ANAワイドゴールドカードでマイルを増やせ!最大25%アップ

ANAワイドゴールドカード

どうも、ANAが大好きなマネタヌですw

5年間、三井住友visaゴールドカードを使ってきましたが、ANAワイドゴールドカードに切り替えました。

クレジットカード会社は両方とも三井住友visaですが、切り替えには再度、審査が必要でした。

私が作った三井住友ANAワイドゴールドの審査期間や状況を解説

そこで、ANAワイドゴールドカードに切り替えた理由や利用するメリットを紹介していきます。

ANAワイドゴールドカードをメインカードにした理由

2016年にANAを何度か利用する機会があり、6月の前半でプレミアムポイントが14896ポイント貯まっていました。

ANAマイル・マイレージを貯めて

 

すでに残りは半年ほどしかありませんが、

頑張れば50000PP(プラチナメンバーになる権利)を達成し、来年にはスーパーフライヤーズカードを持てるかも?と思ったのがきっかけです。

せっかくプレミアムポイントを貯めるなら、マイルもお得に貯めたいですよね?

 

※私がANAマイルを貯めた体験談

2017年にANAプラチナ会員に到達!プレミアムポイント獲得状況

ANAワイドゴールドカードの年会費を安くする方法

通常、ANAワイドゴールドカードの年会費14000円(税抜き)です。

以下のANA関連のゴールドカードと比較すると、年会費は安いことが分かります。

ANAダイナースカード⇒年会費27000円(税抜き)

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード⇒年会費31000円(税抜き)

 

しかも、ANAワイドゴールドカードは条件を満たすことで、年会費を9500円(税抜き)まで安くできます。

その条件とは

・マイ・ペイすリボの申し込み

・WEB明細書サービスの申し込み

をすることです。

ANAワイドゴールドカードの5つのメリット

マイルが25%増しになる

ANAワードゴールドカードを作る一番のメリットです。

例えば、福岡⇒東京(成田)でANAを利用した場合、567マイル付きます(普通運賃)。

 

しかし!ANAワイドゴールドカードの場合、25%増し708マイルもらえます。

 

ただし、すでに何かしらのステータスを持っているとマイルは変動するので、ご自身で確認してください。

ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシュミレーション

ANAマイルへの交換率がアップ

こちらもANAワードゴールドカードの大きなメリットです。

三井住友カードで貯まったワールドプレゼントのポイントは、様々な景品やポイントに交換することができます。

ただし、三井住友VISAゴールドカードでは、100ポイントが300マイルにしかなりません

実質3倍ですね。

 

しかし!ANAゴールドカードの場合、1ポイントが10マイルになるのです!

 

個人的に、毎年のワールドプレゼントポイントは3000~5000位は貯まっていたので、もっと早くANAカードを作っておけばな~と思いましたw

ただし、ゴールド以上ではない一般のANAカードの場合、マイルに移行する時に手数料がかかるので注意が必要です。

ANAカードマイルプラス

ANAカードマイルプラス提携店でカードを利用すると、カードのポイントとは別に、マイルが貯まります。

一部の店舗では、カード決済ではなく、IDの利用でもマイルが貯まります。

私がよく利用する提携店(価格は税込みです)を例に挙げると。

・ENEOS:100円⇒1マイル

・マツモトキヨシ:100円⇒1マイル

・グローバルwifi:100円⇒1マイル

・セブンイレブン:200円⇒1マイル

・イトーヨーカドー:200円⇒1マイル

・スターバックス:100円 or 200円⇒1マイル

(※スタバのプリペイドカードへの入金をカード決済することで貯まります。)

最近特に利用しているセブンイレブンは、id決済でもマイルが貯まるようですね。

ただし、ショッピングモール等に出店しているセブンイレブンは対象外のようです。

ANAマイレージモール

ANAマイレージモールから、掲載されてる通販サイトでショッピングをすることで、ANAマイルが貯まります。

例えば楽天市場で買い物をした場合、楽天スーパーポイント+ANAマイルが貯まります。

ANAマイレージモール|ANAマイレージクラブ

ANA関連施設で10%割引

空港内店舗のANA FESTAや機内販売が10%引きになります。

ただしANA FESTAでは、1000円以上の買い物をするという条件があります。

その他、ANA DUTY FREE SHOPでも10%引きになります。

まとめ

年に2~3回位しかANAを利用しないのであれば、今まで通り三井住友visaゴールドカードで良かったと思います。

三井住友VISAカードの発行はこちら

今後、スターアライアンスゴールドメンバーを目指すのであれば、ANAワイドゴールドカードは、効率よくマイルが貯まるカードになるのは間違いありません。

SFCカードを申請する場合に審査があります

 

この審査に落ちてしまうと、せっかくプラチナメンバーになっても、SFCメンバーになれません。

そこで私のように、ANA修行をする前に、三井住友VISAカードを1枚作っておくと安心です。

関連記事

  1. anaプレミアムエコノミー搭乗記

    [anaプレミアムエコノミー搭乗記]エコノミークラスにプラス10万円払う価値があるのか!?

  2. スーパーフライヤーズカードの申し込み

    ANAカードからスーパーフライヤーズカードへ切り替え!年会費・期間など気になる疑問を解決!

  3. タイ空港乗り継ぎ時間

    [TG]バンコクでの乗り継ぎに1時間20分しかない!間に合うのか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事