1. TOP
  2. ネットバンクがおすすめ!利用するメリット・デメリットとは?

ネットバンクがおすすめ!利用するメリット・デメリットとは?

ネットバンクのすすめ

今の時代、店舗系の銀行1社とネットバンクの銀行を1社利用するのが一般的のようです。

ふだんの生活で使うお金を店舗系の銀行に預け、ネット上で取引に使用する分をネットバンクに入れておく人もいます。

アマゾンや楽天市場でのショッピングをはじめ、ヤフオクなどのオークション、株やFXの取引においても、ネットバンクがあった方が便利です。

そこで、ネットバンクを利用するメリット・デメリットを紹介していきます。

 

ネットバンクのメリット

 

わざわざ銀行へ行く手間が省けます

仕事が忙しくてなかなか銀行に行けなかったり、小さい子供がいたり、天気の悪い日は外に出かけたくないですよね?

そんな時にネット銀行はとても便利で、パソコンやスマートフォンで様々な操作が出来ます。

わざわざ混んでいる銀行へ行って、窓口やATMで順番を待つ必要もありません。

 

「クレジットカードで買い物した分の引き落としがあるけど、残高はまだあるのかな?」
「給料は振込まれてるかな?」
「何日までに振込に行かなきゃ行けないけど、行く時間がない!」

 

と思った時でも銀行へ足を運ばなくても、いつでも振込や残高確認、入金出金の確認などが出来ます。

 

お金を引き出す時間を気にする必要がない

 

ネットバンクはインターネットから24時間いつでも利用できます。

 

仕事をしていると、営業時間に銀行やATMに行けない事ってありますよね?

普通の銀行(都市銀行や地方銀行)は、営業時間が決まっています。

ATMはいつでも利用できますが、仕事が終わってからや日曜などの営業時間外に行くと 時間外手数料が取られてしまいます。

 

毎回手数料が引かれていると、結構な金額になってしまってもったいないですよね。

 

ネットバンクであれば、 コンビニATMで手数料無料で使う事が出来ます。

ただし、各ネットバンクの利用頻度やランク・特典等に左右されるので、ネットバンクを申し込む前に確認しておきましょう。

 

手数料が安く、 金利が高い

 

ネットバンクでは、他の都市銀行や地方銀行などの普通預金・定期預金と比較して利率の高い預金金利が魅力です。

 

都市銀行や地方銀行の普通金利はどこもあまり変わらず0.02%くらいですが、ネットバンクでは一番金利の高い所(イオン銀行)は0.12%なんです。(2016年5月現在)。

この理由は、店舗での営業を行わず、ネット上での取引に特化することで、実店舗の運営に係る店舗の維持費や人件費といった経費がかからない点が挙げられます。

 

ネットバンクのデメリット

 

店舗、通帳がありません

ネットバンクは基本的に店舗がありません。通帳がないと不安、と思う人も多いかもしれません。

しかし、ネットバンクでは残高や過去の明細について、ネットや携帯電話で全て確認することができます。 必要な時にはダウンロードしてコピーすれば、書面で残しておく事も可能です。

 

セキュリティがしっかりしている分、パスワードを忘れたら大変

インターネットに関する様々な犯罪がある中、セキュリティに不安を抱く人も多いかもしれません。

 

多くのネットバンクでは、こうしたセキュリティについてしっかりとした対策をとっています。

 

ネットバンキングでは、安全な取引をする為に、本人確認用のIDやパスワードを設定して利用します。

セキュリティがしっかりしている分、このIDやパスワードを忘れてしまうと、本人でもログインできず、取引ができなくなってしまいます。

規定回数以上、入力を間違えてしまった場合、不正ログインだと判断され、一定期間のサービス停止措置が取られます。

楽天銀行のように、パスワードを忘れた場合、郵送でパスワードが送られてくるケースもあります。郵送になると数日かかるので、パスワードの取り扱いには注意が必要です。

 

ネットバンクのATM・振込み手数料

 

便利になったとはいえ、ATM手数料・振込み手数料が負担になればメリットは半減するので、各手数料を見ていきます。

年々条件や仕様は変わりますので、ネットバンクに申し込む際は確認されてください

 

ATM手数料

 

●住信SBIネット銀行

セブン銀行ATM⇒出金:無料、入金:無料

ゆうちょ銀行ATM⇒出金:合計で月5回まで無料(6回目から1回108円)、入金:無料

ローソンATM⇒出金:合計で月5回まで無料(6回目から1回108円)、入金:無料

E-netATM⇒出金:合計で月5回まで0円(6回目から1回108円)、入金:無料

 

●楽天銀行

セブン銀行ATM⇒出金:216円、入金:270円(3万円以上は無料)

ゆうちょ銀行ATM⇒出金:270円、入金:270円(3万円以上は無料)

ローソンATM⇒出金:出金:270円、入金:270円(3万円以上は無料)

E-netATM⇒出金:出金:270円、入金:270円(3万円以上は無料)

 

●ジャパンネット銀行

セブン銀行ATM⇒出金:初回0円・以降162円、入金:初回0円・以降162円(3万円以上無料)

ゆうちょ銀行ATM⇒出金:初回0円・以降324円、入金:初回0円・以降324円(3万円以上無料)

ローソンATM⇒出金:初回0円・以降162円、入金:初回0円・以降162円(3万円以上無料)

E-netATM⇒出金:初回0円・以降162円、入金:初回0円・以降162円(3万円以上無料)

 

振込手数料

 

●野村信託銀行

月30回まで無料(楽天銀行宛は月2回まで無料)

(※野村信託銀行を利用するには、野村証券の口座開設が必須。)

 

●住信SBIネット銀行

月3回まで無料、4回目からは1回154円(税込)

 

大和ネクスト銀行

月3回まで無料、4回目からは1回154円(税込)

手数料などの条件は随時変化しますので、利用の際はご自身で確認されてください

 

ネットバンクの手数料

 

楽天銀行同士、住信SBIネット銀行同士の振込み手数料は0円です。

 

 

ネットバンクで定期預金

ネットバンクを利用するメリットの1つとして、都市銀行や地方銀行よりも金利が高いという特徴が挙げられます。

 

住信SBIネット銀行

円定期預金

1ヵ月:0.024 %、3ヵ月:0.060 %、6ヵ月:0.080 %、2年:0.090 %、3年:0.100 %

特別金利キャンペーン

現在は実施されていませんが、先月まで(2014年12月15日から2015年4月5日お預入手続き完了分まで)お得なキャンペーンが実施されていました。

・預入期間6ヵ月⇒年0.2%(税引き後年0.15%)

 

新生銀行

通常は0.010%と金利は低いですが、キャンペーン期間中に円の定期預金(6ヵ月もの)を申し込むと、優遇金利を受けられます。

・対象期間:口座開設月を含む当初3ヵ月目の月末日20時まで

・6ヵ月もの円定期預金⇒年0.5%(税引き後年0.3984%)

 

おすすめのネットバンク

 

ネットバンクの金利

 

ソニー銀行

SONYグループのネットバンクです。ソニー銀行は、セブン銀行ATMとイオン銀行ATMの利用手数料がいつでも無料です。

東京三菱UFJ銀行と三井住友銀行のATMでも利用できるので、お金の入出金には困りません。

ローソン・イーネット・ゆうちょ銀行・東京三菱UFJ銀行・三井住友銀行のATMでは、月合計4回まで無料です。

 

ソニー銀行同士の振込なら振込手数料は無料です。

 

他行に振り込む場合は、月1回まで無料(翌月10日までにキャッシュバック)となっています。

 

イオン銀行

イオン銀行は、預金金利が非常に魅力的なネットバンクです。

日常的にイオンを利用する人はさらにお得です。最大の特徴は高い普通預金金利です。

イオンカードセレクト(年会費無料のクレジット機能付きキャッシュカード)を持っている方は普通預金金利が0.12%(2016年5月)。

作らないと損!?ワオンカードのお得な作り方・使い方!

今どこの銀行も金利は0.02%と低いので0.12%は、とても魅力的ですね。普通金利だけでなく、定期預金の金利もネットバンクで比較して高めです。

365日24時間引き出し手数料が無料。イオン銀行は全国5000台以上設置されています。

 

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は全体的にバランスがとれたネット銀行です。2016年には、サービス内容の大幅な改定が行われています。

利用状況(預金残高や外貨預金などの利用)に合わせて、ランク1~ランク4の判定があり、ランクに合わせて特典が変わる段階的プログラム(スマートプログラム)が導入されました。

身近にあるコンビニATM、ゆうちょ銀行、どのATMを利用しても入金(3万円以上)、出金手数料(月1回)が無料。

SBI証券の口座を持っている人であれば尚更お薦めしたいネットバンクです。

SBI証券と連携した「ハイブリッド預金」を利用すれば、高金利が期待できるだけでなく、SBI証券の株式売買口座としても利用することができます。

 

まとめ

 

一部のネットバンクを紹介してきましたが、ATM・振込み手数料で優遇されているのがネットバンクです。

金利のキャンペーンに関しては、じぶん銀行、東京スター銀行、楽天銀行などでも実施されています。ただし、中途解約できないところもあります。

個人的にはまだネットバンクで定期預金をしたことはないのですが、税金を引かれるのはなんか切ないですね・・・

その他では所有している店舗系の銀行と相性のいいネットバンクを選ぶのもおすすめです。

支払いに便利なだけでなく、イオン銀行の様に普通預金金利が0.12%という金利の高い所は魅力的ですよね?

 

・その他のネットバンク

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

ネットバンクのすすめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • ジャパンネット銀行ATM

    ジャパンネット銀行のメリット|Tポイントとの相性が抜群!

  • みずほ銀行のネットバンキング

    みずほ銀行ネットバンキングの魅力(宝くじ購入!マイレージクラブ)

  • スルガ銀行の支店

    スルガ銀行のネットバンク支店がお得!ポイントやマイルも貯まる!