教育費の無償化が始まる!幼稚園・高校・大学の状況別まとめ

教育費無償化

教育費の無償化が始まる!幼稚園・高校・大学別に進捗状況を紹介します。

TVを見ていたら、教育無償化のニュースが流れていました。 

海外では大学に無償で行ける国もあれば、小学校から大学まですべて無料と言う国まであります。

ようやく日本でも教育費無償化の流れが来ているので、幼稚園高校大学別に調べてみました。

教育費無償化はいつから?

教育費の無償化ですが、消費税10%と同時期に始まっています。

2019年10月1日ですね。

ただし、2019年10月1日に始まったのは、幼児教育の無償化です。

高校教育大学費用の無償化は、2020年4月を予定しています。

幼児教育無償化の内容

内閣府のHPを参照すると

幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する3歳から5歳児クラスの子供たち、 住民税非課税世帯の0歳から2歳児クラスまでの子供たちの利用料が無料になります。

とあります。

幼児教育の無償化

0~2歳児(住民税非課税世帯が対象)

幼稚園、保育所、認定こども園だけでなく、地域型保育も無料。

認可外保育施設に加え、一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業を対象に

保育の必要性の認定」があれば月42,000円まで無料

3~5歳児(全世帯が対象)

幼稚園

預かり保育の利用は、「保育の必要性の認定」があれば、月11,300円まで無料

認可保育園地域型保育園

無料

認可外保育施設等

「保育の必要性の認定」があれば、月37,000円まで無料

※保育の必要性の認定は、各市町村で認定を受ける必要があります。

※子供を図蹴る施設によって、全額無料になるのか、一部免除されるのかが異なります。

高校教育の無償化

高校教育の無償化

一定以下の所得の過程で

入学金:最大約26万円

授業料:最大約70万円

免除されます。

高校教育の無償化

文部科学省のHPを参照すると、

2020年4月から、私立高校に通う生徒の就学支援金の上限が引き上げられます。

 文部科学省の私立高校教育無償化について

出典:変わります! 高等学校等就学支援金制度 – 文部科学省

※高校が、就学支援の対象になっている場合に適応されます。

2020年に高校に入学する予定であれば、就学支援の対象になっている高校を選びたいですねw

大学費用の無償化

無償化の対象となるのは、大学、短大、高専、専門学校です。

対象となる世帯は、住民税非課税世帯、またはそれに準じる世帯です。

上限金額は以下の様になっています。

大学費用の無償化

出典:高等教育無償化の制度の具体化に向けた方針の概要 (PDF

学資保険は必要?

これまで高校・大学に行く子供のために、学資保険に入るのが当たり前でした。

ただし、昔ほど金利は付かなくなっています。

なので、各家庭で貯金できる場合は学資保険は不要でしょう。

逆に貯金するのが苦手と言う家庭は、学資保険に加入するのも1つの選択です。

条件はありますが、これから教育の無償化が進むのであれば、毎月保険にかける金額は少ないものでよさそうです。

今後のために学資保険を調べておくのもおすすめです

まとめ

教育費の無償化が始まるということで、幼稚園・高校・大学別に調べてみました。

全体的に、住民税非課税世帯とあるので、所得の低い家庭が恩恵を受けるといった印象です。

今後は、大学に行って・多額の奨学金を背負うような仕組みが減っていけばと思います。

来年以降、高校等に進学する家庭は、就学支援対象の学校を選びたいところですね。

関連記事

  1. 稼ぐ

    友達同士のお金の貸し借りは絶対にダメ!貸すならあげるつもりで!

  2. カンニング竹山の借金

    カンニング竹山先生の借金が2年で450万円に!【しくじり先生】

  3. 住宅ローン控除

    住宅ローンは固定金利・変動金利、どっちに借り換えすべき?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA