1. TOP
  2. アメリカの利上げによる影響は?新興国・日本の景気は悪化するのか?

アメリカの利上げによる影響は?新興国・日本の景気は悪化するのか?

2015/10/10 経済・話題
 
アメリカ利上げ

先月の話になりますが、アメリカの利上げ問題が世界中で話題となっていました。

結論から言えば、利上げをしなかったわけですが、それでも各国にかなりの影響を与えたようです。

最近では上海株の暴落も起こり・中国の景気低迷が騒がれていますが、実はアメリカの利上げも、同じくらい重要な問題だったようです。

NHKのクローズアップ現代でも特集されており、私もそこまで大きな問題だと思ってもいませんでした。また特集の内容も分かりやすかったので紹介していきます。

アメリカの景気が回復した?

 

2008年にリーマンショックが起こりました。自動車業界最大手のGM(ゼネラルモーターズ)や投資銀行・リーマン・ ブラザーズが破綻。その後、不況の波が世界へ広がります。

日本の株価も急落したので、記憶に残っている人も多いのではないでしょうか?

しかしその後、アメリカの自動車産業を立て直すべく、オバマ政権は公的資金を10兆円ほど投入します。その結果、景気は徐々に上向き始め、車を所有できる人が増えていきました。

 

アメリカの景気が上向く

 

2015年8月のアメリカの失業率を調べると、なんと5.1%まで回復しています。つまり、利上げを検討できるくらいまで景気は回復していたのです。

 

シリコンバレーで雇用が活発に

マイクロソフトやフェイスブックなど、ITのトップを走っている企業が、我先にと若者を獲得しようとする映像が紹介されていました。かなり人手不足とのことでした。

 

一部の都市部で不動産バブル

一部の地域では、不動産売買の投資が過熱してるようです。フロリダのいくつかの地域では、1年間で50%ほど不動産価格が上昇したそうです。

 

国内における利上げのメリット・デメリット

不動産バブル等を抑制するために利上げをしたいところですが、デメリットもあります。そのデメリットの1つを挙げると、自動車販売の低下です。

低所得者向けの自動車ローンが好調なようで、利上げになってしまうと返済が滞ったり・購入できない層が増えることが予想されます。

 

低所得者向けのローン

 

以前アメリカでサブプライムローン問題が起こりましたが、それに近い状況になるかもしれません。ただし、住宅ほど車は高くないので、そこまで深刻にはならないと思います。

 

アメリカが利上げに踏み切ると?

 

リーマンショック以降、0金利と言う金融緩和が実施されてきました。ここでアメリカが利上げに踏み切ることで、金融緩和が終わると言う見方ができるようです。

 

新興国が多大な影響を受ける

10年ほど前は中国やシンガポールに資金が向かい、最近ではフィリピンやベトナムなどへ投資資金が移っていると思います。

もちろん、大きなリターンを得るために新興国へ投資をしているはずです。

しかし、アメリカが利上げるかもしれないと報道されただけで、ドルに対する新興国の通貨価値は急落しました。

トルコやインドネシア、ブラジル、南アフリカなどの通貨が該当します。特にトルコリラですが、今年に入ってから30%ほどドルに対する価値が下がりました。

 

トルコの通貨が下落

 

その結果トルコでは物価が急激に上昇し、レモンの価格は約2倍、トマトの価格は約2.5倍まで跳ね上がったそうです。

つまり、給料は上がらないのに物価が上昇している状況ですので、生活が大変になってしまいます。最近の日本でも円安政策を行ってますが、同じような状況になる可能性もあります。

ここまで物価が上がる背景には、トルコが外国からの輸入に頼っている部分が大きいことが分かります。日本も食料品など諸外国の輸入に依存しています。

このような状況のため、トルコ内では、トルコリラをドルに両替する動きが強まっているようです。日本も他人ごとではなく、ドルという資産を持っておく必要があると思います。

 

日本の企業にも影響がある

日本の企業と言えば、新興国に進出している企業はたくさんありますよね?ここでもしアメリカが利上げに踏み切ると、投資資金がアメリカへ向かいます。

つまり新興国に向かっていた資金がアメリカへ流れ込むので、新興国へ進出している日本企業のリスクが増えるということになります。

 

輸出の削減

 

そして新興国の経済状態が悪化することで、日本から新興国への輸出が減少することが予想されます。

アメリカも利上げした結果、アメリカ国内の景気が悪化する可能性もあります。その結果、日本からアメリカへの輸出が削減されることも予想できます。

たとえ輸出にそこまで影響がなくても、世界経済が悪化してしまうと、日本経済も悪化していきます。

 

まとめ

 

ここまでで、アメリカの利上げが世界経済に及ぼす影響がなんとなく分かると思います。あわせて、利上げによるアメリカ経済の悪化を危惧する声も多いようです。

ただし、アメリカが利上げした後、必ずしも景気が悪化するのではなく・再度、アメリカ経済が成長する可能性もあります。その場合は、アメリカだけでなく・他の国の経済も共に成長していけるのではないでしょうか?

※この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

円安の理由と対策!FX口座で米ドルなどの外貨を所有すべき!

NISAで投資信託から始めるメリットとデメリットとは?

円安のメリット・デメリット!消費者から見ればマイナスの事ばかり

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

アメリカ利上げ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

CAPTCHA


おすすめの関連記事

  • 円安のメリットデメリット

    円安・海外旅行のメリット・デメリット!消費者にとってマイナス?

  • 親と同居

    親と同居する30代独身男性が増加した理由!晩婚化・未婚化も加速!

  • マイナス金利とは

    マイナス金利政策はメリットよりデメリットの方が大きい?

  • 日本の借金

    日本の借金はいくら?1000兆円を超えた原因と今後考えられる危険性!

  • 大学受験

    大学生の仕送り額は過去最低!大学初年度にかかる費用のまとめ!

  • 2015年4月の値上げ

    2015年4月に食品を始め国民年金・介護保険料・すき家も値上げ!