1. TOP
  2. NISA口座の活用で税金が無料に!初心者でも株・投資信託を始めるチャンス!

NISA口座の活用で税金が無料に!初心者でも株・投資信託を始めるチャンス!

2017/07/29 投資
 
NISAで投資信託

2014年からNISA(少額投資非課税制度)がスタートしています。

このNISAを利用して新たに口座開設をすることで、投資で得た利益に税金がかからない非課税制度を利用することができます。

ただし、利用条件等もありますので、気になるメリット・デメリットの両方を説明していきます。

 

NISA(ニーサ)とは?

 

少額投資非課税制度という名称から、少額投資で得た利益に関しては1部非課税になることが分かります。

この少額とは100万円のことで、

 

年間で100万円の非課税枠を設けており、最大で500万円の投資額に対して最長で5年間非課税になる仕組みになります。

 

2016年1月から年間で20万円アップし、5年間で最大600万円となりました

 

NISA非課税期間

出典:NISA(ニーサ)のご案内 安藤証券

 

株式投資やFXをされたことがある方は、売買・取引をして得たた利益に対して税金がかかります。株もFXも20%だったと思います。

 

2014年から、株式等に関する税率ですが、10.147%→20.315%に戻っています。

 

このように、投資をしても、約20%の税金がかかりますが、NISAを利用することで、年間120万円は非課税になるのです。

 

押さえておきたいNISAの特徴

 

・株式投資信託・上場株式等の譲渡益・配当金等が非課税

・日本在住の20歳以上の方は対象

・開設できるNISA口座は1人1口座まで

・一括購入でも積立でも利用できる

・現在所有している株式投資信託や株はNISA口座へ移せない

 

NISAを始めるには

 

・すでに所有している金融機関でNISA口座を開設

・新たな金融機関でNISA口座を開設

・新たな証券会社でNISA口座を開設

 

だいたいこの3つになりますが、新たに申し込む場合は印鑑・住民票に加えて、2016年からはマイナンバーが必要になってきます。

その後、税務署にてNISA口座が重複していないかをチェックされます。税務署で確認が取れてから開設の通知が届きますが、約2ヵ月かかると言われています。

人気の投資信託⇒ひふみ投信の商品・ひふみプラスの利回りがすごい?

 

NISAの問題点(デメリット)とは?

 

非課税期間は最長で5年

金融庁が使われていない(市場に出ていない)個人のお金を投資に向けさせて、市場を活性化させようと考え、NISAという制度ができました。

 

市場に出回っていないお金

 

なぜなら日本の個人が持っているマネーは全体で1,600兆円以上あり、約半分以上が銀行の預金として眠っていると言われているからです。

 

ここで最長で5年と言われてますが、新しい非課税枠に移す(ロールオーバー)ことで、合計で10年の非課税期間にすることができます

 

投資する金額が大きければ、短期間でも充分な配当や利益を得ることが可能ですが、短期間であれば得られる利益は限られます。

外国の投資信託でリターンが大きなものもありますが、最低でも20年以上預けるケースが見られます。

一方で、日本の投資信託でも複利で運用している会社もあるので、長期的に運用を任せることで利益も大きくなっていきます

 

NISA口座の再利用がNG

 

NISAというと、1人1口座までという制限があります。では、個人の事情によって・期間中に口座を1度でも解約してしまった場合はどうなるのでしょうか?

もちろんその口座は2度と利用できないそうです。

つまり、非課税期間が終了する前に、家庭の事情で急に資金が必要となったとします。そこで投資していた株式等を売却して解約した後は、その口座を再利用することはできないのです。

ここで、100万円を口座に入れておいた場合、50万円だけ解約して・口座から引き出したとします。

年間で120万円は非課税となるので、10万でも20万でも、資金に余裕がある場合は追加で口座にお金を入れたいところです。しかし、こういったことは認められてないようです。

なぜこのようなことが問題になるかと言いますと、たとえば投資信託の場合、必ず上がり・儲かるということはありません。

投資先の内容(ポートフォリオ)によっては、マイナスになってしまうこともあります。

 

投資先

 

100万円という金額で、2種類の投資信託を利用しており、片方の運用成績がよくなかったとします。その場合は、投資信託の内容を入れ替えたいですよね?

しかしその行為が認められてないということになります。

 

他の口座と損益通算ができない

 

通常の確定申告であれば、別々の口座で取引をしている投資の利益と損益を合算して計算できます。

しかしNISA口座は非課税なので、たとえNISA口座で損失があっても、他の口座と合算することができません

その他、損失の繰り越しもできないので覚えておきましょう。

つまり、NISA口座で値上がりしている場合は恩恵を受けれますが、値下がりしている場合では、通常の口座の方がよかったということになります。

 

非課税枠の5年間が終了したら

 

5年後にNISA口座が終了する場合、以下の2つの手段があります。

 

・新たに開設するNISA口座に移管する

・通常の特定口座や一般口座へ投資枠を移す

 

どちらも、実際には売り買いしてなくとも、新しい口座に移した時の価格が取得価格になります。

ここで、特定口座や一般口座などの課税口座に移した場合の売却益にかかる税金について考えてみます。

 

※今回のケースでは、NISA口座に100万円を入れたのに、20万円下がって、口座を移管する時に80万円の取得価格となった場合です。

そして口座を移した後に、その価値が150万円まで上昇した場合にかかる税金を比較します。

 

NISA口座を使っていた場合

売却益150万円-80万円(NISA口座移管時の取得価格)=70万円

税金⇒70万円×20%(復興税等は除く)=14万円

 

NISA口座を使わなかった場合

売却益150万円-100万円(始めに投資したお金)=50万円

税金⇒50万円×20%(復興税等は除く)=10万円

 

このようなケースでは、NISA口座を利用しない方がよかったという結果になります。

そこで、NISA口座で損をした状態で非課税期間が終わる場合は、移管先もNISA口座へロールオーバーした方がいいでしょう。

 

ジュニアNISA

 

2016年には非課税枠が年間120万円になっただけでなく、ジュニアNISAがスタートしました。1月から申し込みが始まり、4月から運用が可能になるようです。

親やそのご両親が、子供や孫の為に資金を準備することに活用されます。

対象年齢は0歳~19歳で、口座名義は子供になり、運用するのはご両親や親権者となります。年間の非課税枠は80万円で、5年間で最大400万円となります。

19歳未満で・途中で払い戻しをしてしまうと、過去の利益分に対して税金がかかってしまうので注意が必要です。

 

まとめ

 

NISAの問題点を挙げてきましたが、それでもメリットの多い制度だと思います。なぜなら、銀行で眠っている個人のお金が投資に回れば、日本の金融市場も活発になると考えられるからです。

雑誌等で、証券会社等が頻繁にNISAをあおってはいますが、そこまで盛り上がっているようには感じません。

たぶん日本では、未だに投資=危険と言うイメージが強いのかもしれません。危険と言うより、資金を減らしたくない思いが強いのかもしれませんが・・・

ただし、リスク0で利益につながる話はありません。ではどうしたらいいのでしょうか?

もちろん投資にお金を回すことは大切です。そこで、投資信託であれ・株式投資であれ、金融知識を身につけることが重要ではないでしょうか?

個人的には、実践しながら学ぶのが一番だと考えます。それでも心配な人は、月々数1,000円から始められる投資信託から始めるのがおすすめです。

人気の投資信託⇒ひふみ投信の商品・ひふみプラスの利回りがすごい?

お金で損をしたくない人はコチラもおすすめ!

外貨預金の手数料が安い会社は?FX口座で外貨を所有すべき!

投資

外貨預金の手数料が安い会社は?FX口座で外貨を所有すべき!

資産分散やお金を増やす目的で、外貨預金やFXを始める人が増えてるそうです。特に今後は円安にぶれた場合、外貨で資産を形成することが、生活を守る保険となります。 東南アジアなどの新興国は若い労働力が豊富なため、今後も発展することが予想されますが、日本の経済成長はあまり期待できない状...

生命保険の加入前に掛け捨て・積み立ての違いを把握すべし!

年金・保険 節約・貯金

生命保険の加入前に掛け捨て・積み立ての違いを把握すべし!

社会人になり、家庭を持つようになると心配になるのは、自分に万が一の事があったら家族はどうなるのか?ということです。 その万が一に備えるのが「生命保険」です。 ここで生命保険を検討する際、掛け捨てと積み立て、どちらを選択すればいいのでしょうか? それぞれのメリット・デメリットを挙げ...

家を売る?それとも賃貸に?知っておきたい不動産の活用術5選!

お金の疑問

家を売る?それとも賃貸に?知っておきたい不動産の活用術5選!

高度経済成長期の日本であれば、どんどん家や土地の価格が上がっていきました。 もちろんその後も、売買や賃貸で利益を出す人も増えていったと思います。 しかし最近では、空き家問題、サブリース契約など、家や土地に関する諸問題の話題を見かけるのも事実です。 しかも今後は、少子高齢化社会の問...

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

NISAで投資信託

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • 投資用不動産

    不動産投資物件を探すのに役立つ不動産情報サイト3選!

  • HSBC香港

    HSBC香港の口座開設をするメリット!増税・円安から身を守れ!

  • お金が貯まる

    [1億円の作り方]年代別!お金を増やす資産運用術とは?

  • 松井一代投資

    運用資産は100億円以上?松井一代の投資先と金運アップ法とは?

  • デリバティブとは?分かりやすく事例を挙げて解説します!

  • ヘッジファンドと複利

    ヘッジファンドと複利で資産が倍増!1億円も夢ではない?