1. TOP
  2. みずほ銀行の決済サービス・Jコインペイを利用した感想!

みずほ銀行の決済サービス・Jコインペイを利用した感想!

2019/03/05 更新日:2019/03/05 お金の考え方
 
J-Coin Pay(Jコインペイ)

2019年に入ってから、キャッシュレス決済サービスの乱立が目立ってきました。

最近では、ペイペイの20%キャンペーンにはまっていますw

 

そんな中、みずほ銀行の決済サービス「Jコインペイ」が誕生しています。

私はみずほ銀行の口座をもっているので、さっそく登録してみました。

登録作業は少し面倒でしたが、使い勝手はよさそうです。

そこで、Jコインペイとは何なのか?、どのようなサービスなのか紹介していきます。

 

Jコインペイとは?

 

みずほフィナンシャルGが主体となって発行している仮想通貨が「J coinJコイン)」です。

 

仮想通貨と言えば、価格の変動が激しいイメージがありますが、

Jコインはビットコインのような価格の変動はありません

 

スマホを使って・銀行口座にある円をJコインに換えることで、お店で決済したり、個人間での代金の受け渡しが可能となります。

 

円とJコインの受け渡しをはじめ、スマホを通して送金・決済できるアプリが、Jコインペイです。

 

仮想通貨と言えば、投機的なイメージが強いですが、根底にあるブロックチェーン技術は、今後も世の中を変える仕組みになりそうです。

 

 

Jコインペイの登録

 

Jコインペイアプリをインストールして、登録作業を進めていきます。

こちらの動画では、実際に登録した時の作業を説明しています。

 

 

銀行口座から⇒Jコインペイへのチャージ

一瞬でチャージできましたw

 

Jコインペイ⇒銀行口座

こちらは、1時間以上かかりました

1時間ほどたった頃、スマホの方に「送金完了」という通知が届いてました。

 

みずほ銀行のATMであれば、入出金手数料は0円ですが、コンビニ等であれば手数料がかかりますよね?

今回の銀行口座⇔Jコインペイ間の送金は無料です!

この様なサービスが普及すれば、ATM手数料を気にする必要はなくなりそうです。

徐々に地銀も参入するので、利用できる店舗も増えそうです。

 

個人間の送金

 

Jコインペイ個人間送金

 

個人間送金の「送る」、「送ってもらう」の両方を見ましたが、

QRコード、SNS、LINEで行うようです。

わざわざ、ATMでお金をおろさずに、送金できるのはとても便利ですね。

 

 

Jコインペイを利用できる店舗は?

 

キャッシュレス決済の種類と利用するメリット

 

現時点では利用できる店舗はないようですが、今後は以下の店舗で使えるようになるそうです。

※あくまで予定

・ウエルシア

・ダイソー

・ビックカメラ

・ファミリーマート

・ヤマダ電機

・すかいらーく

・松屋など

 

 

Jコインペイに参入する地銀

 

Jコインペイに参入する地銀

出典:J-Coin Pay – みずほ銀行

 

Jコインペイに参画する銀行の数は、60とも言われています。

銀行に行かなくても、資金の出し入れ・送金が当たり前になりそうですね。

 

 

Jコインの仕組みを作るメリット

 

J-Coin Pay(Jコインペイ)

 

ここまで見ると、利用者側にメリットがあると感じますよね?

では、Jコインペイを開発した銀行側にはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

このままでは取り残される

銀行はオワコンと言われてる時代です。

今後はキャッシュレス時代になっていくので、より便利に利用できる銀行が選ばれるはずです。

ここ数年、大手銀行ではなく、ネットバンクを利用する人が増えてる印象です。

※様々な手数料が安いため

あくまで現金主流だと、取り残される危機感があったため、デジタル通貨構想に取り組んだのではないでしょうか?

 

外国人観光客の日本での消費の拡大

みずほフィナンシャルグループは、アリババ傘下の企業が運営するQRコード決済「アリペイ」を、

Jコインペイの加盟店で使えるようにするそうです。

・人民元⇒アリペイ⇒(Jコインペイ)⇒日本の加盟店

この仕組みができれば、外貨を日本円に両替する必要がなくなります。

この仕組みこそ、ビットコイン開発者が構想した仕組みではないでしょうか?w

 

今回は中国ですが、多くの国を巻き込むことで、日本で消費する外国人が増える可能性もあります。

その逆もありますよね?

 

加盟店からの手数料?

通常、クレジットカード決済を利用すると、店舗側はカード会社に手数料を支払います。

ペイペイも、最初は決済手数料が無料ですが、2年後に徴収を始めるようです。

そのため、銀行側も、この手数料で収益を得るのが目的かもしれません。

とにかくスケールメリットが大きくなれば、加盟店も増加し、決済手数料もかなりの額になりそうです。

 

 

まとめ

 

Jコインペイを実際に使ってみたいのですが、まだ使える店舗がありませんでした。

ただし、Jコインペイという仕組みを作ったのはすごいと思います。

実際にアプリを触ってみても使い勝手が良く、今後はATM手数料のことを考える必要もなくなりそうです。

キャッシュレス決済が進むと、現金を見かける機会は減りそうですね。

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

J-Coin Pay(Jコインペイ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • 家具家電

    4つの地域でレオパレスに住んでみた感想・評判[入居期間1ヵ月以上]

  • アマゾンで商品が届かない

    アマゾンは設立より7年間赤字だった!ジェフ・ベゾスの理念とは?

  • 宝くじで1億円

    宝くじで1億円当たったら?私が考える9つの使い道!

  • 見返りを求めない

    成功者は見返りを求めない?世の中の仕組みはギブアンドテイク!

  • プライベートジェットの維持費

    お金持ちの人が大切にしている7つの習慣とは?

  • 住む場所で人生が変わる

    住む場所で人生が変わる!自分に合わない場所は変えるべき?