イギリスがeu離脱する理由とは?中田敦彦の解説が分かりやすかった件

イギリスがeu離脱する理由

イギリスがeu離脱する理由とは?

イギリスがなぜeu離脱に動いているのか、その理由が気になりますよね?

イギリスがeuを離脱することで、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

色々調べた結果、オリラジの中田敦彦のYouTube大学の内容が分かりやすかったので紹介していきます。

そもそもイギリスはなぜeuに入ったの?

イギリスの歴史を振り返ると、かつては大英帝国と言われるほど、世界の覇権を握りかけていました。

インドや中国をはじめ、北米やアジア、アフリカなど、次々に植民地化していきました。

しかし第一次世界大戦後にイギリスは疲弊し、植民地も次々に独立していき・・・

その後は、イギリスの経済も芳しくなく、色々あって欧州共同体に加盟することに。

イギリスがeuを離脱するメリット・デメリット

eu加盟国のほとんどが、統一通貨「ユーロ」を使い、

ユーロ

 

パスポートがなくても自由に国境を移動できる「シェンゲン協定」に加盟しています。

しかしイギリスは、どちらも利用していませんw

まあ陸続きではないので、シェンゲン協定に加盟していないのはしょうがない?ですが、

ユーロではなく、ポンドを使っているのはなぜでしょうか?

金融政策が打てなくなる

国の景気をコントロールするために、お金の発行する量を増やしたり・減らしたり・・・

金利を上げたり・下げたりしますよね?

しかしユーロを使用する場合、国の景気を良くしようとして、勝手にユーロの金利を動かすことはできません

つまり、自国の金融政策が自由にできなくなるのです。

難民問題

トランプ大統領になってから、難民がアメリカに入ってくるのを厳しく規制しています。

一方でシェンゲン協定の加盟国は、フリーパスなので難民がどっと押し寄せてきます。

まともな人が入国してくる分はいいですが、中にはテロを起こすような人物まで来たら危ないですよね?

イギリスはEUを離脱するのか

これらの点を踏まえて、イギリスが揺れ動いてるようです。

以前実施した国民投票で、まさかeu離脱が勝つと思った人は少ないはずです。

なぜイギリスはeu離脱で揉めているのか?

国民投票でeu離脱が決まったら、すでに離脱していてもおかしくない状況ですよね?

しかし、未だに国内で意見が分かれています。

その理由ですが、イギリスだけの国ではなく、スコットランドやアイルランドも含まれているからです。

その中の北アイルランドは宗教が異なり、揉める原因になっていました。

つまり、イギリスがeuを離脱できても、アイルランドがeuに残るという可能性もあったそうです。

イギリスは強い国を目指したい・・・

EUにいると、経済共同体みたいな感じで、好き勝手に自国の意見が通らないこともあります。

それどころか、足を引っ張られることも・・・

その為に、さくっとeuを離脱するという選択もありますが、離脱してしまったら、euからの厳しい経済政策を受ける可能性もあります。

貿易とか関税とか・・・

参考動画⇒【世界史】イギリス、EU離脱延期法案を可決〜後編〜人類の歴史は繰り返されるのか!?

まとめ

今のところ、イギリスがeuを離脱する方向に進んでいますが、どうなるかは分かりません。

将来的には、国境がなくなる可能性もありますが、euだけを見ても難しそうです。

数年前から仮想通貨も話題ですが、上記の問題を見ると、世界共通で使える通貨が登場するのか疑問に感じます。

関連記事

  1. 日本の借金

    日本の借金はいくら?1000兆円を超えた原因と今後考えられる危険性

  2. お金が貯まる

    ジムロジャーズが投資したい国は北朝鮮!日本のオワコン化がヤバイ

  3. 自動車税が走行距離で課税に

    2020年に自動車税が走行距離課税になる?その理由と原因とは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事