1. TOP
  2. 家賃は収入の3分の1というのは嘘!正しい数字の割合は?

家賃は収入の3分の1というのは嘘!正しい数字の割合は?

2015/01/10 お金の疑問
この記事は約 5 分で読めます。 167,053 Views
家賃は収入の3分の1

昔から「家賃は収入の3分の1が適切」だと言われていますよね?

以前の私は、疑いもせずにその言葉を信じていたため、収入の3分の1の物件に住んでいました。

その結果、生活が厳しくなったので、【収入に対する家賃の割合】をどのくらいに抑えるべきなのか、私の体験談をふまえて紹介していきます。

※クレジットカード対応の賃貸物件もあります⇒家賃をクレジットカード払いにできる不動産会社4選

 

新卒の給料と家賃の決定

 

当時の新卒の月給は21万円ほどで、手取りが18万円位だったと覚えています。会社に入社する前ですが、給料や手取りのことを考えず、家賃7万円位の物件を探していました。

主に東京・埼玉あたりで探していましたが、結局66000円の1Rにたどり着きました。

手取り18万円だと考えると、3分の1は6万円になります。ですので、6000円オーバーになってしまいますが、駅近の気に入った物件を見つけることができました。

 

気に入った物件を契約

 

毎月の支出の内訳

入社して、実際に働き始めた頃の、毎月の出費の内訳を振り返ります。

・家賃:66000円
・電気・水道・ガス:10000円
・食費:40000円
・飲み代(会社の付き合い):20000円
・昼食:20000円
・喫茶店:10000円
・携帯:7000円
・インターネット:6000円
・美容院:4000円
・雑費:10000円
・交際費:・・・
・衣類:・・・

合計:193000円

 

こうしてみると平均的に毎月赤字となっていますが、お金がなくなる前に食費を抑えたりしてしのいだので、毎月トントンといった状況でした。

 

食費を抑える

 

私の仕事は外回りの営業がメインで、ランチタイムは毎回外食でした。私の1つ上の先輩がよく食べる人で、一緒にランチに行くと、毎回1000円以上食費がかかりました。

また、会社の上司がお酒を飲むことが大好きだったので、週に1回は付き合わされていました。もちろんおごってもらいません。なぜなら、管理者も給料が少ないことが薄々感じ取れたからです。

 

服とか必要なものを買うと

計画性がないと言えばないですが、上記の支出に服やら交際費やらを含めると、毎月マイナス2~3万円になってしまいます。そういうときは食費をさらに抑えるしかありませんが・・・

 

まとめ

本来、毎月1万円は貯金した方がいいと言われています。今後の人生で急にお金が必要になることもあるからです。結婚式に呼ばれることもありましたので、その際は3万円の出費となります。

社会人2年目になっても、給料は変わらず、毎月赤字に近い状態でした。

 

余談:会社のボーナスについて

 

新卒であれば、21万円という給料は一般的ですが、ボーナスの平均は、給料の2ヵ月分くらいが平均ですよね?

しかし、入社して6月にもらえた金額は5万円

 

「ガ━━(゚д゚;)━━ン!! 」

 

まあでも、冬のボーナスは出るだろう!と期待して、支給された金額は

16万円!(給料の1か月分にも満たない金額でした・・・)

 

ボーナスが少ない

 

ということで、年収はだいたい260万円くらいでしょうか・・・

今思うと、私が派遣契約して働いていたときと同程度の金額ですね・・・

 

 

結論:家賃は収入の3分の1でOK?

 

後半部分は、勤めていた会社の給料の愚痴になってしまいましたが、「家賃は収入の3分の1が妥当か?」という命題の答えですが、まったく当てはまらないと感じました!

そして「この言葉を言った人は誰やねん!」と叫びたくなりました!

想像すると、不動産屋かな~なんて考えちゃいますw 不動産屋というと、賃貸の場合は仲介手数料が主な収入源となるので、できるだけ家賃の高い物件を契約するようにもっていくと考えられるからです。

ここで家賃は収入の3分の1という言葉を元に、ネットでいろいろと調べてみました。

その結果、4分の15分の1という言葉も見つかりました。

正直これくらいの割合が妥当だと思います。

では何を基準にしたらいいのか?

いろいろと調べて分かったことですが、その人の年収によって割合を決めるのがベストだということです。

 

物件探し

 

もちろん私のように低収入だった場合は、4分の1、5分の1が妥当ではないでしょうか?

もしくは月収21万円ほどであっても、地方で物価も安い場所に住んでいれば、3分の1でも余裕で暮らせるでしょう。

私が3分の1でお金が足りなくなった理由は、低収入以外に、都心部に近い場所に住んだことが挙げられます。

特に最近ではパソコン・スマホ・タブレット等での通信費が増大しきました。しかも各1台づつ所有し、家でのインターネット回線・外でもネットできるWIFIの月額契約をしている人もいます。

結論!人によって収入の何割かを選ぶのも大切ですが、迷った場合は、できるだけ家賃を抑えた方がいいと感じた体験談でした。

引越し費用を安く⇒引越しを安くする裏技!一括見積もり後に交渉すべきポイント!

家賃でポイントを貯める⇒家賃をクレジットカード払いにできる不動産会社4選!

どっちがお得?⇒賃貸と持ち家どっちがお得?持ち家は資産になるのか?

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

家賃は収入の3分の1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 家を売る

    家を売る?それとも賃貸に?知っておきたい不動産の活用術5選!

  • お金がないから結婚できない

    お金がないから結婚できない?彼女もできない?

  • 借金トラブル

    旦那は助けてくれる?専業主婦が内緒で借りた借金トラブル!

  • 生涯支出

    生涯支出の総額は?人生で一体いくら使うのか?

  • 不動産申込金

    不動産(賃貸物件)の申込金・手付金は返却される?

  • 自転車事故でとんでもない金額が

    自転車事故の事例!歩道での請求金額が高くなる理由とは?