1. TOP
  2. 生命保険の加入前に掛け捨て・積み立ての違いを把握すべし!

生命保険の加入前に掛け捨て・積み立ての違いを把握すべし!

掛け捨てと積み立ての違い

社会人になり、家庭を持つようになると心配になるのは、自分に万が一の事があったら家族はどうなるのか?ということです。

その万が一に備えるのが「生命保険」です。

ここで生命保険を検討する際、掛け捨てと積み立て、どちらを選択すればいいのでしょうか?

それぞれのメリット・デメリットを挙げて説明していきます。

 

生命保険の掛け捨てと積み立て

 

掛け捨てタイプとは。

あくまでも万が一の時にしかお金はおりてきません

 

積み立てタイプとは。

万が一に備えながら、貯金をしてゆく事が出来ます。万が一の時におりてくる保険金と、満期になったら戻ってくる返戻金があります。

返戻金は積み立てていたお金より増えて戻ってくるのが一般的です。

 

掛け捨てと積み立ての違い

 

掛け捨てタイプは毎月の掛け金が非常に安いので、家計に優しい保険です。

 

一番安い掛け金では1000円以下のものからあります。万が一の時にもらえる金額により、支払う金額が異なります。

 

生命保険の金額

 

一方の積み立てタイプは、毎月の掛け金が高く、金額にもよりますが、高いものでは2万円以上かかるタイプもあります。

テレビドラマなどで「一億円の保険」などと言われる保険には、毎月の掛け金は4~5万円ほどかかるようです。

 

掛け捨てタイプを選ぶ人は?

 

掛け捨てタイプを選ぶ人は、ズバリ!お金に余裕がなく、万が一に備えたい人です。

 

返戻金にこだわらず、万が一の時にお金が降りてきたら良いと考えてる人が多くいます。

よくテレビのCMでも、70歳まで入れる保険など宣伝されている保険は格安で、掛け捨てが多いです。

 

積み立てタイプを選ぶ人は?

 

積み立てタイプを選ぶ人は、ズバリ!貯金をしたい人です。

 

いろんなタイプがありますが、満期になると、積み立ててきた金額よりも多い返戻金が手に入る事が一般的です。

なので、途中で引き出すことができない貯蓄をしたい人におすすめです。

 

掛け捨て保険のデメリット

 

掛け捨てタイプのデメリットは、掛け金をかけている期間だけ保証される事です。

 

ただし、「途中で更新が出来なくなってしまう」という事に注意しましょう。

よくテレビでも「80歳まで加入できる」と言われていても、加入・更新ができない場合もあります。

また、一定期間だけで保証が切れてしまうこともあります。簡単に言えば「長生きすれば、損をしてしまう保険」とも言われています。

 

生命保険の更新ができない

 

積み立て保険のデメリット

 

毎月の保険料が高額である事が、一番のデメリットです。

 

積み立てタイプなので、毎月の保険料が貯金されていると思われますが、何らかの理由で解約をしてしまった場合、返戻金が減額されます。

なので、満期まで解約返戻金が低く抑えられているケースが多いです。

中には高額な保険料を納めているだけで、返戻金が少ない場合もあります。

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

掛け捨てと積み立ての違い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • お金が貯まる

    お金が貯まる人の32の日々の習慣・考え方とは?

  • 引越しを安くする裏ワザ

    引越しを安くする裏技!一括見積もり後に交渉すべきポイント!

  • 老後の資金

    老後の資金を作るために今からできる5つのこととは?

  • 生命保険と医療保険の違い

    生命保険と医療保険の違い!どちらを選ぶべき?

  • おすすめの旅行積立

    旅行積立がおすすめ!HIS・JTB・ANAならどこを選ぶ?

  • 一時払い終身保険

    一時払い終身保険のまとめ!加入するメリットとリスクとは