2019年はお金のばらまきが流行る?広告業界に衝撃が走る!

宝くじで1億円

2018年12月に、paypayが100億円をばらまき、2019年1月には、ZOZOTOWNの前澤友作社長が1億円をばらまきました。

それぞれの詳細を振り返りながら、お金のばらまきにはどんな効果があるのでしょうか?

なぜ2019年以降、お金のばらまきが増えるのでしょうか?

お金のばらまきと言えば

高い保険料払ってるの

2016年に、政府が低所得者2200万人に向けて・1万5000円をばらまく方針を固めました。

賛否両論ありますが、1万5000円もらっても、生活費で消えるだけです。

その結果、ただの無駄遣いだという意見が多かく見られました、

「もらえるものならもらっとけ!」という意見もありますが、結局その後、収入が増えなければ・生活できなくなる人も多いでしょう。

誰が見ても一時的な施策だと分かります。

仮想通貨のエアドロップ

2018年1、2月に、ビットコインが暴落するまで、エアドロップという施策が流行っていました。

※エアドロップは現在でも行われています。

無料でアルトコインがもらえるという企画です。

コイン発行者が1人1人に配る量は少ないですが、「後に大きく値上がりするのでは?」という期待から人気がありました。

このエアドロップをする理由ですが、知名度を上げたり・取引所で売買する人・金額を増やしたりと、様々な目的があります。

そもそも有名になれず・価値がないコインは消滅するので、生き残るための対策でもありました。

分かりやすい例として、ツイッター上でも、何かの特典として、購入したり・集めた仮想通貨を配っている人もいました。

仮想通貨あげるから、「フォローしてね」みたいな。

paypayが100億円のバラマキ

未だに話題になっていますよね?

paypayの大規模なキャンペーンは終了していますが、1月20日まで、家電量販店でpaypayを利用することで、ポイントがアップする施策は行われているようです。

※2019年2月12日からpaypayキャンペーン第2弾が始まっています。

この100億円キャンペーンを行った理由ですが、キャッシュレス時代のシェアを勝ち取ることです。

ライバルにはLINE Pay(ラインペイ)、楽天ペイなどの競合がいます。

結局、市場シェアを大きくとった会社が、今後利益を大きく伸ばせるので、そのために100億円使ったのです。

最初に与えて、後で大きく刈り取るみたいな・・・

 

ドコモ、au、ソフトバンクのシェア争いが分かりやすい例ですね。

ただし格安スマホ・simの登場で、3社だけの争いではなくなってしまいましたが・・・

ZOZO前澤友作社長が1億円のバラマキ

前澤さん個人のお金で、100万円を100人に配りました。

ただフォローして・リツイートした人よりも、コメントやリプで熱い思いを語った人が当選したようです。

この1億円を配った理由は、ツイッターのフォロワー数を増やすのも大きな目的ですが、zozoの宣伝も兼ねていたと思います。

色んなメディアやニュースで話題になったので、広告費から見ると、かなり安く済んだのではないでしょうか?

この効果で、zozotownで買い物をする人が増えるかもしれません。

普通に広告代理店に依頼すると、すごい費用がかかります。

特にCMなんかは芸能人を使ったり、本格的な撮影を行うので、数億円かかるそうです。

 

それが1億円で済んだのです。

結局、何かをしかける人って、出したお金を上回る効果を上げるのがすごいですよね?

ちなみに、会社から1億円支払うと税金がかかるようですが、今回は個人からなので税金はかからないようです。

贈与税の詳細を見ると、年間110万円まで控除できるからです。

今後はお金のバラマキが流行る?

お金は裏切らない

これまで色んなお金に関するバラマキがありましたが、

今後は、より当たり前にお金を配る時代になっていくのではないでしょうか?

 

なぜなら、わざわざ広告を作って・・・、CMを作って・・・、お金をかけて・・・と言う流れは

人件費や製作費など、多くの手間がかかるし、時間もかかります。

 

それがお金を配るだけで、paypayや前澤さんのように効果を上げているのですから。

もちろん無名な人には難しいと思うので、少しづつフォロワーを増やしたり、コミュニティーを作る人が増えていきそうです。

一方で、前澤さんの影響を受けて、現金をばらまく人も増えていきそうです。

https://twitter.com/kumapadsense/status/1081875238084722688

ただし、ツイッターの中で当選するには、やはり何かしら心をうつコメントやリプが必要になるでしょう。

なぜなら、自分が企画を主催した場合、100万円という金額を、何者かも分からないような人を当選させないですよね?

今後は広告より個人の力が強くなる

ヒカキン

ユーチューブで有名なヒカキンさんが紹介するだけで、ものが売れたり・何かが流行ります。

ツイッターでも、最近はインフルエンサーという言葉が流行ってきており、影響力を増しています。

何でも、1ツイート10万円、30万円出すから、リツイートして欲しいという依頼も来るそうです。

このように、広告を作るという流れから、影響力のある人への依頼にシフトしていきそうです。

まとめ

何かを広めたいときや宣伝したいとき、お金を配る手法が広まっていきそうです。

もちろん、そんなにポンポンお金を出せる個人は少ないと思うので、会社であったり・SNSで有名な人が、お金を配り始めるでしょう。

しかも、広告費を考えなくてもいいので、逆に安く済む可能性もあります。

よく、10円の化粧品が、最終的に1500円になるという話もあります。

このように広告費だけでなく、人件費など様々な費用がかかるので、今の時代に適した方法と言えそうです。

関連記事

  1. お金が貯まる

    ジムロジャーズが投資したい国は北朝鮮!日本のオワコン化がヤバイ

  2. ブロックチェーンの仕組み

    初心者でもわかるブロックチェーンの仕組み|イヤハヤ講座を参照

  3. 国外財産調書

    【国外財産調書】海外で5,000万円以上の資産をもったら狙われる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事