使用時には使えない場合もあります。

③ラウンジ有料会員

・有名なものにプライオリティーパス ⇒ プライオリティ・パス空港ラウンジ会員プログラム

・ユナイテッドクラブ ⇒ ユナイテッドクラブについて | United Airlines

などがあります。

海外のラウンジ

○プライオリティーパス

3種類の会員が用意されています。

スタンダード会員年会費99ドル+ラウンジ利用料金が1回27ドル(同伴者利用料も1回27ドル)

スタンダードプラス会員年会費249ドル+利用料金は10回まで無料、以降27ドル

プレステージ会員年会費399ドル+利用料金は無料(同伴者利用料も1回27ドル)

 

特典として主にゴールドカードやプラチナカードの利用者に対して、プライオリティーパスを無料、もしくは有料で利用できるクレジットカードもたくさんあります。

海外ラウンジで活躍する楽天プレミアムカード

その中でもおすすめなのが楽天プレミアムカードです。

年会費が10,800円なのに、上記で紹介したプレステージ会員の資格が得られます。

その他にも

・セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
・MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
・JAL・JCBカードプラチナ

を所有すればプライオリティ・パスが付帯しています。

しかし、これらのカードを見ても分かるように、審査基準も高いですし、カードによっては年会費が数万円必要です。

そう考えると、楽天プレミアムカードは審査の敷居が低く、プライオリティ・パスだけでなく、楽天市場をはじめ、日常生活で大活躍するカードと言っても過言ではないはずです。

楽天プレミアムカードを作ると、プライオリティ・パスを無料で申し込めます。

 

プライオリティパス

⇒楽天プレミアムカードを作って、プライオリティパスを申し込む

世界900ヵ所以上の空港ラウンジが無料

400以上の都市、120ヵ国以上の国や地域で使用できます。

通常は年会費399ドルかかりますが、無料でラウンジを使用できます。

また海外ラウンジだけでなく、国内空港のラウンジも無料でご利用できます。

旅行傷害保険が自動付帯

・海外旅行傷害保険は最高で5,000万円(賠償責任3000万円、疾病治療300万円など)、

・国内旅行傷害保険でも最高で5,000万円付帯されています。

トラベルコースを選択すると

楽天プレミアムカードの特典として、楽天市場コース、トラベルコース、エンタメコースの中から1つだけ選択することができます。

ここでトラベルコースを選択すると以下の特典が受けられます。

楽天カード_ 《選べるサービス》

・海外旅行の出発や帰国時に、空港⇒自宅間の荷物を1つだけ無料で宅配してくれます(年に2回まで)。

・宿泊優待サービス:国内旅行になりますが、楽天プレミアムカードの利用で会員だけの割引価格が適用されます。

私の知り合いの中にはこの特典のためだけに楽天プレミアムカードを持ってる人も多いです。

○ユナイテッドクラブ

550ドル(マイルの場合は70000マイル)、もしくは1回59ドルかかります。昔のユナイテッド航空のレッドカーペットクラブになります。

ユナイテッド航空のマイレージを利用してる方は、割引もありますので、ぜひホームページを確認してみて下さい。

以前は、プライオリティーパスでユナイテッドクラブのラウンジを利用できたのですが、現在は利用できなくなりました

④有料で使用できるラウンジ

空港によっては、①②③に当てはまらない場合でも、30ドル程度の使用料を払うことで・利用できるラウンジもあります。

まとめ

海外の空港で乗り継ぎがあり・時間がある際にはラウンジを利用してみるのもいいと思います。

6時間以上待ち時間があれば、入国して軽めの観光を楽しんでもいいでしょう。

空港の乗り継ぎ

しかし待ち時間が2~3時間程度であれば、観光する時間はないですが、空港で過ごす時間を持て余してしまいます。

そんな時、ラウンジでくつろぐために、プライオリティパスがあると便利です。

軽食もありますし、シャワールームが付いているところもあります。

ラウンジはたくさんありますので、海外旅行に行った際は、ご自分にあったラウンジを探してみるのもおもしろいかもしれませんね。

楽天カードの詳細⇒楽天カードの登録・審査・発行!一番お得な申し込み方法とは

私がプライオリティパスを使った体験談

釜山(金海国際)空港のラウンジでプライオリティパスが活躍

関連記事

  1. ふるさと納税は楽天スーパーセールがおすすめ

    ふるさと納税は楽天スーパーセールがおすすめ!時期はいつ?

  2. 楽天edyスーパーコンビニ

    楽天edyをスーパーやコンビニで使わない人は損をする?

  3. 楽天ANAマイレージクラブcard

    楽天anaマイレージクラブカードと楽天カードの違いとメリットとは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA