1. TOP
  2. 爆上げするアルトコインの特徴とは?100倍になる銘柄の探し方

爆上げするアルトコインの特徴とは?100倍になる銘柄の探し方

2018/02/11 更新日:2018/02/11 仮想通貨
 
アルトコインの特徴

2017年に億り人が続出してから、一獲千金を狙って仮想通貨に参入する人も増えています。

しかし、すでに値上がりしているアルトコインに手を出して、逆に損をしてしまうケースも珍しくありません。

では、どのような特徴があるアルトコインを購入すればいいのでしょうか?

人気のアルトコインは爆上げするの?

 

人気のアルトコインと言えば、イーサリアムやリップル、ビットコインキャッシュなどが有名ですよね? 最近では新たにビットフライヤーに上場したリスク(LISK)も人気です。

もちろん、数年後には10倍になっている可能性もありますが、すでにある程度上昇した段階なので、ここから参入しても爆上げとは言えないでしょう。

リップル(XRB)

リップル_Ripple 相場チャート

 

例えばリップル、リップラーと呼ばれる人もいるほど人気の銘柄です。このチャートの出来高を見ても、200円台から400円近辺で購入した人も多いようです。

そのため、今後は400円を超えて上昇するかもしれませんが、例えばここから1000円になったとしても数倍なので、今から参入しても旨味は少ないように感じます。

ただし最近では、60円台まで下がり、130円近くまで上昇するほど値動きが激しいので、短期的な利益を追うのに適しているかもしれません。

※リップルはインド最大の取引所「zebpay」に上場したので、インド人が購入し始めたら結構上がりそうなイメージもありますねw

 

爆上げするアルトコインの特徴とは?

 

時価総額の低い銘柄を探す

CoinMarketCap」では、主要な銘柄をはじめとする時価総額や取引ボリューム、市場に出回っている供給量をチェックできます。

Cryptocurrency Market Capitalizations

1位から10位までの銘柄を抜粋しましたが、ビットコインやイーサリアム、リップルなど主要な銘柄が掲載されています。

しかし、これから爆上げする銘柄を探すには、時価総額が最低でも300位以下、もしくは500位以下から探す必要があると言われています。もちろん、中には消えていく銘柄もあるので注意しましょう。

 

1単位が安い銘柄が爆上げしている

1単位が日本円換算で数円、数10円のような銘柄が爆上げしています。2017年に爆上げしたモナコインをはじめ、トロン、XPなど、単位が安い銘柄が多数見つかります。

モナコイン(MONA)

monakoin

2017年の初めは2円前後でしたが、後半に2300円近辺まで上昇しています。

 

トロン(TRON)

トロン_Tron 相場チャート (TRX_JPY)

11月まで0.2円前後で推移していましたが、2ヵ月ごに27円付近まで上昇しています。

 

エックスピー(XP)

XP 相場チャート (XP_JPY)

11月まで0.002円でしたが、2ヵ月後に0.6円近辺まで跳ね上がっています。

このように1単位が安い銘柄を基準に、プロジェクトの内容を調べると仮想通貨が面白くなっていくでしょう。

 

Twitterで騒がれ始めたらもう遅い?

個人的にtwitterもチェックしていますが、ある程度上昇した後に、twitterで煽り合戦が始まりますw

この煽りを見ていると、どこまでも上がりそうな印象を受けますが、購入した日、もしくはその数日後から下げ始めるケースがほとんどですw

もちろん相場環境がよければ、そのまま上がって「買ってよかったでしょ」という雰囲気になりますがw

 

爆上げするアルトコインは静かな時に買う

 

これから爆上げするアルトコインですが、まだ騒がれていない段階で購入する必要があります。プロジェクトの内容が良ければ、ICOから参加するのもいいでしょう。

購入するタイミングは、こちらのページを参照ください。

一方で、購入してから数か月も待てない!という人もいるでしょう。その場合は、取引ボリュームが増えてきたら参入するという方法もあります。

イーサリアム_日本円 チャート

多くのチャートを見ていると、取引ボリュームが増えてから上昇が始まるケースが多いです。個人的には「Binance(バイナンス)」のチャートが見やすいのでおすすめです。

最近では、Nanoという銘柄で300倍近くの利益がとれた人がいましたが、やはり上昇する前の段階で参入することが大切だと語っていました。

 

爆上げしたアルトコインの売り場も難しい

 

爆上げして「やったー」と思っても、その後ズドーン、もしくはズルズル下がっていくケースも見られます。

せっかく上がっても売り場を逃してしまうと利益を充分に出せません。

そこで、買った時より10倍になったら3分の1売却、100倍になったら3分の1売却というように、自分なりのルールを決めておくといいでしょう。

 

まとめ

 

もちろん爆上げする銘柄を探すのは大変ですが、それでもその価値はあるでしょう。後はその銘柄にいくらつぎ込むのかということです。

個人的には1万円など、最悪その銘柄がなくなっても影響のない金額がよさそうです。それでも1万円が100万円、300万円になったら嬉しいですよね?

おすすめの仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

Zaif(ザイフ)

 

仮想通貨関連記事

おすすめの仮想通貨 取引所|これから仮想通貨デビューする方へ

仮想通貨初心者がビットコイン・アルトコインを購入するまでの流れ

2018年のビットコイン価格はどうなる?有名人の予想は将来いくら

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

アルトコインの特徴

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • zaif502

    Zaif(ザイフ)でトラブルが発生?注文殺到で502表示も

  • おすすめの仮想通貨 取引所

    初心者におすすめの仮想通貨 取引所|これから投資デビューする方へ

  • 仮想通貨とは?ビットコインとは?

    そもそも仮想通貨とは?ビットコインとは何なの?

  • エストニア電子政府

    ブロックチェーン技術を使ったエストニアの電子政府がすごい!マイナンバーの未来型?

  • PACコイン買い方

    PACコインを宝くじ感覚で購入w取引所Yobitでの買い方を紹介

  • 芸能界の仮想通貨事情

    芸能界の仮想通貨事情とは?EXD44を見た感想