この記事には広告が含まれています マネ得情報

au PAY suicaのチャージ方法から使い方まで解説!

au PAYのSuicaの使い方

au PAY suicaとチャージ方法から使い方まで解説します。

今回はauPAYがsuicaに対応したので、チャージから使い方まで紹介していきます。

楽天ペイのsuicaと比較しても、au PAYを利用した方がメリットがあるのでその理由もお伝えします。

au PAY suicaを利用するメリット

まず、クレジットカードからau PAY残高へのチャージで、クレジットカード利用分の還元率が受けられます。

※クレカからau PAYへのチャージ金額は3,000円~

さらにau PAY 残高からのSuica入金(チャージ)を行うと、Pontaポイントが200円毎に1ポイントもらえます。

au PAYのSuicaでポンタポイントが貯まる

 

例えば、楽天カードをau PAYに登録した場合、楽天カードの還元率は1%なので、au PAY残高へのチャージで1%付与されます。

au PAY残高からsuicaへチャージした場合、200円ごとに1ポンタポイントが付与されるので、還元率は0.5%です。

 

au PAY suicaのチャージ方法・使い方

この図のように、合計で1.5%が還元されます。

一方で楽天ペイ suicaの場合は、楽天カードからのSUICAチャージで200円につき1ポイント付与されるので、還元率はわずか0.5%です。

au PAYの場合は、登録できるクレジットカードの種類もそこそこあるのもメリットです。

※JR東日本の場合、WEB登録をすればJREポイントも付与されます。下記動画で解説しています。

au PAY suicaとモバイルsuicaの連携方法

私はモバイルSUICAを利用している状態なので、さっそく連携していきたいと思います。

まず、au PAYアプリのメイン画面にsuicaカードが表示されているので、その部分をタップします。

※suicaカードが表示されていない場合は、アプリの更新が必要です。

 

suicaカードをタップすると、自動で連携が始まります。

次に表示された画面で「次へ」をタップします。

au PAY suica2

 

次の画面で規約を確認し、同意ボタンをタップします。

 

これで連携は完了です(*'▽')

au PAY残高からsuicaへチャージ(入金)する方法

au PAY残高からsuicaへチャージしていきます。

suicaカードの下にある「au PAYからチャージ」をタップ。

 

チャージしたい金額を入力します。

※1000円からチャージできます

 

チャージ完了です('◇')ゞ

まとめ

これまでモバイルsuicaや楽天ペイ suicaを使ってきた人は、au PAY suicaを利用することで還元率がアップします。

ただし、登録したいクレカがau PAYに対応しているかの確認が必要です。

私の場合、三井住友visaカードをau PAYに登録したかったのですが対象外でした。

なので楽天カードを登録して使っています。

それでもau PAY suicaを利用することでトータルでお得になるので、モバイルsuicaと使い分けていく予定です。

-マネ得情報