ポイントの3重取りならリクルートカードで〇〇へのチャージがおすすめ

リクルートカード(Recruit Card)

ポイントの3重取りならリクルートカードで〇〇へのチャージがおすすめです。

リクルートカード自体、還元率1.2%を誇る高還元カードです。

現在メインのカードがなければ、リクルートカードは年会費無料なので、作っておいて損はありません。

しかも〇〇にチャージすることで、ポイントの3重取りができるので紹介していきます。

nanacoにリクルートカードでチャージ

〇〇とはnanacoカードのことです。

nanacoポイントで失敗

 

そして、ポイントの3重取りできる方法は2つあります。

どちらも、まずはリクルートカードからnanacoへのチャージが必要です。

ポイント3重取りできるリクルートカードとは?

1つ目のルート

1:nanacoへのチャージ ⇒ リクルートポイント1.2%

2:セブンイレブンの支払いをnanaco ⇒ nanacoポイント0.5%

3:セブンの特定商品でnanacoポイント ⇒ 10ポイントから~

3番目は、ポイントの3重取りのこじつけかもしれませんが、

セブンイレブンをよく利用する人におすすめです。

2つ目のルート

1:nanacoへのチャージ ⇒ リクルートポイント1.2%

2:ビックカメラでnanaco払い ⇒ ビックポイント10%

3:nanaco利用分 ⇒ nanacoポイント0.5%

ビックカメラでは、現金払いでポイントが10%もらえます。

しかし一般のクレジットカード払いの場合は、8%になってしまいます。

nanacoカードで払えば、現金と同じ10%つくのでおすすめです。

リクルートカードから電子マネーへのチャージには制限あり

リクルートカードの1.2%還元は大きいですよね?

しかしリクルートカードは、

電子マネーへのチャージ金額が30,000円/月という上限があるので注意してください。

2018年4月16日(月)より、以下の対象となる電子マネーチャージご利用分については、ご利用金額の合算で月間30,000円までがポイント加算の対象となります。 

対象となる電子マネーチャージ
【JCBブランド】
nanaco(ナナコ)、モバイルSuica
【Mastercard(R) / Visaブランド】
nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

 

ビックカメラで10万円のパソコンを買おうと思って、月間で10万円をnanacoにチャージしても、

1.2%還元される金額は30,000円のみです。

そこで大きな買い物をする場合は、月ごとに3万円づつnanacoに入金するしかなさそうです。

リクルートカードを作る場合、ブランドはどうする?

クレジットカードを作る場合、VISA、master、JCBなどのブランドがあります。

では、リクルートカードを作る際は、どのブランドを選べばいいのでしょうか?

nanaco、モバイルSUICAへのチャージ

VISA、master、JCB、どれも対応しています。

しかし!

楽天Edyへのチャージ

ネットで検索したところ、JCBが対応していないようです。

なので、ブランドはVISAを選ぶのが無難かもしれません。

※ただし2019年12月15日まで、JCBではお得なキャンペーンを実施ています。

リクルートカード(JCB)のお得なキャンペーンとは?

まとめ

リクルートカードからnanacoにチャージすることで、ポイントの3重取りが可能です。

これまではpaypayがお得でしたが、ヤフープレミアム会員に加入したり、ヤフーカードを持っていないと、あまりうまみがなくなってしまいました。

他カードの利用だと対象外になるのは、辞めて欲しいですよね?w

そこで、セブンイレブンをよく利用する人は、リクルートカード+nanacoのセットがおすすめです。

あわせて、セブンアプリもチェックしておきましょう。

関連記事

  1. 三井住友VISAのIDバリュー

    三井住友カードのIDバリューの使い方!キャッシュバックはいつ?

  2. ペイペイでヤフーカードの登録

    Yahoo! JAPANカードの解約は簡単!貯まったポイントはどうする?

  3. 審査が甘いクレジットカード

    実際に作って審査が甘いと感じたクレジットカード4選

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事