1. TOP
  2. 2018年におすすめのアルトコインはどれ?売買を回転させるべき?

2018年におすすめのアルトコインはどれ?売買を回転させるべき?

2018/02/12 更新日:2018/05/13 仮想通貨
 
アルトコインの種類

アルトコインの種類は1000以上あるので、暴騰する銘柄もあれば、中には消えていく銘柄もあります。

そこで、単位の安い・暴騰しそうな銘柄を探すのもいいですが、一定期間は所有して待つ必要があるので、なかなか難しそうですよね?

関連ページ⇒爆上げするアルトコインの特徴とは?100倍になる銘柄の探し方

一方で、人気や流動性の高いアルトコインを回転させるという方法もあります。暴落時に買って、反発した時に売るという方法です。

もちろん底値で買っておけば値上がりも期待できるので、その点を踏まえて2018年におすすめのアルトコインを紹介していきます。

ビットコインの買い方⇒ビットフライヤーの口座開設は早い!手数料や送金は?

2018年おすすめのアルトコイン

アイオン(AION)

仮想通貨によって、つながっているブロックチェーンが異なります。具体的には、イーサリアムをビットコインに交換するには取引所等を利用します。

しかし、AIONがプロジェクトとして進めているクロスチェーンが実現すると、異なるブロックチェーンをつなぐことが可能になります。

IOTA、NANOが使っているDAGともつながるので、長期的にはビッグプロジェクトになる可能性もあります。ビットコイン、イーサリアム、NEOが爆上げする前に購入した有名人も推奨しています。

・AIONの買い方

AIONを買うならBinance(バイナンス)

ビットフライヤー等でビットコインを購入し、バイナンスに送金します。

リップル(XRP)

リップルは、国際送金のコストカットや時間短縮などを目的とした送金システムです。すでに100社以上の金融機関と提携済みで、日本ではみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などがあります。

2018年に入ってからも提携の話題は尽きず、2月にはインドの「zebpay」にも上場しています。とにかく流動性が高く人気のアルトコインです。

リップル_Ripple 相場チャート

チャートを見ると、400円まで上がりましたが、その後は相場の地合いも悪く、50円台まで下落しています。ただし値動きが激しいので、暴落で買い・反発する度に売ることで利益が伸ばせそうな銘柄です。

今後は400円を超えて伸びていく可能性もあるので、底値で少額買っておくのもよさそうです。

・XRPの買い方

リップルを買うならBinance(バイナンス)

トラベルフレックス(TRF)

DAGを採用したIOTA、NANOが爆上げしたのは記憶に新しいところです。TRFも今後はDAGに移行する予定なので、予定通りに開発が進めば大きく上昇する可能性もあります。

これからプロジェクトが進展し、旅行関係の企業と提携できれば、TRFも有名になることでしょう。

・TRFの買い方

関連記事⇒Travelflex(トラベルフレックス)の仮想通貨で一発逆転?買い方・取引所は?

アイオーエストークン(IOST)

ブロックチェーンを用いたオンラインプロバイダーサービスで、ハッキングや不正リスクをを防ぐ強固なネットワークを構築します。

2018年1月にエアドロップを実施、4月には35%ロックアップ予定を発表しています。ビットコインが上昇相場になれば、大きく上昇するかもしれません。

・IOSTの買い方

Binance(バイナンス)で購入できます。

ニューロメーション(NTK)

近い将来、ロボット(AI)が人間の仕事をするようになるので、機械的・事務的な作業はなくなると言われています。

この人工知能(AI)をブロックチェーン技術で処理・決済するプロジェクトがNTKです。

企業がAIを使った自動化を希望するときは、ニュートロメーションプラットフォーム上でサービスを行う予定です。

NTKの買い方

Tidexや「Yobit」で購入できます。

 

アルトコイン売買での注意点

値動きが激しい

上がるときは2、3倍にもなりますが、下がるときも資産が4分の1、3分の1というように急激に減っていくので、その点を踏まえて取引をしましょう。

チャートを見て、底値圏の位置にある銘柄を買うのがベストです。逆に上がり過ぎている銘柄を追うのは辞めた方がいいでしょう。

あっという間に価格が5分の1になるケースもあります。

 

底を拾う時にも分散して拾う

チャートを見て底値圏だと思っても、もう1段下がるケースもあります。そのため、底値圏で買い向かう場合は、資金を2、3回に分散した方がよさそうです。

 

まとめ

 

これから仮想通貨を始めるにしても、どの銘柄を購入するのか迷いますよね? 基本はビットコインやイーサリアムになると思います。

その後は、これから10倍以上になる銘柄を求めて、Binance(バイナンス)などの海外取引所を利用する人も多いでしょう。

応援している銘柄を長期で保有するのもいいですし、資金の一部を、暴落時の買いに備えておくのもよさそうです。

仮想通貨関連ページ

初心者におすすめの仮想通貨 取引所|これから投資デビューする方へ

大口・機関投資家が仮想通貨に参入する時期はいつなのか?

仮想通貨を買うタイミングはいつ?利益を出し大きく損をしない為に

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

アルトコインの種類

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • COMSA - 実ビジネスのブロックチェーン導入を支援するICOソリューション

    一時ICO割れしたCOMSAは買いなのか?どんな銘柄なの?

  • 2018年仮想通貨市場

    2018年の仮想通貨市場はどうなる?今後もお金を稼げるチャンス?

  • コインチェックの今後

    コインチェックの今後はどうなるの?現状まとめ

  • 仮想通貨新規上場

    仮想通貨は新規上場直後に売るべき?ガチホすべき?

  • zaif502

    Zaif(ザイフ)でトラブルが発生?注文殺到で502表示も

  • Cryptocurrency Exchange-Binance

    Binance(バイナンス)の登録・送金・買い方|10倍銘柄が見つかる海外取引所?