1. TOP
  2. バルミューダ社長の寺尾玄の考え方に共感!商品そのものを売るのではなくその先にあるもの!

バルミューダ社長の寺尾玄の考え方に共感!商品そのものを売るのではなくその先にあるもの!

2017/10/21 更新日:2017/12/26 仕事の考え方
 
バルミューダのトースター

電化製品で有名な会社と言えば、ダイソンやシャープなどの名前が浮かびますよね?

今回見たカンブリア宮殿という番組の中で、バルミューダという会社を初めて知り、その商品と社長の寺尾玄さんの考え方に共感しました。

そこで、バルミューダの考え方や商品を紹介していきます。

バルミューダ社長寺尾玄とは?

 

高校を2年で中退し、ロックスターを目指します。音楽活動を一生懸命10年間続けましたが、実を結ぶことなく終了。その後、パチンコ店でのアルバイトで食いつなぎます。

そんな生活を送る中、偶然オランダのデザイン誌を目にし、その洗練されたデザインに感銘を受けます。

その中の金属製品を自分で作ってみたくなり、初めて作ったのが「X-base」というノートパソコンを冷やす機械でした。

この商品を売るためにバルミューダを1人で設立、その後、商品のジャンルを家電へと拡大していきます。

 

寺尾玄さんが受けた2つの衝撃体験

 

ロックスターになる夢が叶わなかった

10年間続けた活動が実を結ばず、夢なんて叶わいんだ!と衝撃を受けたそうです。

 

リーマンショックの影響で倒産寸前に追い込まれる

X-baseの売り上げで会社は軌道に乗ったものの、リーマンショックの影響で倒産寸前の状況に陥ります。そんな絶望の中で、自転車に乗っている時に、自然の風を感じることができる扇風機の開発を思いつきます。

この扇風機に使用するモーターの試作品を提供してくれた会社に資金提供を必死に頼み、なんとか倒産を免れます。

 

バルミューダ商品の特徴

 

他社商品と比べると値段は高いものの、それでもかなり売れているそうです。

 

トースター

私も、番組を見ていて、バルミューダのトースターが欲しくなってしまいましたw

通常のトースターよりも、パンをおいしく焼けるというトースターです。

食パンだけでなく、2、3日前に買ったクロワッサンもサクサクになるようです。

 

 

普通のメーカーであれば、パンをこのように焼きたい!というコンセプトで、商品を作りますよね?

しかしバルミューダでは、その商品を使ったことにより起こるドキドキ、感動、嬉しさを提供したい!というコンセプトで作るようです。

このトースターで言えば、食べた人が「え!何コレ!おいしい!」といった驚き、感動を提供するといったとこですね。

トースターで焼いたパン

 

つまり、常識にとらわれずにモノづくりに取り組んでいることが分かります。ダイソンの扇風機も、クルクル回る羽がないので画期的ですよね?

 

扇風機

扇風機と言えば、ダイソンの名前が浮かぶのは、私だけでしょうか?

バルミューダの扇風機を使っている人が言うには、窓から入ってきた風なのか、扇風機の風なのか分からないそうです。

つまり、自然の風を感じれるということですね。

 

 

その他にも、炊飯器やケトル、空気清浄機もありますが、個人的にトースターや扇風機が気になりましたw

ちなみに、扇風機で3~4万円の価格って、普通に考えると高いですよね?

しかし、「この夏の涼しさを、3万円でいかがですか?」という風に考えると、そんなに高いものではないような気もしますw

つまり、商品そのものというよりも、「その商品を使うことで何が起こるのか?」という点を重視しているそうです。

 

寺尾玄が人生の中で譲れないもの

 

生きていく中で、自分をごまかして、嘘をついて生きてる人もいるかもしれません。

例えば、本当はプロの料理人になりたいのに、親の言うことを聞いて大学を出て、やりたくもないサラリーマンをやっている人もいるでしょう。

しかし寺尾玄さんは、ロックスターになりたかったので、高校2年の進路希望表に何も記入しなかったそうです。

その進路希望表は、ただ文系・理系かを選び、大学に進学するというものでした。今考えると、もっと選択の幅があってもいいような気もしますねw

つまり、自分の進みたくない進路だったので、「これを記入したらダメだ!」と直感で感じたそうです。

一部かもしれませんが、大きな成功を収めている人の中で、高校や大学を中退している人も多く見つかります。

そう考えると、世の中には必要のない常識もたくさんあるのかもしれませんね。

世界のお金持ち3人の行動と考え方とは?

 

まとめ

 

最近、シャープのヘルシオホットクックを買ったばかりですが、バルミューダのトースターが欲しくなりましたw そこまでパンは好きではないのですがw

ただし、多くの口コミを見ると、一部で耐久性を指摘されている部分も見つかるので、その点を考慮して購入した方がよさそうです。

今回はバルミューダの「商品の先にあるもの」という部分にとても共感できましたし、やはり自分のやりたいことには嘘をつかず、自分の道を進むことも重要だと感じました。

※仕事の考え方に関連する記事

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

バルミューダのトースター

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • 金持ち父さん貧乏父さん

    金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲームをやりまくった結果

  • 謝罪代行サービス

    1件25,000円の謝罪代行サービスとは?トラブルをお金で解決!

  • オックスフォード大学が認定

    オックスフォード大学が認定した2020年になくなる仕事とは?

  • やりたい仕事がない

    本当にやりたい仕事がない!自分にあった仕事の見つけ方とは?

  • 地方から東京で働きたい

    地方へ戻ったけど再び東京で就職したい!働きたい方へ

  • 稼げる資格

    不況でも稼げる資格3選!会社を辞めても生活に困らない為に