初心者でもわかるブロックチェーンの仕組み|イヤハヤ講座を参照

ブロックチェーンの仕組み

2017年後半から怒涛の様に価格を伸ばしてきた仮想通貨ですが、ようやく少し落ち着いてきたように感じます。

もちろん長期的に価格は上がると思いますが、そもそも基盤となるブロックチェーンの仕組みを知らず、短期の利益を狙って参入してる人も多いでしょう。

もちろん私もあまり・・・ですが、イケハヤ氏の講座を見て何となく概要を知ることができました。この概要を知ることで、より仮想通貨に興味を覚えたので紹介します。

そもそもブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、P2P(ピアツーピア)という技術を発展させて作られたもので、特に不正のできない仕組みのようです。

P2Pとは?

P2Pとは、個人個人が直接つながる仕組みのことです。

ブロックチェーンの仕組み

現在は、サーバーを通してサイトを見たり、商品を購入したりしています。そのため、多くの人が1つのサイトに集中すると、表示される速度が遅くなったり、表示されなくなってしまいます。

しかしP2Pでは、サーバーは必要なく、直接個人と個人のやり取りをつなげることができます。

不正がしにくい仕組みとは?

これまではサーバー上のデータを改ざんすれば不正ができたようですが、ブロックチェーンでは個人個人が直接つながる為、多くのデータを改善する必要があるようです。

しかし、そのような行為は技術的に不可能とのことです。

仮想通貨とは?

ブロックチェーン上で動くお金の仕組みです。

暗号通貨とも呼ばれ、ビットコインが有名ですよね?

ビットコインは有名ですが、2018年はイーサリアムという通貨に注目が集まっています。単なるお金と言う役割だけでなく、その技術が多くのプロジェクトで活用されているからです。

そのため、インフラ銘柄として、その存在価値を高めていくことになりそうです。

ブロックチェーンの仕組みが実用化されると

ここまでで、ブロックチェーンは、不正ができない個人個人が直接つながるネットワーク(仕組み)だと分かりました。

そうなった場合、現実にはどのような変化が起こるのでしょうか?

宝くじなどギャンブルの透明化

宝くじを買ってる人は多いでしょう。新聞にも1等から5等まで?掲載されます。しかし、どのくらいの購入者がいて、当たっているのかよく分からないですよね?

大元の管理者を通さずにやり取りをすることで、そういうデータの明確化が可能になるようです。

保険会社と通さずに購入できる

P2Pの仕組みで、保険会社を通さずに保険の商品を購入できるようになりそうです。

保険に関してはIXTという銘柄が有名です。

もちろん保険だけでなく、中間業者を必要とせずにまわる業界もたくさんあるでしょう。

行政と言う中心が必要なくなる?

ビットコインに関しても、管理者はいません。そのため、ビットコインアドレスを失くしてしまうと失います。しかも世界中の人が関わることができます。

このように誰も管理していない状況で動く仕組みはとても革命的ですよね?

そのため、1つの街を見ても、管理者(行政)がいなくても街の経済状況がまわるようになるかもしれません。

現在はビットコインなどの仮想通貨に関して規制が叫ばれていますが、この背景として、行政側が管理できなくなることを恐れているのかもしれません。

もちろん、まだまだ先のことだと思いますが、ブロックチェーンで何ができるのかということを考えた結果、多くのプロジェクトやトークンなどが発行されてる状況です。

イケハヤ氏のブロックチェーン講座

とても分かりやすく参考になったのでおすすめです。

まとめ

これからの世の中は、ブロックチェーンの仕組みを利用して、多くの技術が少しづつ実用化されていくでしょう。

そういう目線でアルトコインに投資をしていくと、狼狽売りすることなく、長期的に応援できるのではないでしょうか?

中にはscamや潰れていく銘柄もあるので、その点は注意しましょう。個人的には株をやるよりも面白いな~と思っていますw

関連記事

  1. 国民負担率

    【国民負担率】諸外国と比べて日本の税率(消費税)は低いのか?

  2. レオパレス21ガイアの夜明け

    ガイア砲でレオパレス21の違法建築が発覚!多額の補修費用が必要に

  3. 親の仕送り額が減少

    大学生の仕送り額は過去最低!大学初年度にかかる費用のまとめ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の関連記事