住宅購入費用の平均はいくら?維持費はどのくらい?

住宅購入費用の平均

住宅購入費用の平均はいくら?維持費はどのくらいかかるのでしょうか?

今の時代でも、マイホームを持ちたい人はたくさんいますが、

住宅ローンの支払いで「ヒーヒー」言ってる人も少なくありません。

探せば中古でも結構いい物件が見つかりますが、日本人は新築物件が好きですよね?w

そこで、住宅購入費用の平均、購入後にかかる主な維持費を紹介していきます。

住宅購入費用の全国平均はいくら?

住宅金融支援機構のフラット35利用者調査(2018年度資料)によると

住宅購入費用の全国平均は、3,395万円になっていました。

土地付き注文住宅

・首都圏:4,775万円

・近畿圏:4,227万円

・東海圏:4,107万円

注文住宅

・首都圏:3,694万円

・近畿圏:3,504万円

・東海圏:3,456万円

建売住宅

建売住宅とは、土地とセットで販売されている新築分譲住宅のことです。

建築中に販売されるケースが多くみられます。

・首都圏:3,834万円

・近畿圏:3,259万円

・東海圏:2,976万円

マンション

高級マンションやタワーマンションなどの影響もあってか、購入資金は土地付き注文住宅より若干高額です。

・首都圏:4,941万円

・近畿圏:4,107万円

・東海圏:4,017万円

マンションに関しては、購入後も修繕積立金や管理費、施設の維持費などがかかってきます。

出典:フラット35利用者調査:住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)

住宅購入者の平均年収は?

上記のフラット35利用者調査を参照すると、

世帯年収400万円以上600万円未満を中心に、年収800万円以下の世帯が8割を占めています。

最近では年収200万円の世帯も増えていますが、

それでも共働きであれば年収300万円~400万円に到達することも難しくありません。

もちろん新築にこだわらずに、安い中古物件を購入してリフォームするという選択もあります。

住宅購入後の主な維持費はいくら?

家の大きさや設備等にも影響されるので、ザックリと紹介します。

・固定資産税:14~18万円/年間

・リフォーム費用

⇒風呂・浴槽:50万円~

⇒キッチン:50万円~

その他築年数により、家の外壁塗装やら、修繕費などがかかってきます。

オール電化や太陽光発電などの設備によって、光熱費なども変わるので、そこら辺もあわせて検討しましょう。

住宅の買い替え

最近よく聞く話は、

戸建てを売ってマンションに住んだり

マンションを売って、もっとグレードの高いマンションに買い替えたり

する人も多いようです。

購入済みの物件の価格が上昇していれば、より快適な住まいへの住み替えができますよね?

そう考えると、家は負債とも言われる時代ですが、自宅を1軒購入しておくのも1つの手です。

現在住み替えを検討している場合は、今の家の価格を調べておくのもいいでしょう。

現在のあなたの家・マンション価格はいくら?

まとめ

今の時代でも、マイホームを手に入れたいという人はたくさんいます。

年収が低い場合でも、中古物件をリフォームして・自分好みにすることで、快適な空間にすることができます。

住宅ローンを組んだ場合は、毎月のローン支払い義務が発生するとともに、

固定資産税などの費用も発生するので、それらを考慮して、住宅の購入金額を決めてください。

人気記事:持ち家と賃貸のメリットデメリット!今後はどっちがお得なのか?

人気記事:家を売る?貸す?建て替える?迷ったときの不動産の活用術5選

関連記事

  1. 不況でも稼げる資格

    お金の教養講座が無料なので参加した感想!生活が不安な方におすすめ

  2. くらしTEPCO|東京電力のご家庭向け無料Webサービス

    TEPCOのポイントはお得?1年でいくら貯まったのか確認してみたよ

  3. 壁穴

    【緊急事態】部屋の壁に穴があいた!気になる費用は?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事