1. TOP
  2. 生涯収入と一生で使えるお金はいくら?

生涯収入と一生で使えるお金はいくら?

2015/01/16 マネ得情報
この記事は約 6 分で読めます。 24,145 Views
生涯収入

今回はざっくりと生涯年収とおおよそ一生で使えるお金はいくらなのか見ていきたいと思います。

もちろん人によってライフスタイルに違いがありますし、親からの資産等ある人もいるでしょう。また、一軒家・マンション、高級車など高額なものを購入するかどうかによって支出も大きく変わっています。

さらには1人暮らし、実家暮らし等でも状況は変わってきます。しかしあらゆるケースを想定すると分かりにくくなりますので、1つの例を挙げてみていきたいと思います。

20代の収入

 

20代と言うと、大学を出ても就職できず・就職浪人している人、アルバイトや派遣で生活を立てている人、大学院に進む人、就職する人とさまざまです。

もちろん就職しても、途中で辞めて無職になったり、アルバイト生活を送る人もいれば、アルバイト・派遣の状態から正社員になる人もいるでしょう。

 

 

そこで分かりやすくするため、24歳から正社員で働いた場合を想定してみていきます。

 

24歳正社員

 

手取り収入:280万円

年間支出:242万円

(内訳:家賃6万円×12ヵ月=72万円、生活費10万円×12ヵ月=120万円、交際費・レジャー費用・買い物費用=50万円)

年間貯金額:38万円

24歳から29歳までの6年間同じような生活を送ったケースを想定すると

収入合計1680万円

支出合計1452万円

貯金額累計:228万円

 

30代からの収入

30代になりと、給料がアップしたり、一般的に働きざかりといわれています。

 

バリバリ働く

 

手取り収入:440万円

年間支出:396万円

(内訳:家賃10万円×12ヵ月=120万円、生活費13万円×12ヵ月=156万円、交際費・レジャー費用・買い物費用・保険等=120万円)

年間貯金額:44万円

 

もちろん、年収が上がったり・下がったり、結婚するかもしれませんが、59歳までの29年間、同じような収支だったと仮定します。その場合は

 

収入合計1億2760万円(440万円×29年間)

支出合計1億1484万円(396万円×29年間)

貯蓄額累計:1276万円(44万円×29年間)

 

60歳から64歳までの5年間

2015年1月時点では、公的年金を受け取れるのは65歳からになります。そのため、アルバイト等で年間の手取り収入が192万円だったとします。

年収が昨年と比べて大きく減ったので、支出も大きく減らすように節約を心掛けた結果、

 

収入合計2560万円(192万円×5年間)+退職金1600万円

支出合計1385万円(277万円×5年間)

貯蓄累計:1175万円

 

65歳から85歳までの21年間

年金をもらいながら生活を送ったとします。将来もらえる年金が減ったとしても、年間で約160万円もらっているとします。

会社員は厚生年金に加入することで一定額上載せされますので。しかし、年間160万円では生活できないため、毎年120万円ほど貯金を使ったとします。

 

年金生活

 

そして60歳から64歳と同じ額の支出を重ねた結果、

 

収入合計3360万円(160万円×21年間)

支出合計5817万円(277万円×21年間(内使った貯金累計:2520万円))

 

24歳から85歳までの累計

 

生涯収入2億360万円

(24歳~:1680万円、30~59歳:1億2760万円、60~64歳:2560万円、65歳~:3360万円)

生涯支出2億138万円

(24歳~:1452万円、30~59歳:1億1484万円、60~64歳:1385万円、65歳~:5817万円)

残った金額が余ったお金となりますが、とても少ない金額となりました。

今回の例を見ると、65歳から貯金を崩して生活していますので、それまでに最低2000万円貯蓄しておきたいところです。

 

まとめ

 

表題の「一生でいくら使えるのか?」という疑問に対する答えですが、今回は2億138万円という結果になります。

もちろん生涯収入が3億であればもっとお金を使えますし、1億円であれば、さらに使えるお金は少なくなります。今回は一生独身の男性を例に挙げました。

一方で結婚して子供ができた場合は、子どもが増えるごと支出も増えていきます。

しかし助成金等がありますので、そこまで心配する必要はありません。日々の生活も楽しくなってきますので。

 

 

また、手取りが440万と言うことは、年収がだいたい500万円ほどになります。

ただし上記のように安定した収入をもらい続けるのは難しい時代となっています。途中で会社を辞めたり・リストラされることもあるでしょう。

その結果、アルバイト等で生活した場合は、年収が200万円台になることが予想されます。

そこで節約したり・貯金をすることが重要になってきます。あわせて、転職して年収アップを図るのもいいでしょうし、自分で事業を始めたり・お店を出すのもいいでしょう。

 

 

とある番組や雑誌の情報によると、医師から余命が少ないことを告げられると、「もっと自分のやりたいことをすればよかった」、「自分の人生は何だったのだろう・・・」と後悔する人が多いようです。

 

人生を後悔

 

生涯年収が多いことに越したことはないですが、人生は短いので、自分のやりたいことをやる方が、後悔しない充実した人生を送れるのは間違いないと思います。

お金で損をしたくない人はコチラもおすすめ!

30代・40代・50代に必要な保険の選び方|年代別の比較

年金・保険 節約・貯金

30代・40代・50代に必要な保険の選び方|年代別の比較

生きてゆく中で、10代までは将来の事をあまり考えていない人は多いでしょう。しかし、20代から自分の将来の事を嫌でも考えなくてはなりません。 その中でも自分に万が一があった時にと、考えた時に勧められるのが「生命保険」です。 年代別に見る「生命保険」。 生命保険を選ぶときの基準として...

ご家族必見!終身保険の必要性から分かる学資保険との2つの違い

年金・保険

ご家族必見!終身保険の必要性から分かる学資保険との2つの違い

終身保険に入る必要性なんて、保険営業の知り合いがいない限り分からないですよね? インターネットで調べても、毎月の出費だけが増えるイメージで、デメリットしか感じない方もいらっしゃいます。 しかし終身保険は、生涯の死亡保障に加えて貯蓄もできることから、様々な「万が一」に備えられるメリ...

生命保険の加入前に掛け捨て・積み立ての違いを把握すべし!

年金・保険 節約・貯金

生命保険の加入前に掛け捨て・積み立ての違いを把握すべし!

社会人になり、家庭を持つようになると心配になるのは、自分に万が一の事があったら家族はどうなるのか?ということです。 その万が一に備えるのが「生命保険」です。 ここで生命保険を検討する際、掛け捨てと積み立て、どちらを選択すればいいのでしょうか? それぞれのメリット・デメリットを挙げ...

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

生涯収入

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ブランド品の買取

    ブランド品を売るなら買取プレミアム!無料で宅配・出張査定!

  • ブランド品の買取

    ブランド買取ならネット!ボロボロ・箱なし・汚れでも出張査定!

  • 不用品がお金になる

    家庭のゴミ(不用品)がお金になる?買い取ってくれる会社とは?

  • バリで豊かな生活

    年収400万あればバリで王様のような生活ができる?

  • 引越しや物件選びで失敗しない

    引越しや物件選びで失敗しない5つのポイントとは?

  • ローソンをお得に利用

    ローソンをお得に利用する4つの裏ワザ!ロッピーとクーポンが鍵に