1. TOP
  2. 明治安田生命の学資保険の口コミ|5年ごとの支払いが特徴

明治安田生命の学資保険の口コミ|5年ごとの支払いが特徴

2016/10/18 年金・保険
 
明治安田生命の学資保険

明治安田生命の学資保険は「つみたて学資」という商品です。元々は「明治安田の学資のほけん」という商品名で販売されており、返戻率の高さでは学資保険の中でもトップクラスでした。

それが2015年のリニューアルを経て、さらに返戻率の高い商品として販売されるようになりました。

では、明治安田生命の学資保険の特徴とはどんなもので、返戻率が高いということによるリスクはあるのでしょうか。

 

明治安田生命の学資保険の特徴

 

かんぽ生命学資保険の特徴

2つのタイプがある

 

明治安田生命の「つみたて学資」には、I型とII型という2つのタイプがあります。この違いは、契約者の保険料免除の該当事由にあります。

 

・I型⇒契約者が所定の身体障害の1級・2級に該当した場合、以後の保険料が免除されます。

・II型⇒I型に加え、契約者が初めて悪性新生物(がん)と診断された場合にも保険料が免除されます。

 

 

5年ごとに保険料の支払い

保険料は5年ごとの支払いのみで、子供が5歳、10歳、15歳の3回にわけて支払いをします

それぞれ、まとまった金額を用意する必要があります。

 

全期前払いが可能

保険料の支払いは基本的に5年ごとですが、加入時に全額を支払うことも出来ます。

 

保険料の支払いは15歳まで

保険料の支払い期間は、最長でも子供が15歳までとなっています。

 

保険料の受け取りは大学入学時

他社の学資保険では、中学・高校・大学入学時に学資金を受け取れるプランがありますが、明治安田生命の学資保険では大学入学時まで受け取れません。

子供が高校を卒業してから進学するケースに特化した学資保険と言えるでしょう。

 

子供が小さいうちから加入出来る

出産前140日から子供が6歳になるまで加入することが可能です。

 

明治安田生命 学資保険のメリット

 

楽天モバイルメリット

 

5年払い込み・基準保険額70万円で高返戻率

基準保険額70万以上のプランを選択すると、保険料が安くなります。返戻率も120%以上です。

5年ごとの保険料の支払いのため、預貯金の余裕がないと加入出来ませんが、高い返戻率で保険料を受け取ることが出来ます。

 

がんと診断されると保険料の支払いが免除に

II型を選択した場合、契約者である両親などが「がん」と診断された場合、生きているうちから保険料の免除を受けることが出来ます。

契約者に万が一のことが起きた場合、保険料の支払いが免除されるうえに、加入時の契約内容は有効で、子供が所定の年齢に達したときの学資金と満期保険料の受け取りが可能です。

 

教育資金の支払いが10月1日

AO入試や自己推薦入試などが増えてきているので、子供が早めに合格した場合の入学金や学費の準備をすることが出来ます。

 

保険料の受け取りは4回

保険金の受け取りは18歳、19歳、20歳、21歳の満期の4回にわけられています。大学入学時の準備はもちろん、大学在学中の費用に充てることが出来ます。

 

子供が小さいうちから準備出来る

保険料の支払いは最長でも子供が15歳の時までです。契約者が若くて収入が確保出来るうちに子供の学費を確保することが出来ます。

 

全期払いが可能

保険加入時に全額を支払うことも可能です。一括で支払ったほうが返戻率は高くなります。

 

元本割れがない

高い返戻率を売りにしているだけあって、どの時期を支払い完了に選んでも返戻率が100%を切ることがありません。支払った保険料に対して、確実にそれ以上の保険料が受け取ることが出来る学資保険と言えます。

 

明治安田生命 学資保険のデメリット

 

ミニ保険のデメリット

 

プランが少ない

明治安田生命の学資保険のプランは2つです。どちらも子供の大学進学に備えたプランのため、18歳以前の子供の進学プランに対応していません。

 

15歳完納では返戻率は低め

子供が5歳や10歳のときに保険料の全額を支払った場合には、非常に返戻率が高い保険と言えます。

しかし、15歳に設定した場合には返戻率がやや低くなってしまい、他社と比較した場合とあまり変わらないかもしれません。

 

高い返戻率が適用されるのは5歳、10歳に保険料の支払いが完了している場合です。

 

5年ごとの保険料の支払いが負担

加入時の収入や預貯金に余裕があったとしても、5年後、10年後には契約者に何があるかわかりません。

 

5年分の保険料の金額が高額になるため、支払いが困難になる可能性も皆無ではありません。

 

子供が2歳までの加入は高返戻率

10年払い込みの場合、15年払いの場合よりも返戻率が上がります。しかし、子どもが2歳までの間しか加入出来ません。

 

子供が6歳までしか加入出来ない

子供が6歳までしか加入出来ません。子供が大きくなってきて、学資保険を検討している方向けの商品ではないと言えるでしょう。

 

まとめ

 

明治安田生命の学資保険は、返戻率の高さで学資保険の中でもトップクラスを誇っています。高い返戻率の背景には、保険料の5年払いと基準保険額70万円があります。

現在預貯金などに余裕があり、子供が小さいうちから学資の用意をしたい方にとっては、返戻率が高いオススメの保険と言えます。

契約者ががんになった場合、それ以後は保険料が免除されるため、親に万が一のことがあった場合にも子供の学資の保証が可能です。

しかし、最長の15歳払いではやや返戻率が低くなり、他社と変わらない程の返戻率になる場合もあります。また、5年ごとの保険料の支払いは経済的な負担が大きいことを覚悟する必要があるでしょう。

 

 

※他社の学資保険の口コミ

郵便局の学資保険が人気!加入するメリット・デメリットとは?

フコク生命 学資保険の口コミ|加入する上での注意点とは?

ソニー生命の学資保険の口コミ|無配当で返戻率が高い!

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

明治安田生命の学資保険

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • 学資保険の賢い選び方|複数の商品を比較して知識を身につけることが大切!

  • 医療保険

    医療保険は必要ない?健康保険でカバーできる内容を加入前に確認すべし

  • 保険の種類と選び方

    教科書みたい!初心者でも分かる保険の種類と選び方!【保存版】

  • ミニ保険

    意外と使えるミニ保険!どのような種類があるの?

  • 自動車保険が安い

    自動車保険をできるだけ安い金額にする裏ワザ4選!

  • 終身保険の必要性

    ご家族必見!終身保険の必要性から分かる学資保険との2つの違い