1. TOP
  2. 保険の窓口でメットライフ生命の新終身医療保険に加入した件

保険の窓口でメットライフ生命の新終身医療保険に加入した件

2015/01/06 年金・保険
 
終身医療保険

家庭を持つと、医療保険や生命保険に加入する人も多いのではないでしょうか?

一方で私は、いい年ですが独身を続けており、医療保険等の必要性を感じていませんでした。

しかも国民健康保険について調べていくと、そこまで大きな入院にならない限り、健康保険で充分だということが分かりました。

そんな私でも、ついにメットライフ生命終身医療保険という医療保険に加入したので、その経緯と内容を紹介します。

 

医療保険に入ったきっかけ

 

年齢も30歳を過ぎ、自分で仕事をする個人事業主となってから2年ほど経った頃でしょうか。

税金もそこそこ来るようになったので、節税と健康が気になったので「保険の窓口」に相談しに行ってきました。

 

医療保険に加入

 

保険に関する知識がなかったので、2・3回ほど足を運んだ結果、メットライフアリコ(当時の名称)の「新終身医療保険F4に入ることにしました。

 

メットライフ生命の新終身医療保険F4とは?

 

契約内容

 

基本保障

・病気・ケガによる入院を日帰りから保障。

(※外来で病院のベッドを使用しての透析・点滴・手術を行った場合や単なる覚醒、休養などが目的の場合は、荷帰り入院とはみなされないようです)

・病気・ケガによる手術を幅広く保障。ものもらいの手術や中耳炎にも保障

通算5日以上の入院後の退院を保障。退院後180日以内の通院も保障。

・高額の場合もある先進医療の技術料を保障。さらに先進医療一時金もお支払いします。

 

充実した補償をご希望の方に

・心配な六疾病も手厚く保障(終身六疾病一時金特約を付加した場合)。

(※六疾病とは、糖尿病・心疾患・高血圧性疾患・脳血管疾患・肝疾患・腎疾患を言います)

・実際にかかった差額ベッド代を保障

(終身入院時室料差額給付特約を付加した場合)

 

毎月かかる医療保険11,923円の内訳

 

主契約

 

主契約

新終身医療保険(60日型)(死亡給付倍率:30倍):5口

<健康祝金特則付>

(健康祝金支払基準日の型:5年)(健康祝金給付倍率:10倍)

 

特約

新終身手術給付特約:5口

終身少額手術給付特約:5口

終身ガン診断給付特約:50万円

先進医療給付付特約:約款所定の支払額

<主契約の保険料払込期間満了後の保障継続に関する特則付>

 

ここまでのまとめ

内容を振り返ってみると、六疾病の保障を付けてないことが分かりましたw また毎月11,923円という金額は高いと思われますが、10年払いにした為にこの金額になっています。

ずっと払い続けるタイプですと、毎月5000円~6000円ほどだったかと思います。

確か担当の税理士さんに相談して、10年払いを選びました。その理由ですが、20年後・30年後日本の経済状況がどうなっているのか予想できないためです。

10年であればそこまでの大きな変化はないだろうと考え、10年払いにしました。

 

医療保険に入るべきか?

 

ここまで見てくると、医療保険に加入するべきかどうか気になるところです。なぜなら国民健康保険だけでも結構な金額を補助してもらえるからです。

私も保険の窓口の担当者に、「総額でこのくらい払うのに、がんになったら50万しかもらないの?」と聞いたことがあります。

その結果「健康保険も適用されるので入らなくてもいいんじゃないですか?」と言われました。

 

健康保険でカバー

 

しかし、医療保険に入ることで、医療保険の内容も理解できますし、少しくらい健康の不安を払しょくできるので、加入することにしました。

ただし10年払いにすると、途中で月払いに変更できないようです。あわせて電話をしてみたのですが、内容も変更できないようなことを言われました。

 

そこで、医療保険に入る前に、後々内容の変更や金額の変更もできるのか確認しておきましょう。

 

さらに共済にも行ってきて金額等を比較してきましたが、そこまで金額と内容は変わらなかったですw もう1つ医療保険に加入したきっかけが先進医療保険という内容です。

しかしいろいろと調べてみると、実際に利用してる人は年間で約2万人と言われてますので、先進医療保険はつけなくてよかったかもしれません。

ただし、別の窓口でも保険の相談をしましたが、40歳を越えてから医療保険で元をとれるようになるので、医療保険には加入しておいた方がよさそうです。

 

どの保険に加入した方が安いのか相談したい

 

まとめ

 

医療保険ですが、私の周りでは、加入して正解だったという人が多くいます。

やはり、30代後半、40代になってくると、医療保険にお世話になる機会があるようです。

私の場合は10年払いを選択しましたが、毎月払いの方が、定期的に内容を見直せるのでおすすめです。

※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

保険のビュッフェの体験談|本当に必要な保険はどれ?

生命保険の加入前に掛け捨て・積み立ての違いを把握すべし

30代・40代・50代に必要な保険の選び方|年代別の比較

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

終身医療保険

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • 確定拠出年金で資産運用

    年金の不足分は個人型確定拠出年金で補え!資産運用に最適!

  • 生命保険と医療保険の違い

    生命保険と医療保険の違い!どちらを選ぶべき?

  • ミニ保険

    意外と使えるミニ保険!どのような種類があるの?

  • 学資保険いつから

    学資保険はいつから入るべき?妊娠中でも加入できる?

  • フコク生命の学資保険

    フコク生命 学資保険の口コミ|加入する上での注意点とは?

  • 学資保険の賢い選び方|複数の商品を比較して知識を身につけることが大切!