1. TOP
  2. 仕事を長く続けるコツはあるの?【行列のできる法律相談所】

仕事を長く続けるコツはあるの?【行列のできる法律相談所】

2015/08/19 更新日:2017/12/26 仕事の考え方
 
行列のできる法律相談所

芸能界を見ていると、活躍している人が急にTVで見なくなり、「あの人どこいったの?」とふと思うことはありませんか?

一方で、一時期TVにあまり出なくなっても、期間をおいて再ブレイクする人たちもいます。ヒロミさん、坂上忍さん、有吉さんなど、再ブレイクしています。

一般の会社でも、転職を繰り返すことでうまく立ち回ってる人もいますが、1つの仕事を長く続けることで結果を残している人もいます。

「行列のできる法律相談所」で、仕事を続けることが難しいとされる芸能人の処世術を特集しており、会社で何かしら悩んでいる人に参考になる内容なので紹介します。

木下ほうか(俳優・51歳)

 

1981年のガキ帝国という映画で、役者デビューを果たしました。その後も250本以上の映画やドラマに出演しています。そして去年、「昼顔」というドラマでブレイクしました。

そんな木下ほうかさんですが、次のことをしていたそうです。

 

業界人との飲み会は絶対断らない

役者はどれだけ監督やプロデューサーと出会えるかが重要なので、業界人との飲み会は断らないそうです。

男だけの飲み会には

男性だけの飲み会には、男受けのいい女性を連れて行くそうです。後輩の女優であったり、キャラのいい女性を連れて行って、その場を盛り上げるそうです。

後輩の女優自身も、業界の関係者と出会えるので、仕事につながることもあるそうです。

飲み会に持参していくもの

飲み会には必ず名刺を持っていくそうです。「飲み会の名刺から仕事につながるの?」と思ってしまいますが、ドラマ昼顔の出演も、事務所ではなく本人に依頼が来たそうです。

 

福田彩乃(タレント・26歳)

 

ローラさんなどのモノマネでブレイクした方ですよね。そこで芸人として頑張ってるのかな~と思いきや、昨年はなんと113本ものTV番組に出演していたそうです。

しかも、NHKの朝ドラなど、ドラマにも多数出演しているようです。

 

スタッフとの打ち合わせで

企画を褒めて、スタッフを持ち上げるようですw 打ち合わせの途中にモノマネをしたり、下ネタを言ったり、その場を盛り上げるとのこと。

スタッフとの距離を縮めることが目的のようです。一般的な仕事でも、打ち合わせで仕事がうまくいくのか、仕事を獲得できるのか決まりますよね?

趣味を広げて仕事につなげる

福田さんはドライブが好きで、国内A級ライセンスを取得。その結果、ゲーム会社や大手自動車会社からオファーを獲得したそうです。今年の5月にはレーサーデビューを果たしていますw

最近ではネットの普及に伴い、趣味が仕事になるケースも増えています。

自分の知ってる知識を伝える有料メルマガであったり、タイムチケットのようなものまであります。ネットであれば、店舗の必要ない仕事が多いので気軽に始めることができます。

 

坂上忍(俳優・48歳)

 

TVをつけたら出ていることが多いので、ご存じの方も多いと思います。昨年のTV出演数は416本にものぼり、2014年にもっとも活躍したタレント1位に選ばれていました。

 

絶対にしないこと

芸歴45年の中で、1度も遅刻をしたことがないそうです。遅刻をしない理由は、「遅刻をした人間が文句言うな!」ということでした。つまり文句を言いたいから遅刻はしないそうです。

坂上忍さんがスゴイと思う人

前置きが長かったですがw、ダンディー坂野さんでした。私もすごいな~と感じています。

ブレイクしたのは2003年、最近では番組では見かけないですが、今でも製薬会社、通信会社など9社とのCM契約があるそうです。

たしか月収も500万円以上あると雑誌に掲載されていました。

そんなダンディー坂野さんですが、フリートークは苦手ですw そのため、トークは面白くないと言われますが、「ゲッツは好きなんですよ」というスタイルをとっています。

よく芸人さんって、新しいネタやスタイルを考えて自滅していく人も多いと思います。1発目は大ブレイクしたのに、2発目はうけなくて消えていく感じですね。

しかしダンディー坂野さんはずっとゲッツを大切にしています。そこが成功の秘訣なんでしょうか?w

 

三宅健(V6・36歳)

 

礼儀を重んじる

番組内では、大物演歌歌手との共演でミスをしてしまったため、お詫びの手紙を送った場面が紹介されていました。

そして、伊藤四郎さんがきっかけで、礼儀を重んじるようになったそうです。

三宅さんが伊藤さんの家に行く際に、1時間も遅刻をしてしまいます。1本前の電車まで伊藤さんは駅の改札で待っていたそうです。

後日謝罪のメールを送ったところ、「待たせてしまったお前の方が辛いだろう・・・」という内容が。この経験で、伊藤さんのような大きな人間になろうと決意したそうです。

 

まとめ

 

上記で紹介した「長く仕事をつむぐ処世術」ですが、当たり前だと感じている人も多いのではないでしょうか?

ただし当たり前のことであっても、改めて見直すことで、腑に落ちることもあるでしょう。

※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

行列のできる法律相談所

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • バルミューダのトースター

    バルミューダ社長の寺尾玄の考え方に共感!商品そのものを売るのではなくその先にあるもの!

  • 37歳で社会人デビュー

    ニートから脱出したい!37歳で初めてアルバイトをした知人の話

  • 年収1,000万

    私の周りで年収1000万円以上稼ぐ人の8つの特徴!

  • 刑務所差し入れビジネス

    3,000円で差し入れできる刑務所(拘置所)ビジネスとは?

  • 財布を落とす

    私が共同経営で失敗した原因とは?トラブルになる7つの項目を厳選!

  • やりたい仕事がない

    本当にやりたい仕事がない!自分にあった仕事の見つけ方とは?