1. TOP
  2. 生命保険と医療保険の違い!どちらを選ぶべき?

生命保険と医療保険の違い!どちらを選ぶべき?

2016/06/29 年金・保険
この記事は約 5 分で読めます。 1,176 Views
生命保険と医療保険の違い

医療保険は入院したとき、生命保険は万が一の場合に役立つ保険というイメージがありますよね?

もちろん、両方加入することをおすすめしますが、毎月の支出が増えてしまいます。

そこで、医療保険と生命保険の違いを説明しますので、現状で必要な方を選んで下さい。

生命保険の加入前に掛け捨て・積み立ての違いを把握すべし!

 

医療保険の仕組み

 

医療保険は病気や事故によって入院したときに保証してくれるものです。

 

入院した場合は働くことができないので、仕事の収入がストップするだけでなく、医療費が払えない状況になってしまいます。

しかし医療保険に加入しておくことで、安心して入院を続けることができます。

 

女性保険もおすすめ

 

1日5千円~1万円くらい保証されるもので、月々負担にならない程度のものを選びましょう。

 

特に女性の場合は、女性がかかりやすい病気を保証する「女性保険」があります。

子宮内膜症のように、女性の中でも比較的多くの方がかかる病気をカバーしているものもあります。

女性保険の対象となる病気は、30代ぐらいからかかることが多いので、20代の若いうちから加入しておくと安心です。

 

生命保険の仕組み

 

生命保険は死亡したときに保険料がもらえるものです。

 

若いうちは死亡保険について考える機会はないかもしれません。

 

ただし、一家の大黒柱が亡くなった場合は生活費にすぐ困ってしまいます

 

特に専業主婦の場合は、夫に万が一のことがあれば、月々の生活費が入ってこないために、預貯金を切り崩すしかなくなります

専業主婦だった女性が、次の仕事を探すまでの時間もかかるので、生命保険に入っておくと安心です。

生命保険の仕組み

一家の稼ぎ手が亡くなった場合、当座の生活費に困るばかりではありません。

 

葬儀費用やお墓代も、実は馬鹿にならない出費を必要とします。地域や規模にもよりますが、数百万円かかる場合が多いので、貯金が底を尽きることも考えられます。

家族は全員健康だと安心している方でも、その人の収入頼みという家族構成であれば、その方に生命保険をかけておくと安心です。

生命保険の中にも、「終身型」で一生保険料を保証してくれるものと、「定期型」で保証期間が限定されているものがあります。

終身保険に比べて、定期型の生命保険は割安ですが、保険の期間が過ぎてしまえば一円もお支払いされませんので、終身保険に入っておく方がオススメです。

 

年齢が高くなってから再度保険に入ろうとすると保険料も高くなるので、若いうちから入っておくといいでしょう

 

医療保険と生命保険の違い

 

医療保険と生命保険、どちらを優先させなければいけないかというのは、家庭によって異なります。

 

独身の場合

 

独身の方が優先すべきは、医療保険と言えるでしょう。

 

配偶者がいない場合、自分の医療費の負担を心配する必要があります。病気や事故で働けなくなった場合、自分しかお金を稼げないにもかかわらず、収入がストップしてしまいます。

 

独身者は医療保険が適切

 

医療機関に払う費用についても、国民医療保険の3割負担ではカバーできない部分も、保険料で賄えます。

 

家族がいる場合

家族がいる方は、家族の心配をする必要があります。主な収入を稼ぐのが夫である場合、夫がい亡くなった場合に妻が収入を得ることができるかどうかを考える必要があります。

 

家族がいる場合の保険

 

夫婦共働きの家庭も増えています。妻が現在仕事をしている場合や、専業主婦でも次の就職先がすぐに見つかりそうな場合は、医療保険を優先してもいいかもしれません。

 

場合によっては、夫の遺族年金で最低限の生活が保障されることもあります

 

子供がいる場合であれば、生命保険を優先する必要があります。子供が小さい場合、妻が働こうとしても難しいでしょう。

子供の学費などの負担も大きくなってきます。子供と妻の両方の生活費を保証するためにも、子供がいる場合、夫が生命保険に入っておくと万が一に備えることができます。

もちろん、医療保険と生命保険、両方に入っておくにこしたことはありません。

 

 

まとめ

 

医療保険が入院時に保証をしてくれるものに対して、生命保険は死亡したときに保証をしてくれるものです。

どちらも家族の生活費を最低限守ってくれるものなので、入っておくと安心です。

 

どちらかを選ぶ場合、子供がいない場合は医療保険、子供がいる場合は生命保険に入っておくことをオススメします

 

医療保険は、一日の保証額や保証してくれる病気の範囲が決まっています。どんな病気で保証されるのかをよく確認して入るべきです。

生命保険も終身型と定期型があり、定期型で有効期間が切れてしまうと保険料の受け取りができなくなってしまうので、注意が必要です。年齢も合わせて保険の検討をした方がいいでしょう。

医療保険も生命保険も大事なものなので、どちらにも入っておくほうが安心して暮らすことができます。

保険のマニュアル

お金で損をしたくない人はコチラもおすすめ!

保険のビュッフェの体験談|本当に必要な保険はどれ?

年金・保険 節約・貯金

保険のビュッフェの体験談|本当に必要な保険はどれ?

年齢や家族構成、ライフスタイルによって必要な保険は異なります。 一人暮らしであれば医療保険、子供ができたら学資保険や生命保険が必要になってきますよね? もちろんリスクに備えるだけでなく、保険で貯蓄をしている人もいます。 私も保険が必要な年齢になってきたので、保険のビュッフェを利用...

30代・40代・50代に必要な保険の選び方|年代別の比較

年金・保険 節約・貯金

30代・40代・50代に必要な保険の選び方|年代別の比較

生きてゆく中で、10代までは将来の事をあまり考えていない人は多いでしょう。しかし、20代から自分の将来の事を嫌でも考えなくてはなりません。 その中でも自分に万が一があった時にと、考えた時に勧められるのが「生命保険」です。 年代別に見る「生命保険」。 生命保険を選ぶときの基準として...

医療費控除で対象になるもの|対象外になるもの一覧

お金の考え方

医療費控除で対象になるもの|対象外になるもの一覧

医療費控除をすることで、税金の負担を減らすことができます。 ただし、医療費だと思っていたのに、実は医療費として申告出来ないものがたくさんあります。 その結果、医療費控除に必要な金額に達しないケースも多々見られます。 そこで、どんなものが医療費として対象になり、何が対象外となるのか...

\ SNSでシェアしよう! /

お金の救急車の注目記事を受け取ろう

生命保険と医療保険の違い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の救急車の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 保険のビュッフェ

    保険のビュッフェの体験談|本当に必要な保険はどれ?

  • 学資保険いつから

    学資保険はいつから入るべき?妊娠中でも加入できる?

  • 小規模企業共済

    小規模企業共済とは自営業者等の年金制度!任意の解約はデメリットに

  • 終身医療保険

    保険の窓口でメットライフ生命の新終身医療保険に加入した件

  • 個人年金

    個人年金とは年金受給開始後に受け取れる生命保険の1種

  • 30代・40代保険

    30代・40代・50代に必要な保険の選び方|年代別の比較