1. TOP
  2. 就業不能保険の必要性と比較|会社員より自営業者に最適な保険

就業不能保険の必要性と比較|会社員より自営業者に最適な保険

2016/12/06 年金・保険
 
就業不能保険の必要性

医療保険に加入していると、働けない状態になった場合に、短期間の保障をしてくれます。

ただし、1回あたりの一時金の支払額や、入院した場合の支払い日数も限られています。

もちろん、長期間働けない状態が続くと、今後の生活が心配です。

このように、長期的に仕事を休まなければいけなくなった時に備えておきたいのが「就業不能保険」です。

では、どのような制度で、どの程度の保証がされるのでしょうか?

 

就業不能保険のメリット

 

楽天モバイルメリット

 

医療保険と比較すると、長期的に収入を補ってくれる就業不能保険はとても魅力的な保険です。

ケガや病気で長期的に働けなくなってしまった場合でも、保険期間満了の60歳付近、または就労が可能になった場合まで月々保険金の受け取りが出来ます。

 

幅広い加入可能年齢

20歳から60歳まで加入できるので、40代、50代という病気にかかりやすい時期からの加入できるのもメリットです。

 

傷病手当金に比べ長期的な保証

会社員の場合は社会保険に加入しているため、働けない状態になった場合に「傷病手当金」を受け取れます。

しかし、受取り期間は1年半と限られています。傷病手当金に比べ、就業不能保険は長期的な保証を受ける事が出来ます。

 

毎月受け取りが可能

受取金額は月々10~50万円の中で設定されている会社が多いようです。働いていた時の収入の6割~7割が給付されるため、収入が多かった方は受取金額が多くなります。

 

保険金が控除対象になる

月々に給付される保険金は、介護保険料控除の対象となります。所得額から、他の介護保険料控除などと合算して、最高4万円までが税金を支払う際に控除されます。

 

自宅での療養も対象になる

医療保険で保証されるのは入院期間のみですが、就労不能保険では、在宅で治療をしている場合でも保険金の受け取りが可能です。

 

保険料が免除される

保険金の支払いの対象になる病気やケガ状態になった場合、月々の保険料は免除される場合がほとんどです。保険料は免除されますが、就労不能状態が継続していれば、月々の保険金の受け取りが出来ます。

 

自営業者の強い味方

 

国民保険だけでは、傷病手当金という制度はありません。

医療保険に加入していた場合でも、病気やケガで入院している期間が長引いてしまうと、収入がない状態になってしまいます。

そのため、個人事業主が就業不能保険に加入するメリットは大きいでしょう。

しかし、自営業者で就業不能保険に加入するためには、コンスタントに一定の収入があると認定される必要があります。収入が安定しない場合、保険の加入が出来ない場合があります。

また、不動産収入がある方は、保険加入の対象外になってしまいます。

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

就業不能保険の必要性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

おすすめの関連記事

  • ガン保険の必要性

    ガン保険の必要性と医療保険との違い!組み合わせがベスト

  • 生命保険と医療保険の違い

    生命保険と医療保険の違い!どちらを選ぶべき?

  • ソニー生命の学資保険

    ソニー生命の学資保険の口コミ|無配当で返戻率が高い!

  • 年金

    年金を払わないと将来は悲惨な状況に?

  • 終身医療保険

    保険の窓口でメットライフ生命の新終身医療保険に加入した件

  • シングルマザー保険

    離婚後、シングルマザーに必要な保険の選び方とは?