1. TOP
  2. 銭の戦争2話を見た感想!お金が無くなりホームレスに転落した結果。

銭の戦争2話を見た感想!お金が無くなりホームレスに転落した結果。

2015/01/14 銭の戦争
この記事は約 6 分で読めます。 279 Views
銭の戦争2話

銭の戦争」2話目もおもしろかったですね。1話目が激動の時代だとすれば、2話目は少し落ち着いた印象を受けました。

しかし、今回で這い上がるきっかけを掴むことができたので少しホットしていますw 徐々に盛り上がりそうな気がします。

住所がないと職に就けない?

 

ここ最近「闇金ウシジマくん」というドラマでも描かれていましたが、お金が無くなると悲惨な現実が待っています。

銭の戦争の2話目を見る限り、草なぎ演じる主人公の富生は、なんとかして収入を得ようと頑張ります。

収入がない限り、生活どころか這い上がるきっかけをつかめないわけですから・・・

ちなみに富生は転職活動をするのですが、面接先で「住所はあるの?」と疑われます。

ここで「ええ・・・」等適当に答えるわけですが、相手側は怪しんでいる状況でした。

仕事がないとアパートは借りれないのか?

よく、仕事をして収入がないとアパートを借りれないと言われています。まさにその通りで、例外として両親・結婚相手が収入がある場合に借りることができるケースもあります。

そこで、まず先に仕事を探そうとするのですが、現在住むところがない場合は、正規のところでは雇ってくれません。

このように仕事をしてなければ住む場所を借りれない・住む場所がなければ仕事ができないという負のループになっています。

悲惨な現状

しかし今から10年以上前であれば、そこそこ緩い状況があったようです。

ただし、家賃を踏み倒して失踪する人や、建物内で自殺してしまう人が増えたため、条件は厳しくなっていったようです。

現在私は沖縄に住んでいるのですが、沖縄で賃貸物件を借りる時は審査が厳しいと感じています。

そこで、沖縄で不動産をやっている知り合いに聞いてみたところ、「家賃を払わずに逃げてしまう人が非常に多いのが原因」と言っていました。

そのため、保証人は必須で、さらに保証会社を付けている物件も少なくありません。

お金がなくなると・・・

 

冒頭部分で、お金が無くなると悲惨な現実が・・・と記載しましたが、その状況がリアルに描かれていました。

クレジットカードが止まる・・・

私もクレジットカードが止まった経験はあります。たしか2回・口座にお金が充分に入っておらず、引き落としできない状況になったときに、その時使っていたJCBカードが一時的に使えなくなりました。

もちろん、足りない金額とあわせて、JCBの指定する口座へ振り込んだことで、再度利用できるようになりました。

しかし今回の富生は、クレジットカードが止まってしまうと後がありません。

なぜなら住む場所もないですし、収入もないからです。その結果、ホテルに泊まれなくなって、学生時代の先生の元に。

関連ページ⇒自己破産する前に押さえておきたい9つのポイント

金の切れ目が縁の切れ目?

泊まる場所を失ったため、昔の知り合いに泊めて欲しいという電話をするのですが、あまりいい返事がもらえないようで・・・

第一話でもありましたが、借金を返せなくなって昔の知り合いや同級生に電話をかけまくったようです。その結果、お金を貸してくれる人が見つかるどころか、富生が困っている状況が噂になっただけでした。

一般的に知り合いから現金を借りることができない場合、キャッシングを利用する人が多いようです。よく分かりませんが、日本人はお金が汚いものと考えてる人が多いようです。

ふだんは近所付き合い・親戚づきあいをきちんとしていても、一旦多額の借金を抱えていることが周りに知られると、それが悪い噂になって知り合いも去っていくような状況です。

何を言いたかったのかと言いますと、ふだん親切にしている人でも、お金に困っていることが分かると、あんまり近寄らなくなるということです。

金の切れ目が縁の切れ目

そう考えると、社会がそのような仕組みになっているかもしれません。最悪の場合は自己破産などの制度はありますが、一旦ホームレス等に落ちてしまうと、這い上がる仕組みもありません。

最近では一旦勤めている会社を辞めてしまうと、次に雇ってくれる会社も見つからず、ただただ途方に暮れるという状況も珍しくはないようです。その結果、ホームレスに転落する人も少なくないようです。

関連ページ⇒IVANがホームレス生活に?

携帯電話が止まる・・・

当たり前に使っている携帯電話が止まると、非常に日常生活が不便になってしまいます。せっかく富生が転職活動が成功しそうな時に、携帯電話が止まってしまい採用が無効になってしまいます。

お客様のご都合で・・・

さらには、周りに助けの電話をかけることもできなくなります。

その結果、寝床を求めてホームレスがいる場所へ向かうことになるのですが・・・

ホームレスの住まいでとある人物との出会いが!

 

ホームレスの寝床に勝手に寝て、富生はホームレスから袋叩きにあるのですが、その状況を救ってくれた人物と出会うことになります。

紅谷というホームレスから300億円を扱うまでになった伝説の人物に。

そして富生は紅谷に「金さえあればこんな奴らとは違う!」と言うと

「誰もがそう言う」と返されてしまいます・・・

そして何回も付きまとうのですが、何度も追い返されてしまいます。

しかしあきらめずに何度もお願いしていると、テストを受けることになるのですが・・・

私が気になったのは、このテストの答えではなく、紅谷と○○がつながっていたことです。

自分の師匠を見つけることが大切!

今回はなんとか今の状況から抜け出すために、富生は紅谷という師匠を見つけることができました。その結果、2話目でなんとか這い上がれるきっかけを掴むことができました。

ちなみに私の周りでも、一般的な成功者は何人かいますが、つくづく師匠がいる人が多いと感じています。

関連ページ⇒金持ちになるにはきっかけが必要?成功した金持ちの体験から学べ!

年収が1億円近くある人でも、師匠がいました。つまり現状が困難な状況であっても、現状よりも飛躍したいのであれば、成功している師匠をもつことが、手っ取り早いと感じています。

師匠

しかも昔と違って今は、一般的に成功者と呼ばれている人と会う機会は簡単につくれます。

もちろん、お金を払わないと参加できなかったり・会えないようなケースがほとんどですが、それでも会いに行く価値があるのではないでしょうか?

まとめ

 

主人公の富生ですが、どんな状況に陥っても強気に対応して・行動しています。たぶん復讐心が強く・「休んでる暇がない」と言っているので、そのパワーを行動力に変えているんだと思います。

第2話では、家を出て・ホームレスに転落します。しかし、そこから何とか這い上がるきっかけを見つけました。

それにしても、悩まずにここまで積極的に行動できる人っているのかな~?と考えることもあります。

ただし自分もそのような行動をとるしかないと感じます。そこで動くことを辞めてしまったら、ただのホームレスの一員になってしまうだけだからです。

来週はいよいよ貸金業者の一員として働き始めます。しかし予告を見る限りでは、お世話になった恩師の元へ取り立てに行くようです。

銭の戦争3話の感想

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

銭の戦争2話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 銭の戦争9話

    銭の戦争9話の感想!富生と梢が手を組む?20億円の行方は?

  • 銭の戦争3話

    銭の戦争3話の感想!どん底から変化の兆しが!

  • 銭の戦争8話

    銭の戦争8話の感想!全貌が見えて・それぞれの思惑が交錯!

  • 銭の戦争7話

    銭の戦争7話の感想!物語は予想外の新たな展開に!

  • 銭の戦争4話

    銭の戦争4話の感想!借金の返済も一通り・・・

  • 銭の戦争5話

    銭の戦争5話の感想!富生がついに真実を掴む!