格安SIM・格安スマホで携帯・スマホの月額料金が安くなる!

格安SIM・格安スマホとは?

ようやく格安SIM格安スマホを利用する人が増えてきました。

格安と謳っているので、今使っているドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアと比較すると、月額料金等が安くなります。

SIMフリーの普及によって、使用料金を安くなるだけでなく、ご自身にあった料金プランを選ぶことがより大切です。なぜなら、電話をよく利用する人であれば、あまり変わらないケースもあるからです。

そこで、SIMフリーや格安スマホの特徴を紹介していきます。

SIMカードとは?

SIMカードとは識別情報が記録されたICカードのことで、スマホやタブレットなどの端末に差し込むことにより、通信機能が使えるようになるものです。

 

携帯電話やスマホを新しく買ったり・買い替える場合は、ショップの店員さんが端末にSIMカードを差し込んでくれますよね?

SIMカード

次にSIMに関連して、よく出てくるワード(用語)を紹介していきます。

SIMフリーとは?

簡単に言うと、SIMカード1枚で端末を自由に選ぶことができる仕組みになります。SIMカードには電話番号を特定するための固有のIDが記録されています。

これまでは、使っているキャリアごとに使用できる端末が制限されていました。しかしSIMフリーになると、特定の端末に限らず、好きな端末を選ぶことが出来ます。

海外では数年前からSIMフリーが当たり前のように使われていました。

格安スマホとは?

SIMフリー端末にSIMカードを差したものを格安スマホと呼ぶようです。

 

①使った分だけ請求されます。

②ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアよりも総額が安くなります。

 

一般的に大手のキャリアを利用する場合は、最低でも月額で6,000円以上かかるケースが一般的でした。

一方の格安スマホですが、月々2,000円以下でスマホを利用することができるプランがあります。

格安スマホが普及

つまりこれまでの月額料金と比べると、使い方・ライフスタイルによって格段に安くなるので、格安スマホと呼ばれています。

MVNO(仮想移動体通信業者)

独自の通信網を所有している大手キャリアをMNOと呼ぶそうです。

一方で無線通信インフラを借りてサービスを提供する業者をMVNOと言うようです。一般的にMVNOはMNOから回線を借りて事業をしているということです。

 

具体的に言うと、MVNOはドコモが所有している通信基地の設備を借りて・独自の料金プランをユーザーに提供しています。

 

2011年に月額980円のイオンSIMが登場して・その月額の安さから今でも注目を浴びています。このように、今後もMVNO業者が増えることが予想されます。

格安SIMを利用するには?

上記の格安スマホでも記載しましたが、格安SIMを利用するにはSIMカードとSIMフリー端末が必要になってきます。具体的には、まず初めにMVNOで売られているSIMカードを購入します。

その次にSIMフリー端末を購入するのですが、最近のMVNOのホームページをチェックすると、セットで売られているケースが多いようです。

SIMフリー端末

 

ちなみに、キャリアが販売しているスマホは、ユーザーが別に用意したSIMカードが使えないようにロックがかかっています

 

このロックを解除したものをSIMフリーと言いますが、最近ではネットだけでなく・家電量販店でも販売されています。

また、ほとんどのMVNOがドコモの回線を利用しているようなので、その場合は、SIMカードを差し替えるだけで格安SIMが使えるようになります。

格安SIMの特徴

格安SIMの中には通信専用のものもあります。外国で、レンタルや使い捨ての格安SIMを使ったことのある人もいるかもしれませんね。

もちろん通話ができるタイプもあります。ただしラインなどのアプリもありますので、その場合は通信専用のものでも通話できるので便利です。

またMNPを利用して、今使っている電話番号をSIMフリー端末にも割り当てることができますので、メインのスマホとして利用するのもいいでしょう。

スマホに関連する記事

SIMフリー端末のメリット・デメリットとは?2年縛りなし!

ワイモバイルから楽天モバイルへの変更は失敗?正解?

格安SIM(スマホ)の選び方!通話時間・通信量の目安とは?

関連記事

  1. 携帯電話で金運が上がる

    金運がアップ!人生が楽しくなる携帯番号とその選び方とは?

  2. ワイモバイルのポケットWi-Fi

    ワイモバイル・ポケットwifiの解約を早めにすべきだった体験談

  3. アンドロイドでモバイルsuicaを使ってみた

    Androidでモバイルsuicaを使った結果がヤバすぎw

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA