1. TOP
  2. プロパーカードと提携カードの違い|どっちがおすすめ?

プロパーカードと提携カードの違い|どっちがおすすめ?

プロパーカード

プロパーカード」と「提携カード」にはどのような違いがあり、どちらを選べばいいのか、それぞれのカードのメリットデメリットを比較してまとめていきます。

 

プロパーカードと提携カードの違い

 

プロパーカードとは、クレジットカード会社が自社ブランドで発行しているクレジットカードのことです。

 

プロパー(Proper)という英単語の意味を調べると、「特有の」「正式な」とあるので、特有の正式なカード=自社カードというニュアンスで問題ないと思います。

 

提携カードとは、クレジットカード会社が、企業やその他団体と提携して発行するクレジットカードの事です。

 

家電量販店やスーパー等、一見クレジットカード会社とは関係のない場所で、クレジットカードの登録キャンペーンを実施いてる場面を見かけたことはないでしょうか?

このように家電量販店や航空会社、百貨店、ホテルなどで募集しているクレジットカードは、ほぼ提携カードだと思って間違いないでしょう。

また提携カードとプロパーカードの違いですが、ポイント還元率や特典などが挙げられます。

提携カードは特典や割引、ポイント還元率など独自の特典がありますよね?

一方のプロパーカードは、ゴールドやプラチナ、ブラック、クリスタルカードなど、上位クレジットカードを所有しており、カードの利用状況を見て、優良顧客と判断した場合に上位カードへの切り替えができます。

 

ブラックカード

 

提携カードの場合は、始めからゴールドカードまでは用意している会社もありますが、プラチナカードを用意している会社はほとんどありません

 

提携カードのメリット

 

提携カードは提携元となる企業が提供するサービスや特典が受けられます。

 

提携先企業の独自の特典が多くポイント還元率が良いのが特徴です。

例えば

・ガソリンスタンドでは、「ガソリンの値段がリッターあたり○○円安くなる」等の特典が付いています。

・イオンなどのスーパーのカードでは、「◯日、◯日は5%オフ」や「◯日と◯日はポイント◯倍」などのお得な特典が付いています。

・家電量販店でもそれぞれのカードを発行しており、ポイントが貯まりやすいのが特徴です。

 

よく利用するお店の提携カードを所有し、その提携カード発行店で利用すれば、ポイントが100円に1ポイント。他店で利用した場合200円に1ポイントという事もあります。

 

プロパカードを所有するメリット

 

メリット1

サービス内容の質が高いことがプロパーカードの特徴です。

「国内旅行傷害保険」や「海外旅行傷害保険」の付帯やコンシェルジュサービスなど、ハイレベルのサービスが付いています。

プロパーカードのメリット

メリット2

プラチナカードやブラックカード、クリスタルカードなど、上位のクレジットカードを持てることです。

カードの利用状況を見て、優良な利用者だと判断されれば、インビテーション(招待状)が送られてきます。プラチナカードやブラックカードを持ちたい方は、プロパーカードの方が良いでしょう。

 

メリット3

競合店で使うのに気が引ける。と言う意見を解消できます。

例えばANAのチケットを買うのにJALの提携カードでは買いにくい、ということも。プロパーカードを持っていれば、このような心配がなくなります。

 

プロパカードと提携カードのデメリット

 

プロパカードのデメリット

プロパーカードは、提携カードに比べてポイント還元率は低く、年会費も有料です。

 

提携カードのデメリット

提携カードは、提携先企業の都合によって、カードやサービスが停止することもあります。

 

プロパカードと提携カードならどっち?

 

基本的に、どのようなサービスを受けたいかで、クレジットカードを選びましょう。

 

どんなにお得なカードでも、自分が利用する店舗で使えなければ意味がありません。

 

また、提携カードは競合店で使いにくいので、プロパーカードを選ぶ人もいます。

例えば、イオンカードを持っている人が、西友での支払いに使う場合、「クレジットカードを出しにくい」という意見もあります。

 

おすすめのプロパカード

 

JCB

日本のクレジットカードなので、国内での人気は非常に高いものとなっています。

海外旅行に行かれる方にお勧めしたいのがJCBプラザ。

 

JCBカード会員であれば誰でも無料で利用できます

 

JCBプラザは、世界60カ所に設置された海外サービス窓口で、JCB加盟店のご予約や観光に関するお問い合わせをJCBプラザ・スタッフが日本語で対応してくれます。

さらに世界の主要都市9ヵ所には「JCBプラザ ラウンジ」があります。 JCBプラザのスタッフは親切で、日本企業ならではのサービスを実感できます。

 

アメリカンエクスプレス

全世界で圧倒的なブランド力を持つ国際ブランドです。手荷物無料宅配航空便遅延補償は当たり前

空港から重い荷物を自宅まで無料で送れたり、航空便の遅延によりかかった費用や食事代を補償 などのメリットは当然です。

 

特に満足度の高いサービスがアメックス専用のカードデスクです。トラブルが起こったその場でサポートしてくれます

 

特に深刻なトラブルに繋がりやすい海外で、このオンタイムのサービスが活躍します。

海外旅行や海外出張などではアメックスほど重宝するカードはない!と言ってもいいほどサポートが充実しています。

 

ダイナース

日本で最初のクレジットカードで、優待サービスが充実しています。

グルメや旅行、エンタテイメント、ゴルフなど様々な場面で利用できる優待サービスはもちろん、有効期限がなく貯められるポイントや、最高1億円の旅行保険などもあります。

ただし、海外では使えない場所も多いので、不便に感じることもあります。

 

まとめ

 

どちらのカードがいいのか。サービスを選ぶか、ステータスを選ぶか、ではないでしょうか?

ポイントを貯める! お得に買い物する!といった事であれば、ポイント還元率がよく、サービスが受けられる提携カードをオススメします。

プラチナカードやブラックカードなど、将来的に上級カードにステップアップしたい。

海外旅行に行った時に補償が手厚い、コンシェルジュサービスを受けたいのであれば、プロパーカードをおすすめします。

クレジットカードの教科書

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

プロパーカード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • ゴールドカードのメリット

    ゴールドカードのメリット・デメリット|一般カードとの違いとは?

  • 海外ATM

    海外のATMで利用できるクレジットカード・国際カードは?

  • キャッシュパスポート

    キャッシュパスポートの申し込み!手数料とデメリットは?

  • ヤフオクのクレジットカード

    ヤフオクなどの個人間取引で安全にクレジットカードを使う方法

  • ファミリーマートTポイントカード

    ファミリーマートはファミマTカードをフル活用すべし!

  • 三井住友visaカード

    三井住友VISAカードの審査は厳しい?発行する6つのメリット!